外国人観光客に日本のおもてなしを!飲食店で使える接客英会話フレーズ

日本を訪れる外国人観光客が年々増加し、2016年の訪日外国人数は、過去最多の2,403万人に到達。今後ますます増えることが予想されています。

そんな中、飲食店でお仕事をされている方は、ガイドブック片手に来店する外国人のお客さんに対し、満足する接客ができていますか?

緊張のあまりいつも通りのサービスができていない、と感じている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、レストランやカフェなどの飲食店で働く人に役立つ英語フレーズと、接客のポイントをシチュエーション別に見ていきます。また後半では、外国人客が急増している居酒屋での接客英語もご紹介します。

これらをマスターしたら、お客さんに喜ばれるだけでなく、スタッフの皆に頼りにされること間違いなしです!

入店→席に案内する

【あいさつ】
Hello.
「こんにちは」
Good morning/afternoon/evening.
「おはようございます/こんにちは/こんばんは」

★ポイント
ここで “Welcome” と言うのは不自然です。普段するような挨拶をすればOK!

【予約の有無】
Do you have a reservation?
「予約はありますか」
【人数について】
For two?
「お二人ですか」
For how many?
「何人ですか」
【席について】
Smoking or non-smoking?
「喫煙ですか、禁煙ですか」
Are you okay to share a table with other customers?
「他のお客様と相席でも大丈夫ですか」
Would you like a table, or a tatami (Japanese style) room?
「テーブルがご希望ですか、それともお座敷(日本式の部屋) がいいですか」
In a tatami room, you’re asked to remove your shoes. Would that be alright with you?
「お座敷では靴を脱いで上がっていただきますが、よろしいでしょうか」

★ポイント
座敷の使い方を知っている外国の方も多いですが、靴については一応聞いておくと親切です。

【満席の場合】
The tables are all full right now.
「ただいま満席です」
It will take around 15 minutes for the next available table.
「次のテーブルが空くまで約15分ほどかかります」
【席に案内する】
This way please.
「こちらへどうぞ」
Please have a seat anywhere you’d like.
「ご自由にお座りください」

お客様が着席→注文を受ける

【お茶や水のサービス】
Would you like Japanese tea or water? We serve them free of charge.
「日本茶かお冷はいかがですか。無料でお出ししています」

★ポイント
海外では水やお茶が有料である場合が多いので、無料であることを教えてあげるとGood!

【メニューを渡す】
Would you like to see our English menu?
「英語のメニューをご覧になりますか」
We only have a Japanese menu.
「日本語のメニューしか用意していません」
I’ll be back to take your order in a moment.
「後ほど注文を伺いに参ります」
【注文を受ける】
Are you ready to order?
「ご注文はお決まりですか」

★ポイント
男女のカップルで来店した場合は、女性から注文を受けると好印象。大人数の場合は着席順に聞いていって大丈夫です。

【オススメする】
I recommend (料理名).
「私は(料理名)をおすすめします」

★ポイント
“Our recommendation is…” (当店のおすすめは…)と説明してもいいですが、個人的にすすめるとお客さんは喜びますよ。

【飲み物、デザート】
Would you like anything to drink?
「何かお飲み物はいかがですか」
Any dessert?
「デザートはどうですか」

★ポイント
デザートの注文は食後に尋ねるのが一般的です。

【アレルギー、ベジタリアンに関して】
Do you have any food allergies?
「食物アレルギーはありますか」
I’ll inform the kitchen about your gluten sensitivity.
「お客様のグルテン過敏症についてキッチンにお伝えします」
Our dishes may contain fish broth.
「料理には魚のだしが使われる場合があります」

★ポイント
和食に使用されるカツオやにぼしベースのだしに関して、認識がない外国の方もいらっしゃいますので、ベジタリアンには事前にお伝えすることをおすすめします。

【その他注文時のフレーズ】
Would you like your drinks to be served right away or after your meal?
「飲み物は先にお出ししますか、それとも食後にしますか」
Do you want to share the dish between two people?
「お二人でお料理をシェアしますか」
Sorry, but we don’t serve (料理名).
「すみませんが(料理名)はお出ししていません」
【注文を受け終わったら】
If you need anything please let us know.
「用事がある時はお声をかけてください」
Please buzz this button to call us.
「このボタンを押してお呼びください」

料理を出す→皿を下げる

【料理を出す】
Tempura soba?
「天ぷらそばの方?」
Is that everything?
「注文はこれで以上でしょうか」
Enjoy!
「どうぞお楽しみください」
Bon Apetit!
「どうぞお召し上がりください」

