Matcha以外の呼び方はあるの?英語で抹茶と緑茶を説明しよう

最近海外でも抹茶や緑茶はスーパーフードとして、そしてラテやスイーツのフレーバーとしても親しまれています。

実際アメリカに住んでいる筆者自身も、日本人というだけで抹茶や緑茶について聞かれたことが何回かあります。

今回は、抹茶と緑茶について英語で説明できるように、手助けとなる英語表現や英文を紹介します。

抹茶と緑茶の英語表現は?

抹茶と緑茶はどちらも基本的には英語で green tea といいます。

しかし、 green tea だと区別がつきにくいため、緑茶は loose leaf green tea抹茶はそのまま matcha と呼ばれることが多いです。

例えば、アメリカのカフェに行った際によく目にするのが、 green tea matcha latte というような表記です。カフェなどで普通に green tea を頼むと、緑茶が出てくるので注意しましょう。

【抑えておきたいキーワード】

  • 抹茶|matcha/green tea matcha
  • 緑茶|green tea/loose leaf green tea

抹茶を英語で説明しよう

抹茶を立てている女性
さて、抹茶と緑茶の英語表現の仕方はわかりましたね。

次は、抹茶とは何なのかを英語で説明できるよう、使える英語表現をご紹介します。

少し教科書っぽくなるのですが、筆者が海外の人々に抹茶の説明をするとしたら、以下のように話します。


Matcha is a particular type of powdered green tea from Japan.

Loose-leaf green tea and matcha are actually made from the same type of tea leaves. But the tea leaves used for matcha have a dark green color, a more robust flavor, and a lot more nutrients.

Despite its recent increase in popularity around the world, matcha was actually the original method of tea consumption in Japan.

Unlike most teas (like tea bags) which are infused into water, then removed before drinking, matcha powder is mixed directly into (hot) water. This makes matcha unique in the world of tea.

Matcha has a powerful flavor and plenty of health benefits, and it has been used as a medication.

抹茶は、日本の特殊な粉末状の緑茶です。

緑茶と抹茶は、実質同じ茶葉からできています。抹茶に使われる葉は濃い緑色で味も濃く、栄養価も(緑茶よりも)高いです。

最近は世界中で人気上昇中ですが、日本では昔から親しまれているお茶の消費方法でした。

水に煎じさせる他のお茶と違い、抹茶の粉末は直接水とまぜ合わせます。これはお茶の世界でもとても独特な方法です。

抹茶には濃い味といくつもの健康の利点があり、昔は薬として使われていました。


抹茶の歴史を英語で説明しよう

さて、抹茶とは何なのかは日本人なら誰でもわかるかと思います。しかし歴史について知っている人は、なかなかいないのではないでしょうか?

そこで、ここでは抹茶の歴史について英文と一緒に見ていきましょう。

抹茶の歴史

抹茶

Japanese monks would often travel to China to learn Buddhism from Chinese monks.
「日本の僧侶は中国の僧侶から仏教を学ぶため、よく中国に出かけて行っていました」

*ここで使われる would は used to と同じ働きをしています。よって、「昔はよく〜したものだ」というニュアンスがあります。

In addition to bringing Buddhist knowledge back to Japan, they often brought back tea as well as the method of making matcha.
「その際に仏教に関する知識に加えて、茶種と作法をよく持ち帰っていたのだとか」

