【保存版】チェックインからトラブルまで、ホテルで使える英語フレーズ超まとめ

旅行が楽しいものになるかどうかは、ホテルでの時間を快適に過ごせるかどうかにもかかっています。慣れない海外だとしても、チェックイン・チェックアウトなど、必ず発生するコミュニケーションには慣れておきたいですね。

時には状況に応じて頼みごとをしたり、思わぬトラブルに対処したりといったやり取りも発生します。ある程度のイレギュラーな状況にも、慌てず対応できるようでありたいものです。

今回は、チェックインからトラブルまで、ホテルで使える英語フレーズを網羅してご紹介します。次の旅行では実際に使ってみましょう!
 

チェックイン時の英語フレーズ

宿泊ホテルに到着したら、まずはフロントでチェックイン(check-in)です。

ホテルの「フロント」は、英語では “reception” または “front desk” と言うのが正解です。「フロント係員」は “receptionist”“front desk clerk” と呼びます。

まず、フロントに着いたら “Hi / Hello” などと声を掛けましょう。そして予約を入れてあることを伝えます。
 

予約していることを伝える

【例】
I have a reservation.
(予約をしているのですが。)

代表者の名前で予約してあるときは、“Under the name of 〇〇(〇〇の名前で)” を付け加えます。

予約票(confirmation slip / booking confirmation)があるなら、それを見せれば一目瞭然ですね。

【例】
Here’s my booking confirmation.
(これが予約票です。)

 

デポジットを払う

ホテルによっては “security deposit(保証金、預かり金)” を求められることがあります。特に問題がなければ最後に返金されるはずです。念のため “refundable(返金可能)” という言葉を確認しておきましょう。

【例】
Is it refundable?
(それは返金されますか?)

必要書類に記入する

“Fill in / Fill out form” と言われたら、何らかの書類への「記入」を求められています。“form” は「記入書類」のことです。

【例】
Should I fill in both sides of the form?
(書類は両面とも記入しますか?)

 

アーリーチェックイン

予定より早く到着してしまいチェックイン時間まで間があるなら、試しに “early check-in(アーリーチェックイン)” ができるか訊いてみましょう。

【例】
Is it possible to check-in earlier?
(早めにチェックインすることは可能ですか?)

 

到着が遅れる場合

反対に、到着が遅くなるときは連絡を入れましょう。“no-show(連絡なしのキャンセル)” と見なされると、予約を取り消されてしまうことがあります。

【例】
I'm afraid that I may be arriving later than the time I provided.
(連絡していた時間より到着が遅れそうなのですが。)

 

何かを確認したいときの英語フレーズ

サービスの有無などを知りたいときは、“Do you have 〇〇?(〇〇はありますか?)” のフレーズで幅広く対応できます。

【例】
Do you have room service?
(ルームサービスはありますか?)
Do you have free Wi-Fi?
(無料Wi-Fiはありますか?)

 

Wi-Fiのパスワード

Wi-Fiのパスワードは次のフレーズで教えてもらいましょう。

【例】
May I have the Wi-Fi password?
(Wi-Fiのパスワードを教えていただけますか?)

 

料金の確認

サービスを受けるときは、宿泊料に含まれているのか事前に確認しておけば、あとで別請求に驚かずに済みますね。“Is 〇〇 included in~?” で「〇〇は~に含まれていますか?」になります。

【例】
Is the airport transfer included in the room rate?
(空港送迎料は宿泊料に含まれていますか?)

ちなみに、ホテルやレストランでよく耳にするのが “complimentary” という表現。これは “free(無料)” の意味ですので安心してください。

【例】
I was told that there would be complimentary drinks.
(飲み物の無料サービスがあると言われたのですが。)

 

朝食について確認する

朝食の時間も確認しておきましょう。“What time?(何時ですか?)” を使います。

【例】
What time is breakfast served?
(朝食は何時からですか?)

 

場所の確認をする

何階に何があるかを聞くときは “What floor?(何階ですか?)” です。

【例】
What floor is the fitness center?
(フィットネスセンターは何階ですか?)

場所を知りたいときは “Where is the 〇〇?(〇〇はどこですか?)” と訊きましょう。

【例】
Where is the exchange counter? I'd like to get the local currency.
(両替カウンターはどこですか?現地通貨を手に入れたいのですが。)
Where is breakfast served?
(朝食はどこで食べますか?)

 

おすすめを聞く

どこに行こうか迷ったときは、おすすめのスポットを訊いてみるのも良いでしょう。地元の人ならではの穴場を教えてもらえるかもしれません。

【例】
Where are the must-see attractions in 〇〇?
(〇〇での見どころはどこでしょうか?)

カフェやレストランも、条件を伝えて紹介してもらえばハズレが少なくなります。

【例】
Is there any nice café around here to spend a couple of hours?
(この辺りに数時間ほど過ごすのに良いカフェはありますか?)

 

頼みごとをするときの英語フレーズ

気になることがあったら何でも相談・交渉してみることです。
 

ダメもとのお願い

「ダメもと」で訊いてみたいときは “Is there any chance~?(~の可能性はありますか?)” というフレーズを使ってみましょう。

“Is it possible~?” より控えめな響きで、「ちょっとどうかな?」と思いながら試しに訊いてみる状況にピッタリです。

【例】
Is there any chance I could get a late checkout?
(チェックアウト時間を遅くしていただくことはできますか?)

