ハロウィンのSNS投稿で使える英語フレーズ&ハッシュタグ50選

ハロウィンで使える英語

大人も子どももコスチュームに身を包み、仮装を楽しむ「ハロウィン」

ハロウィンパーティーに参加したり、子供達がトリックオアトリートに出かけたり。そんな楽しい季節が目前です!

ハロウィンでの思い出を、インスタグラムをはじめとしたSNSに投稿したい人も多いのでは?

今回はハロウィンのSNS投稿で使える英語フレーズ&ハッシュタグ50選をご紹介します。
 

ハロウィンのSNS投稿で使える英語フレーズ&ハッシュタグ50選

まずはキャプションに使える英語フレーズをご紹介します。

定番の表現はもちろん、ダジャレ、映画のセリフ、歌詞や名言など、さまざまなフレーズを用意しました。好みのニュアンスによってぜひ使い分けてみてください。
 

ハロウィンの定番&ダジャレ英語フレーズ

ハロウィンで使える英語

Trick or Treat!

「トリック・オア・トリート(お菓子をくれないといらずらしちゃうぞ)」

「トリック・オア・トリート(お菓子をくれないといらずらしちゃうぞ)」は定番中の定番。

ハロウィンの夜に子供達が近所の家を回ってキャンディをもらう習慣があり、その際に使われるフレーズです。

No tricks, just treats!

「いたずらはなし、お菓子だけ!」

「トリック・オア・トリート」を少し変えた英語フレーズになっています。

Everything's better with a little magic.

「何事も少しの魔法でもっとよくなる」

いかにもハロウィンっぽい英語フレーズですね。

Mischief managed.

「いたずら完了!」

ハリーポッターファンなら馴染みがあるかもしれません。

What's up, pumpkin?

「やあ、かわい子ちゃん」

ハロウィンと言えばかぼちゃ。そしてこの pumpkin は「ハニー」などと同じように愛称として使われることもある表現なのです。

日本語に訳すと「やあ、かわい子ちゃん」といった感じになります。

Cutest pumpkin in the patch.

「かぼちゃ畑のかわい子ちゃん」

こちらの表現も「かぼちゃ」と先の「かわい子ちゃん」のニュアンスをかけています。

pumpkin patch は「かぼちゃ畑」などの意味で、ハロウィンが近くなると多くの子どもたちで賑わいます。デコレーション用に購入することもできます。

Boo from the crew.

「わたしたちからの BOO」

Boo は日本語の「ばあ!」に近い表現で、例えば誰かを驚かせるときに使います。

crew は日本語の「クルー」とほぼ同じニュアンスで、この表現はハロウィン仕様の挨拶のイメージ。

Having a boo-tiful night.

「最高の夜を過ごしています」

こちらも boo を使ったダジャレで、beautiful(美しい)とかけています。

Absolutely fa-boo-lous.

「本当に最高!」

boo と fabulous(素晴らしい)をかけています。

Have a fa-boo-lous Halloween!

「素敵なハロウィンを!」

同じく boo と fabulous で、「素敵なハロウィンを!」となります。

Hey boo-tiful.

「やあ、かわい子ちゃん」

boo と beautiful をかけています。「やあ、かわい子ちゃん」といったところでしょうか。

Have a spooktacular night.

「素敵な夜を」

こちらは「幽霊」などの意味がある spook と spectacular(壮観な)をかけていて、「素敵な夜を」です。

Too ghoul for school.

「めちゃくちゃかっこいい」

cool と ghoul をかけています。Too cool for school は「学校にはかっこよすぎる」が直訳で、「めちゃくちゃかっこいい」のようなニュアンスです。

ghoul(グール)は死肉を食べると言われている食屍鬼です。日本のアニメでもこちらを題材にしたものがありますね。

Feeling fang-cy.

「お洒落な気分」

fang(牙)と fancy(お洒落な、派手な)をかけています。Feeling fancy で「お洒落な気分」ですね。

Bugs and hisses.

「虫とヘビの鳴き声」
※ ダジャレ

Hugs and kisses(ハグとキス)を音が似ている bug(虫)と hiss(ヘビなどが立てるシューという音)で表現しています。

Forever your Zom-bae.

「永遠にあなたの(ゾン)ベイ」

bae は baby のような愛称で、before anyone else(誰よりも先に)の略とされています。zombie(ゾンビ)を zom-bae に変えた言葉遊びです。

Had a bloody good Halloween.

「最高のハロウィンだった」

bloody は「血まみれの」なのですが、スラングでは強調の意味があります。イギリスで特によく使われます。

なのでこちらの表現は「最高のハロウィンだった」となります。
 

ハロウィンで使える映画の英語セリフ

ハロウィンで使える英語

ハロウィンを題材とした作品やホラー映画などからセリフを引用するの良いかもしれません。自分が投稿する写真とマッチしているとさらに GOOD です。

*和訳は公式なものではなく、筆者が意訳したものです。

I'm a mouse, duh.

「(仮装が)ねずみに決まってるじゃない」
ー『ミーン・ガールズ(Mean Girls)』

Whatever you do, don't fall asleep.

「何があっても眠らないで」
ー『エルム街の悪夢(Nightmare on Elm Street)』

We've all got both light and dark inside us.