*In addition to で「〜に加えて」という意味があります。

That’s how Japanese tea culture started and spread across the country.
「そうして飲み方などが日本に広まり、日本の茶文化が始まったとされています」
In 1191, a monk by the name Eisai, who introduced Zen Buddhism to Japan during the Kamakura period, brought back tea seeds from China and planted them.
「1191年、鎌倉時代に禅仏教を日本に紹介した栄西という名の禅師が、中国からお茶の種子を持ち帰り、お茶を植えました」
It was at the Kozanji temple where Japanese monks began cultivating tea on their own for the first time.
「高山寺が、日本の僧侶たちが自分達でお茶を初めて栽培し始めた場所でした」
At the time, tea leaves were ground into powder and mixed into water.
「当時、お茶の葉はすりつぶして粉状にし、水と混ぜていました」
Although many people would think that matcha came from Japan by its Japanese-like name, it actually came from China.
「抹茶は日本語のような名前のため、多くの人が日本由来だと思っているかもしれませんが、実際は中国からきました」
While the early tea ceremonies were just an excuse for the wealthy to showcase their rare teas and utensils, a man is known as Sen no Rikyu came along during the Azuchi-Momotama period. He had more humble visions and held a tea ceremony called 'Wabi-cha' that values the spirit of “Wabi”.
「初期のお茶会は、裕福な人が珍しいお茶、そして食器や道具を見せつけるだけのものでした。しかし千利休という名で知られている男が、安土桃山時代にもっと謙虚なビジョンと出会い、『わび茶』と言われる『わび』の精神を重んじる茶道を完成させました」

*come along with には「〜と出くわす」というニュアンスがあります。

抹茶の点て方を英語で説明しよう

ここでは、抹茶の点て方を説明する際に使える英文を紹介していきます。

【用意するもの】

  • matcha|抹茶
  • hot water|お湯
  • spouted matcha bowl|抹茶茶碗
  • matcha whisk|茶せん
  • (bamboo) tea scoop|茶杓
  • teacup or small bowl|お湯を入れる茶碗
  • tenugui/hand towel|手拭い

薄茶を点ててみよう

抹茶
抹茶には薄茶と濃茶というものがあります。

薄茶とは、濃茶より抹茶の分量を少なくしてたてる茶のこと。「おうす」とも呼ばれ、大寄せの茶会や禅寺のもてなしのときに一人一碗ずつ点てられるものなのだそうですよ。

ここでは薄茶の点て方について、英文とともに見ていきましょう。


  1. First, pour hot water into a matcha bowl to let it warm up. Putting a matcha whisk in the bowl is a key to making great-tasting matcha.
    「まず、お湯を抹茶茶碗に入れて、茶碗を温めます。茶せんも一緒に入れて温めるのが美味しいお茶を点てるポイントです」
  2. When the matcha bowl is warmed up, throw away the water in the bowl.
    「抹茶茶碗が温まったらお湯を捨てます」
  3. Dry the matcha bowl with a hand towel (tenugui).
    「抹茶茶碗を手ぬぐいで拭き、水気をよく取ります」
  4. Using a bamboo tea-scoop, put one and a half scoops of matcha into the warmed matcha bowl.
    「茶杓ひとすくいと半分の抹茶をすくい、温まった抹茶茶碗に入れます」
  5. Pour 60 milliliters of hot water into the small bowl or teacup and add it to the matcha bowl. Pouring water onto the edge of the matcha bowl is the key.
    「60ccのお湯を湯冷し茶碗に注ぎ、抹茶茶碗に加えます。抹茶茶碗のふちからお湯を流すように入れるのがポイントです」
  6. Slowly mix it in a circular motion with a matcha whisk until the matcha powder and hot water are perfectly blended.
    「ゆっくり縁を描くように混ぜ抹茶とお湯を馴染ませます」
  7. Once it’s blended, whisk vigorously back and forth until a thick foamy layer appears. For the best froth, avoid whisking in a circular motion.
    「馴染んだら、勢いよく縦に前後させ厚めの泡のレイヤーができるまで泡立てます。良い泡を作るためには、円を描くように混ぜるのを避けてください」*back and forth は「行ったり来たり」という意味です。
  8. You will know it's ready to serve if you can see the foam building up when you lift the whisk from the middle of the matcha bowl.
    「茶せんを抹茶茶碗の中心から持ち上げたときに泡が盛り上がったら、泡立てるのをやめ、ゲストにおもてなしをします」

