海外では謙遜すべき? 褒められたときに便利な英語表現まとめ

褒められたときに便利な英語表現

読者の皆さんは、褒められた時、どんなリアクションをしますか?

例えば、友人の "potluck party"(持ち寄りパーティー)に招かれ、あなたが作った和食系手料理が大好評だったとします。

その場に居合わせた人達が、次から次へとあなたの手料理を褒めてくれます。褒められると嬉しいけれど、返し方がわからない。

自意識過剰になってしまい、顔の筋肉が緊張し、上手に笑うことも出来ない。話題を変えたい、と気持ちが焦る。そんな経験はありませんか?

日本人は褒められた時のリアクションが苦手なように感じます。本記事では、そんな時のために覚えておくと便利な「褒められた時に使える英語表現」をご紹介します。

日本文化・欧米文化における「謙遜」

謙遜

儒教の影響を受けている日本文化は、自分を謙遜し、相手に敬意を持って接することが基盤となっています。

つまり「他者が先、自分は後」と言う考え方が根底にあるのです。身内のことをへりくだって言うのは謙遜の代表的な例ですね。

息子は愚息、娘は愚娘、奥さんは愚妻。英語に直訳すると、”stupid son”、 “stupid daughter”、 “stupid wife” となります。英語で表現すると、かなり強い響きがあります。

日本文化をよく知らない欧米人に自分の家族を ”stupid ○○” と紹介したら、虐待しているのではないかと誤解され、人格を疑われてしまう可能性もあります。

欧米文化では、身内を人前で褒めることは挨拶のような習慣です。

例えば子供が成績優秀であれば、下の例のようにオープンに表現します。

【例文】
My son/daughter is a good student.
("A good student"→優秀な学生という意味ですが、「真面目に勉強に取り組んでいる」というニュアンス)
I’m proud of my son/daughter.
(息子/娘を誇りに思う、という意味もありますが、日本語で言う「よくがんばっている」というニュアンス)

起業家の奥さんを持つ男性なら奥さんを敬愛する言葉を並べます。

【例文】
My wife is multi-talented.
「妻は多才です」
She’s working hard
「彼女はがんばっている」

謙虚な心を持つことは大切なことですが、謙遜し過ぎると、褒めてくれた相手に不快感を与えてしまい兼ねません。また「偽りの謙遜」だと思われてしまうこともあります。

そのような誤解を防ぐためにも、褒められた時の適切な言葉のチョイスをシチュエーション別に見てみましょう!

シチュエーション①

シチュエーション1

冒頭の "potluck party"(持ち寄りパーティー)のシーンに戻ります。

あなたの手料理が好評で、下記のような褒め言葉を次から次へと投げて来ます。

【褒め言葉の例文】
This is incredible!
「信じられないくらい美味しい!」
It’s really good!
「本当に美味しい!」
It’s so delish!
「超美味しい!」

※"delish"→"delicious" の砕けた言い方。

This is the best Japanese dish I’ve ever had!
「今まで食べた和食の中で一番美味しい!」

さて、どう受け止めたら良いのでしょう?

お礼の言葉の例をみてみましょう!

【お礼の言葉の例文】
Thank you!
「ありがとう!」
Thank you for your compliment!
「褒めてくれてありがとう!」
I’m glad you enjoyed it!
「気に入ってもらえて良かった!」
I’m glad you liked it!
「気に入ってもらえて良かった!」
That makes me happy!
「そう言ってもらえると嬉しい!」
I’m glad it turned out well!
「上手に出来て良かった!」
You just made my day!
「(あなたに褒めてもらえたおかげで)最高な一日になった!」

親しい仲間同士なら、"Thank you" の代わりに "Thanks" と言ってもOKです。"Thanks" は、日本語で言う「サンキュー」と同じようなカジュアルなニュアンスがあります。

