“tea” は「お茶」だけじゃなかった! 実は意外な意味を持つ基礎英単語15選

実は意外な意味を持つ基礎英単語1

「さぁ、teaにしましょう」と言われて、お茶が出てこなかったら……私はそんな「まさか!」な経験をしたことがあります。

その理由はなんと、“tea” には「お茶」以外の意味があったから。
今回は、誰もが知っているけれど、実は意外な意味を持っている英単語を15個紹介します!

tea(お茶)→「夕食」

What's for tea tonight?

「今晩の夕食は何?」

 
“tea” は「お茶」という意味だけではなく、イギリス英語では「夕食」という意味もあります。

イギリスだけでなく、オーストラリアやニュージーランドでも夕食のことを “tea” と呼ぶことがあります。それを知らなかった私は、オーストラリアでホストマザーが

"Tea is ready!"と言いながらローストチキンを出してきたときには、とてもビックリしました。

nuts(ナッツ, 木の実)→「正気でない」

狂気を意味するnuts

What is this noise? It's driving me nuts!

「この音はいったい何なんだ? 頭がおかしくなりそうだ!」

 
“nuts” には形容詞で「狂気の」「正気でない」という意味があります。必ず “nuts” と “s” がつくので注意が必要。

また、何かに「熱中している」「熱を上げている」という意味でも使われます。

He is nuts about his new girlfriend.

「彼は新しい彼女に夢中なんだよ」

 

fly(飛ぶ)→「(ズボンの)チャック」

Your fly is undone/down/open.

「社会の窓が開いてるよ」

 
“fly” は名詞で「ハエ」という意味もありますが、なんと「ズボンのチャック」という意味もあるんです。例文のように言われたときにも対応できるように、男性の皆さんは特に覚えておきたいですね。

ball(ボール)→「ダンスパーティー」

ダンスパーティーを意味するball

My daughter is looking forward to the ball tomorrow night.

「私の娘は明日の夜のダンスパーティーを楽しみにしているよ」

 
“ball” は「ボール」という意味の他に「ダンスパーティー」という意味があり、華やかに着飾って参加するような舞踏会を指します。

また “have a ball” と言えば、「楽しい時間を過ごす」という意味にもなります。

I had a ball at Naomi's 21st birthday party.

「ナオミの21歳の誕生日パーティー、とっても楽しかったよ!」

 

safe(安全な)→「金庫」

We recommend that you keep your valuables in the safe in your room.

「貴重品は部屋の金庫に置いておくことをおすすめします」

 
形容詞で「安全な」を意味する “safe” は、「金庫」という意味の名詞にもなります。海外旅行で宿泊するホテルで目にすることも多いですよ。

plastic(プラスチック)→「クレジットカード」

plasticはくれじっとかーどを意味することも

Do you take plastic?

「カードで支払えますか?」

 
“plastic money” を省略して、クレジットカードやデビットカードなどのことを “plastic” とも呼びます。

minutes(分)→「議事録」

Taro, will you take the minutes of the meeting?

「太郎、会議の議事録をとってくれない?」

 
“minute” が1分2分といった「分」を意味するのはよく知られていますが、複数形の “minutes” になると「議事録」という意味を持つことをご存知でしょうか?

これは海外のクライアントとの会議でも頻出の単語なので、しっかり覚えておきましょう。

lemon(レモン)→「欠陥品(車)」

lemonは欠陥品を表すことがある

Our new car turned out to be a lemon.

「わたしたちの新車は欠陥車だと判明した」

 
酸っぱい「レモン」の他にも「欠陥品」という意味のある “lemon”。
主に「欠陥車」としてよく使われる単語ですが、その他にもしょっちゅう壊れるパソコンやプリンターなど、本来の働きをしない「欠陥品」も表します。

Diet(食事)→「国会」

The Japanese parliament is called the Diet.

「日本の議会は国会と呼ばれています」

 
「議会」はアメリカでは “Congress”、イギリスでは “Parliament” と呼ばれますが、日本の「国会」は “the Diet” と呼ばれます。“the” を忘れてしまいがちなので要注意です。

labour(労働)→「分娩」

分娩を意味するlabour

My wife is in labour right now.

「妻は今まさにお産の最中です 」

 
「労働」という意味でよく知られる “labour(イギリス英語)/ labor(アメリカ英語)”。これは “in labour” とすることで、「出産中」という意味にもなります。

陣痛が始まってから出産を終えるまでの過程全体を表します。同様に、「配達」の意味がある “delivery” にも「分娩」という意味があります。

mint(ハッカ, ミント)→「造幣局」

The Japan Mint has its headquarters in Osaka.

「日本の造幣局の本局は大阪にあります」

 
植物の「ミント」以外にも「造幣局」という意味がある “mint”。動詞として使うこともでき、その場合は「貨幣を鋳造する」という意味になります。

fleece =「羊毛」

fleeceは羊毛

The shearer removed the fleece from the sheep in less than a minute.

「その毛刈り師は、1分もかからずに羊から毛を刈り取った」

 
羊のモコモコの毛や、刈り取られた1頭分まるまるのつながった毛を “fleece” と呼びます。むしろこちらが本来の意味なのですが、アパレルですっかり有名になった「フリース素材」のイメージが先行している人も多いのではないでしょうか?

pudding(プリン)→「デザート」

We had ice cream for pudding.

「デザートにアイスクリームを食べた」

 
イギリス英語の “pudding” には、食後に食べる「デザート」という意味もあるんです。また、いわゆる日本の「プリン」のことは “creme caramel” と呼ばれることが多いです。

formula(公式, 化学式)→「粉ミルク」

 

formulaは粉ミルク

My baby is on formula.

「私の赤ちゃんは粉ミルクを飲んでいます」

 
数学の「公式」や化学の「化学式」を表す際に使われる “formula” ですが、もっと日常生活に密着した使い方として「(赤ちゃんの)粉ミルク」という意味があります。

game(ゲーム,試合)→「狩猟の獲物」

We had a delicious game pie.

「私たちは美味しいゲームパイを食べた」

* game pie = キジやハト、鹿、野うさぎなどの肉が入ったおかずパイのこと

 
“game” にはテレビゲームやゲームアプリなどの「ゲーム」以外にも、「試合」「競技」という意味があるのはよく知られています。その他にも、「狩猟で食用に獲られた鳥や動物」という意味でも使われることがあります。

フランス語の「ジビエ」にあたる表現ですね。

さいごに

さいごに

意外な意味のある英単語、いかがでしたか?

英単語自体は誰でも知っている簡単なものばかりだったかと思います。でも、そんな単語に限って意外な意味があった場合に「話が通じない……」となることがしばしばあるものです。

もしそういう状況になった場合には、「この単語はこういう意味」という思い込みを捨てて辞書で調べるようにしましょう! すると、思いがけず新しい意味と出会えるかもしれませんよ。

 

【まだまだある “意外な意味” のある英単語!】

意外な意味を持つ15の英単語

“sweet” は「甘い」だけじゃなかった! 実は意外な意味を持つ15の英単語

9月 5, 2014
色を使った英語フレーズ

覚えやすくて使える!色(カラー)を使った英語フレーズ【7色】

11月 7, 2015
英語の同音異義語

同じスペル・発音でも意味が違う!?例文で覚える英語の「同音異義語」14選

11月 2, 2015