 

モーニングコール

「モーニングコール」は英語で “wake-up call” です。携帯電話のアラームだけでは心配なときは、フロントにモーニングコールも頼んでおきましょう。

【例】
I'd like to request a wake-up call tomorrow at 6:30 am.
(明日朝6時半にモーニングコールを頼みたいのですが。)

 

タクシーやツアーの手配

タクシーやツアーの利用もフロントに手配をお願いすれば簡単確実です。

【例】
Could you book me a taxi for 8 o' clock tomorrow morning?
(明日8時にタクシーを手配していただけますか?)
Could you book me a tour for ◯◯?
(◯◯のツアーを手配していただけますか?)

 

何かを持ってきてもらう

何かを持って来て欲しいときは “bring” を使って “Could you bring me 〇〇?” です。「追加」で何かが欲しい場合は “extra” を使います。

【例】
Could you bring me two extra glasses to my room?
(部屋に追加のグラスを2つ持って来ていただけますか?)

 

荷物を預かってもらう

出発時間まで間があるときは荷物を預かってもらえると助かります。「荷物」は “baggage/luggage” です。

【例】
Can you keep my baggage until the pick-up time?
(迎えの時間まで荷物を預かっていただけますか?)

 

トラブル対応の英語フレーズ

トラブルの際一番大切なのは、こちらの状況をきちんと分かってもらうことです。シンプルな表現で簡潔に伝えるように努めましょう。
 

部屋の設備の故障

テレビ、エアコン、シャワーなど部屋の設備が故障しているときは “work(動作する)” を否定形で使い「動作しない=故障している」と表現します。

【例】
〇〇 isn't working.
(〇〇が故障しています。)
〇〇 doesn't seem to be working.
(〇〇が故障しているようなのですが。)

 

アメニティが足りない

あるべきものが見当たらない場合は “find(見つける)” を使い、「見つけることができない」という表現を作ります。

【例】
I can't find 〇〇 in my room.
(部屋に〇〇が見当たらないのですが。)
I can only find 〇〇.
(〇〇があるだけです。)

 

物がなくなった

あったはずのものが無くなっている場合は “missing(無くなっている)” を使います。

【例】
One of my bags was missing when I got back.
(戻ってきたらバッグが1つ無くなっています。)

 

他の部屋がうるさい

隣接する部屋の音がうるさいと、せっかくの滞在もくつろぐどころではありませんね。

【例】
The next/above room is so noisy.
(隣の/上の部屋がとてもうるさいです。)

 

部屋を変えてもらう

部屋を交換してもらう必要があるときは、次のように依頼します。

【例】
Could you change my room, please?
(部屋を変えていただけますか?)

 

クレームを入れる

スタッフの態度が良くなかったときも連絡しておいた方が良いでしょう。

【例】
I had unpleasant treatment from your staff.
(スタッフから不快な対応を受けました。)

 

チェックアウトと支払い

チェックアウトするときは、フロントで “I’d like to check out(チェックアウトしたいのですが)” と言えば対応してくれます。

"Here’s the key.(カギをお渡しします。)" と言って鍵を返しましょう。
 

請求書の確認

海外では請求書(bill / invoice)の間違いは日常茶飯事。身に覚えのない請求がないか、支払う前にしっかりチェックさせてもらいましょう。

【例】
・Let me check my bill, please.
(計算書を確認させてください。)

請求書を確認して問題なかったら、希望の支払方法を告げます。

【例】
I'd like to pay with my card.
(カードで支払いたいのですが。)
I'll be paying with cash.
(現金で支払います。)

 

チップの習慣がある場合

"tip(チップ)" の習慣がある国ではチップも忘れてはいけません。“gratuity” という言葉があったら、これもまたチップのことです。

“housekeeper(清掃係)”、“bellhop(ベルボーイ)” 等、相手や仕事量によっても金額が変わってきますので、滞在国の基準に応じた金額を払います。

現金で払うときは少額紙幣が必要ですね。手元に高額紙幣しかない場合はフロントなどで崩してもらいましょう。紙幣を渡しながら次のように言います。

【例】
Can you change this?(これを崩してもらえますか?)

 

お礼の言葉

快適な滞在ができたなら、最後はお礼の言葉で締めくくりましょう。

【例】
Thank you. I had a wonderful stay here.
(ありがとうございました。気持ち良く滞在できました。)

 

忘れ物をした場合

万が一、チェックアウト後に忘れ物に気付いた場合はできるだけ早くホテルに連絡してくださいね!

【例】
I left my passport in the safe.
(金庫にパスポートを忘れてしまいました。)

 

やり取りに便利な応答フレーズ集

最後に、スタッフとのやり取りに便利な返答フレーズを挙げておきますので活用してください。曖昧な返事はトラブルの元にもなりかねません。

【例】
No thanks.
(いいえ、結構です。)
Yes, please.
(はい、お願いします。)
Not at all.
(いいえ、まったく。)
Not really.
(いいえ、別に。)
Yes, that's right.
(はい、その通りです。)
That's fine.
(それで結構です。)
That will be great.
(それはありがたいです。)
Are there any other options?
(他にはありませんか?)

 

まとめ

ホテル滞在時の一連の流れや、よくある場面に対応する英語フレーズをご案内しました。少しでも英語表現を知っているだけで、グンと心強くなるものです。

海外に行ったときは、ぜひ英語や現地語でのやりとりも楽しんでみてください。きっと旅行のワクワクが倍増するはずです!