"Thanks" または "Thank you" と返すだけでも、十分に気持ちは伝わると思いますが、それ以外に一言添えると、その後の会話も弾みます。

【例文】
What’s your favorite Japanese dish?
「一番好きな和食料理は何ですか?」
Do you have any favorite Japanese restaurant?
「お気に入りの和食レストランはありますか?」
Do you like to cook?
「お料理するのは好きですか?」
What do you like to cook?
「何を作るのが好きですか?」
What else do you like to do?
「他には何をするのが好きですか?」

質問形式で会話を繋げることで、新たな会話が生まれることもあります。相手に話を振ることで立場を入れ替えることも出来るので、いくつかのパターンを用意して置くと、いざと言う時に役立ちます。

シチュエーション②

シチュエーション2

あなたは、隣に座っている初対面の人と "small talk"(雑談)をしています。

話しているうちに、家族の話題になり、あなたはバッグの中から携帯電話を取り出し、話し相手に家族写真を見せます。

あなたの家族写真を見ながら、次のようなリアクションをしました。

【褒め言葉の例文】
You have a beautiful family!
「素敵な家族ですね!」
Your sister is gorgeous!
「ゴージャスなお姉さんですね!」
Is this your kitty? She’s so cute!
「あなたの猫ですか?とてもカワイイですね!」
Your parents look great together!
「ご両親、お似合いのカップルですね!」

こんな時のお礼の言葉の例をいくつかご紹介します。

【お礼の言葉の例文】
Why, thank you!
「まぁ、ありがとう!」
※ここでのWhyは特に意味はありません。突然の褒め言葉に驚き、副詞としてワンクッション置く役割をしています。
That’s very kind/nice of you!
「ご親切にありがとうございます!」
That’s very kind/nice of you to say!
「そう言って頂けて嬉しいです!」
That’s so sweet of you!
「そう言って頂けて嬉しいです!」

*上記同様の意味ですが、"kind" と "nice" よりカジュアルなニュアンスです。

お礼の言葉以外に、次のようなコメントを入れて会話を繋げることも出来ます。

【例文】
I’m lucky to have them (my family).
「私は家族に恵まれています。」
My sister and I are very close.
「姉とはとても仲が良いです。」
We just celebrated our parents’ 30th anniversary.
「ついこの間、両親の結婚30周年をお祝いしました。」

先程のシチュエーション①と同じように、今度は、相手の家族のことを聞くのも良いですね。初対面の相手で、適切な話題かどうか分からない場合は、次のような質問をしてみると良いでしょう。

【例文】
Are you from around here?
「あなたは、この辺で生まれ育ったのですか?」
Did you grow up around here?
「この辺で育ったのですか?」
How did you and XYZ(共通の友人) get to know each other?
「あなたとXYZは、どうやって知り合ったのですか?」

まとめ

褒める行為は、相手との距離を縮めたいサインと言われています。

「褒める」と言う好意的な態度で接することで、初対面同士でも打ち解け易くなる "ice breaker"(※直訳すると「氷を割るもの」で、「場の緊張感をほぐすコミュニケーション」の意味)になります。

知らない相手のどこを褒めたら良いのかわからないときは、その人の服や靴、バッグ、アクセサリー、スマホケースなど、目に見えるものがおすすめです。

例えば、”I like your ○○!”(あなたの○○いいですね!)“It looks good on you!”(似合っていますね!)”You have good taste”(センスいいですね!)”Where did you find it?”(どこで見付けたんですか?)などは、会話を続け易い雰囲気になると思います。

褒められ方に寄っては、居心地悪かったり、不快に感じることもあるかもしれません。そんな時は、”Thanks”とだけ伝えて、早々と切り上げても良いと思います。その場を離れる際は、 “Excuse me”(失礼します)または ”I have to go”(もう行かないといけないので)と一言添えれば十分です。

日本では、相手の目を見て話すことが苦手な人が多いようですが、意識的に相手の目を見て、お礼の言葉を伝えるようにしましょう。相手の目を見ながらコミュニケーションを取ることは、誠意として受け止められるので、覚えておきたいマナーの一つです。

先ずは、”Thank you”から始めてみましょう!