★ポイント
料理名を上げ口調で言うと質問文になるので "(料理名)?" で「(料理名)の方?」という意味になります。

【皿を下げる】
Was everything good?
「全てご満足でしたか」
Are you finished?
「食事はお済みですか」
Would you like anything else?
「他にご要望はありますか」

会計→お見送り

【レシートを渡す】
Here is your receipt, but please take your time.
「こちらはレシートですが、どうぞごゆっくりなさってください」
Please pay at the front (when you leave).
「お支払いは(お店を出る際に)出口でお願いします」

★ポイント
日本では注文を全て出し終わった時点でレシートを渡す場合が多いですが、海外では、お客さんが頼まない限り渡さないケースが多いです。

支払いを催促されているように感じる人もいますので、上記のように一言付け加えると丁寧だと思います。

【会計】
That would be Ten Thousand Yen.
「お会計は1万円です」
Would you like to pay all together or separately?
「お会計は一緒ですか、それともバラバラですか」
How should I separate the bill?
「どのように会計を分けますか」
【お見送り】
Thank you very much. Have a good day/afternoon/evening/night.
「ありがとうございました。よい1日を/午後を/夕べを/夜をお過ごしください」

★ポイント
常連さんではない限り、“Please come again”(またお越しください)ではなく、普通の挨拶でお見送りするのが一般的。“Have a good evening” と言うのは午後4−7時位まで、それ以降は “…night” を使うと自然です。

観光客の場合は ”Enjoy your stay in (地名)”((地名)で良い滞在を)などと言ってお見送りするのもいいと思います。

居酒屋での英会話

居酒屋は外国人にも大人気で、欧米でも “Izakaya” スタイルのレストランを見かけるようになりました。

上記の接客英語に加えて、居酒屋で頻出するフレーズもご紹介します。

【おしぼり 】
Here’s a wet towel for you.
「おしぼりをどうぞ」
【お通し】
Here is a small appetizer called (料理名). Enjoy.
「これは(料理名)という前菜です。お楽しみください」

This appetizer is automatically included in the service charge.
「このお通しは自動的にサービスチャージに含まれます」

★ポイント
居酒屋の「お通し」システムを知らない外国人が、支払いの際にクレームをだすケースがあります。

お通しに料金が加算される場合は、事前に伝えておくと親切です。無料の場合は "It’s on the house."(無料です)と言いましょう。

【飲み放題】
Are you interested in our all-you-can-drink deal for 2 hours? You can choose any drink from this menu.
「2時間の飲み放題サービスはいかがですか。こちらのメニューから選ぶことができますよ」
I’ll let you know when it’s time for the last order.
「ラストオーダーになりましたらお知らせします」
I’m here to take your last order.
「ラストオーダーを承ります」
【ビール】
Would you like Kirin or Asahi?
「キリンですか、アサヒですか」
Would you like a draft or bottled beer?
「生ですか、瓶ですか」
In a glass or a pitcher?
「グラスでですか、ピッチャーでですか」

★ポイント
日本のビールの認知度は高く、ブランド名もよく知られています。

“Beer please.”(ビールください)と言われたら、上記のように聞きましょう。

【日本酒】
We serve sake warm or cold. Which way would you like?
「お酒は熱燗か冷で出しています。どちらがお好みですか」
I recommend that you drink this sake cold.
「このお酒なら冷で飲むことをおすすめします」
【焼酎】
Shochu is a distilled drink made from potatoes, barley or rice.
「焼酎は蒸留酒で、芋、麦や米で作られています」
The alcohol content is about 25%, so it’s stronger than sake or wine.
「アルコール度は25%なので、酒やワインより強いです」
People like to mix it with fruit juice, soda or tea.
「フルーツジュースやソーダ、お茶などと割って飲むのが人気です」

★ポイント
焼酎も人気が上昇していますが、質問されたら上記のように説明しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

接客英語は、お決まりのフレーズをマスターすれば、後はほぼ同じパターンの繰り返しです。飲食店のタイプにより頻出する質問等があると思いますので、それらは個々に取り組み、少しずつ表現の仕方を工夫していってくださいね。

外国人観光客が飲食店で最も喜ぶサービスは、お店のスタッフとのコミュニケーションだと思います。美味しいごはんを食べることも大切ですが、快適な空間を楽しんだり、いろんな会話を通して「日本」を学ぶことが、彼らにとって大切な思い出となります。

みなさんも英語を使って、日本の素晴らしい「食」と「おもてなし」文化を発信していってください。