「私たちは皆、自分の中に光と闇があるのだ」
ー『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(Harry Potter and the Prisoner of Azkaban)』

It's Halloween; everyone's entitled to one good scare.

「ハロウィンなんだから、みんな恐怖を楽しむ権利があるよ」
ー『ハロウィン(Halloween)』

There's only 365 days left until next Halloween!

「次のハロウィンまであと365日しかない!」
ー『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス(The Nightmare Before Christmas)』

Have you come to sing pumpkin carols?

「パンプキンキャロルを歌いに来たの?」
ー『It's the Great Pumpkin, Charlie Brown』

I'm so glad I live in a world where there are Octobers.

「10月という月がある世界に住んでいてよかった」
ー『赤毛のアン(Anne of Green Gables)』

I see dead people.

「死んだ人が見えるんだ」
ー『シックス・センス(The Sixth Sense)』

I can teach you how to bottle fame, brew glory, and even put a stopper in death.

「私が教えるのは、名声を瓶の中に詰め、栄光を醸造し、死にすら蓋をする技」
ー『ハリー・ポッターと賢者の石(Harry Potter and the Philosopher's Stone)』

 

ハロウィン関連の英語歌詞

歌詞をキャプションにすることはよくあります。ここではハロウィンやホラー関連の歌詞をいくつかご紹介します。

It's close to midnight, something evil's lurking from the dark.

「もうすぐ真夜中、邪悪な何かが暗闇に潜む」
ー『Thriller』 Michael Jackson

I'm friends with the monster that's under my bed.

「私はベッドの下のバケモノと友達なんだ」
ー『The Monster』 Eminem ft. Rihanna

Who you gonna call?

「誰を呼ぶの?」
ー『Ghostbusters』 Ray Parker Jr.

When we all fall asleep, where do we go?

「私たちは眠ると、どこへ行くの?」
ーアルバム 『When we all fall asleep, where do we go?』 Billie Eilish

Baby, I'm howlin' for you.

「君のために吠えてる」
ー『Howlin' For You』 The Black Keys

This is Halloween, everybody make a scene.

「ハロウィンだよ、みんな大騒ぎしよう」
ー『This Is Halloween』 Marilyn Manson

 

ハロウィンで使える英語の名言・格言

ハロウィンで使える英語

名言・格言もSNSキャプションの定番です。直接ハロウィンに関連しているもの以外にも仮装・コスチュームや幽霊関連のものもご紹介します。

On Halloween you get to become anything that you want to be.

「ハロウィンには、何でもなりたいものになれる」
ーAva Dellaria(作家)

Clothes make a statement. Costumes tell a story.

「服は自分を表現する。仮装はストーリーを物語る」
—Mason Cooley(金言作者)

Some people are born for Halloween.

「ハロウィンのために生まれてくる人もいる」
ーStephan Graham Jones(作家)

Never trust anything that can think for itself if you can't see where it keeps its brain.

「脳みそがどこにあるのかわからないのに、自分で考えることができるものは信じるな」
ーJ.K. Rowling(小説家)

We make up horrors to help us cope with the real ones.

「本物の恐怖に対処するために、私たちはホラーを作り上げる」
ーStephen King(ホラー小説家)

 

ハロウィンの英語ハッシュタグ

最後はインスタなどのSNS投稿には欠かせないハッシュタグをご紹介します。これらのタグでぜひ世界中の人と投稿をシェアしてみてください。

#Halloween2020

シンプルイズベストなハッシュタグ。前年と区別するために年号を加えることも多いです。
#HappyHalloween2020

「ハッピーハロウィン!」も定番のハッシュタグ。
#AllHallowsEve

All Hallows Eve はハロウィンの別名です。
#HalloweenSelfie

selfie(セルフィー)は「自撮り」なので、自撮り写真を投稿したいときにはぴったりですね。
#HalloweenSquad

squad は「いつメン」のようなニュアンスがあるスラングです。
#SquadGhouls

ghoul(グール)と goal(目標)をかけた言葉遊び。
#TrickOrTreat

定番の「トリック・オア・トリート」をハッシュタグにすることも多いです。
#NoTricksJustTreats

「いたずらはなし、お菓子だけ」の意味のこちらをハッシュタグにしたもの。ちょっとしたひねりが欲しいときに。
#BooToYou

boo は「ばあ」のような意味で、boo to you と言うとハロウィン仕様の挨拶のようなイメージになります。
#HalloweenMakeup

ハロウィン用のメイクをシェアしたいときに。
#HalloweenCostume

仮装・コスチュームの写真をシェアしたいときにぴったりです。こちらで検索すれば、世界中の素敵な仮装をたくさん見ることができるでしょう。
#HalloweenNails

ネイルをハロウィン仕様にすることもありますね!自分のネイルのインスピレーションにも便利なタグではないでしょうか。
#HalloweenParty

パーティーで盛り上がったならこのタグ!楽しいハロウィンパーティーの様子を発信しましょう。
 

ハロウィンの思い出をSNSで英語を使って発信しよう

大人も子どもも楽しい「ハロウィン」。

思い出をインスタや他のSNSに投稿する際には、ぜひ今回ご紹介した英語フレーズやハッシュタグを使ってみてください。

英語で投稿をすると世界中の人に発信できるので、SNSの使い方が広がるかも知れませんよ。