「home」と「house」の違いは簡単!「家」を表す英語表現まとめ

home と house の違いは? 「家」を表す英語表現

「家」は英語で?

ほとんどの人が即答できると思います。

「home」「house」は、日頃からカタカナでも使っていますよね。

でも、普段同じような使い方をしているこの2つの言葉、英語では厳密に使い分けされているのを知っていましたか?

違いを区別せずに使うとおかしな話になりかねません。なので、この2語の使い分けを知っておくことは意外と大事なのです。

当記事では、home と house の違いに加え、「家」を表すさまざまな英語表現もご紹介していきます!
 

「home」と「house」の違いと使い分け

home と house の違いと使い分け

まずは基本単語である home と house の違いと使い分けからです。
 

「home」と「house」の違い

実は、両者の違いは辞書を見れば一目瞭然!

home と house の定義を見てみましょう。例えば、『オックスフォード英語辞典』では次のように定義されています。

home|The place where one lives permanently, especially as a member of a family or household.
「家族を構成する者あるいは世帯として、人が恒常的に住む場所

引用:Home|Lexico Powered by Oxford

house|A building for human habitation, especially one that consists of a ground floor and one or more upper stories.
「人間が居住する建物。一階建てあるいはそれ以上の階層から成るものなど」

引用:House|Lexico Powered by Oxford

home は人が暮らす「場所」のことであり、house は人が住む「建物」のことであると明記されています。

どうりで、homesick「ホームシック」とは言っても housesick とは言わないわけですね。

さて、次は home と house の使われ方を具体的に見ていきましょう。
 

「home」の使い方

日本語の「家庭」「故郷」「祖国」が表すようなイメージには home を使います。

「地元、住み慣れた町」を hometown(ホームタウン)と言ったりもしますね。快適に感じる場所、自分が自分でいられる場所が home です。

nursing home(高齢者向けなどの介護福祉施設)のような言葉もありますが、home は必ずしも目に見えるものとは限りません。

I miss my home.

「家/故郷が恋しいよ」

I work from home.

「家で仕事をしています」

I will be home by nine.

「9時までには家に帰ります」

Are you home yet?

「もう家に着いた?」

 

「house」の使い方

「建物」を意味する言葉ですから、リフォームやリノベーションを施したり、売買の対象となるような「住居」「家屋」を指します。

This is my own house.

「ここは私の持ち家です」

I'm looking to buy a used stand-alone house.

「中古の一戸建てを買おうと思っているんだ」

Is this house for rent?

「この家は入居者募集中かな?」

My house runs on solar power.

「ウチの家は太陽光発電システムを採用してるよ」

 

「家」を表すその他の英単語

「家」を表すその他の英単語

英語で「家」を表す言葉は home と house だけではありません。

形状や文脈によっていろいろな英語表現があります。それぞれのイメージを掴みましょう。
 

apartment

日本語の「アパート(アパートメント)」の元になっている言葉です。

This wooden apartment is over 50 years old.

「この木造アパートは築50年以上です」

日本で「アパート」というと、マンションに比べて簡易な作りの集合住宅を指しますね。

でも実は、英語の apartment は日本語の「マンション」に相当する建物を指します。

英語ではマンションもアパートも、両方とも apartment です。どちらも「集合住宅」であると考えれば違和感もありませんね。

なので「マンション」と言いたいときも、英語では apartment を使ってください。

This apartment cost 30 million yen when I bought it five years ago.

「このマンションは、5年前に私が買ったときは3千万円でした」

 

mansion

では、英語の mansion は何を指すのでしょうか。日本語に当てはめるなら「お屋敷」「館」になります。

Google で画像検索を試してみると違いがはっきり分かるでしょう。お城のような豪邸が画面を埋め尽くします。

ディズニーランドの人気アトラクションの一つ、「ホーンテッド・マンション(Haunted Mansion)」を想像してみてください。

英語では「マンションに住んでいるんだ」「マンションを買ったよ」と、気軽にいうような住居ではないことがよく分かると思います。

How many rooms does this mansion have in all?

「一体、この豪邸にはいくつの部屋があるのだろう?」

 

flat

イギリス英語では apartment のことを flat と表現します。

I moved into a newly renovated flat.

「リフォームしたてのマンションに入居した」

 

condominium

condominium は「分譲マンション」を指します。省略して condo と呼ばれることが多いです。

There is a condominium for sale in Hawaii. Are you interested?

「ハワイで分譲マンションが売りに出されているけど、興味ある?」

 

residence

比較的大きく立派な家だと residence とも呼ばれます。日本語の「邸宅」のイメージです。

「公邸」や「官邸」というときは residence が使われます。しかし同時に、student residence「学生寮」のような使われ方もします。

The event will be held at the ambassador’s residence.

「そのイベントは大使公邸で行われます」

 

housing

政策や公共の文脈で「住宅」が語られるときに、よく使われる言葉です。

Temporary housing will be provided for victims of the disaster.

「被災者には仮設住宅が提供されます」

 

dwelling

「住む」「居住する」という意味の動詞 dwell の名詞形 dwelling は、「すみか」「居住地」「住所」を意味する硬い英語表現です。

住居の形態は問いません。一般的な家だけでなく、トレーラーハウス、テント等、どれもが dwelling に含まれます。

What do you call the traditional Mongolian dwelling?

「モンゴルの伝統的な住居は何て名前だっけ?」

 

「home」と「house」を使い分けよう

思えば、日本語でも「家」の他に、「住処(すみか)」「住居」「住宅」「おうち」「住まい」などなどさまざまな言い方があり、それぞれのイメージも違いますね。

それを英語で言う場合は home、house 辺りが最も身近な言葉ですが、掘り下げればほかにもいろいろな言い方と、それぞれのイメージがあることが分かりました。

具体的なイメージを比較しながら理解に役立てたいと思ったら、本文でもご紹介したように「Google画像検索」を利用してみるのもおすすめです!