抹茶の飲み方を英語で説明しよう

抹茶を持つ女性
茶道では、抹茶の飲み方も事細かに指定されています。そこでここでは、抹茶の飲み方について説明をする英文を紹介しますね。

【薄茶を飲む前にすること】
薄茶の前に、まず最初にお菓子をいただきます。お点前では、亭主の「お菓子をどうぞ」という言葉が、お菓子を手に取り、いただくことができる合図になります。


  1. A matcha bowl will be placed in front of you, outside the edge of the border of the tatami mat.
    「抹茶茶碗が自分の目の前の畳の縁外に出されます」
  2. At that time, you must put both hands on your lap, placing the right hand over the left.
    「このとき、右手が左手の上に重なるように膝に両手を揃えておきます」
  3. With your right hand, place the bowl in front of you while holding the bowl diagonally to the left of your body, which is the inside edge of the tatami mat border.
    「右手で茶碗を取り自分の左斜め前の畳の縁内に置きます」
  4. Do a "Gyo", a semi-formal bow, and say "Osakini", which means "excuse me for taking tea before you".
    「行(軽いお辞儀)をし、『お先に』と言って挨拶をします」
  5. Now do a "Shin", or formal, bow and say "otemae choudai itashimasu", which means "thank you for the tea".
    「亭主に向かい真(お辞儀)をし、『お点前ちょうだいいたします』と挨拶をします」
  6. Pick up the matcha bowl with your right hand and support it with your left palm.
    「右手で茶碗ををとって左手を添えます」
  7. Raise the matcha bowl, bowing slightly in an expression of gratitude.
    「抹茶茶碗を持ち上げ、軽くお辞儀をし、感謝の意を表します」
  8.  Rotate the matcha bowl twice clockwise with your right hand to avoid the front.
    「右手で抹茶茶碗を2回時計回りに回して正面を避けるようにします」
  9. Drink the tea a couple of times and slurp on your last sip.
    「何回かお茶を飲み、最後の一口は音を立てて吸い切ります」
  10. After finishing the tea, wipe the part of the rim that you drank from with your right thumb and forefinger, left to right.
    「飲み終わったら、親指と人差し指で飲み口を左から右に拭きとります」
  11. Wipe your fingers with kaishi paper and rotate the bowl twice counterclockwise so that the front faces you.
    「拭きとった指を懐紙で拭き、茶碗を正面が自分に向かうよう、2回反時計回りに回します」
  12. Place the bowl in front of your knees, outside the tatami mat border.
    「茶碗を畳の縁外の自分お膝の前に置きます」
  13. Place both hands on the tatami mat and take a close look at the whole shape of the bowl again.
    「両手を畳について茶碗の全体を眺めます」
  14. Pick up the bowl with both hands, but not very high, and examine it.
    「茶碗を手の位置が高くなりすぎないように両手で手に取り、拝見します」
  15. Take the bowl with your right hand and place it in front of you.
    「右手で茶碗を手に取り、自分の前に置きます」
  16. Turn the bowl so that the front faces the host and place your hands on the floor.
    「茶碗を回して正面が亭主に向くようにし、両手を床につけます」
  17. Return it to where the host set it out or wait until someone comes to pick it up.
    「茶碗を亭主か出された場所に戻すか、または取りに来られるのを待ちます」

まとめ

いかがでしたか?

抹茶はスーパーフードとしても海外で浸透してきていますが、昔は薬として使われていたみたいですね。

お茶の文化は中国から来たもので、栄西と呼ばれる禅師が茶の種子を中国から持ち帰って、栽培し始めたのが始まりだということがわかったと思います。

抹茶と緑茶は同じお茶の木からできていますが、抹茶の方がより良いクオリティーの葉から出来ているんですね!

この記事をきっかけに、少しでも新しい学びがあれば幸いです。抹茶について海外の人々に説明する機会があれば、ぜひ参考にしてみてください。