文頭・文中・文末に置くかで意味が変わる!?クッション言葉の“you know”を使いこなして会話を楽しもう!

クッション言葉のyou knowの使いこなし

英会話をしているとき、自分の言いたいことはある程度言えている。だけど、どこか会話に流暢さが足りない。そんなことを思ったことはありませんか?

それは言葉と言葉の間を埋めるクッションのような言葉を十分に使えていないからかもしれません。

今回は、会話をよりスムーズにする魔法のフレーズ  “you know” をご紹介します。

 you knowとは?

言葉どおりに解釈すると「あなたは知っている」となりますが、ここから派生して、さまざまな使い方があります。

You know that movie we watched yesterday? That main actor is, you know, really good-looking and sexy, you know?

「昨日観た映画あるじゃん?あの主演俳優ってさ、なんかさ、すごいかっこよくてセクシーじゃない?」

上の短い文章の中には3つの “you know” が入っています。ポイントはこれら3つの “you know” はそれぞれ、文頭・文中・文末に位置しており、それらの位置によって意味が変わってくるということです。

位置による意味の違いを見ていきましょう。

文頭の“you know”:話題を提示する

話題を提示する

話題を変えるときや、話題を提示するときなどに使います。前項の例文でも、最初の “you know” には昨日観た映画という話題を提示する目的があります。

「そういえば~のことだけど」、「ほら~があるじゃない?」と会話の起点に使うのに便利なフレーズです。
また、“Do you know~” をよりカジュアルにした表現としても使うことができます。

A.You know John we met before?

「前に会ったジョンっているじゃない?」

B.Yes, a guy we met at your house party.

「ああ、あなたのホームパーティーで会った人ね」

A.You know he’s getting married soon?

「知ってる? 彼もうすぐ結婚するのよ」

この場合、Aは、Bがジョンのことをちゃんと覚えているかわからないので、「ジョンっているじゃない?」と前置きをしています。

次の “you know” は、“Do you know he is getting married soon?” としてもいいのですが、ここでは相手に質問をする意図はありません。気軽に「ねえ、知ってる?」と言うときにも “you know” を使います。

 文中の“you know”:会話の間をつなぐ

会話の間をつなぐ

普段の会話の中では、必ずしもスラスラと言葉が出てくるわけではありませんよね。

文中の “you know” は言葉をにごしたいときや、言葉が出てこないときなどに使います。「ほら、あのさ」、「ええと、それでね」という意味で、間をつなぐ役割があります。

A.Where did you go for last summer holiday?

「前の夏休みはどこに行ったの?」

B.I went to Italy, France, and you know, Spain.'

「イタリアと、フランスと、ええと、スペインに行ったよ」

記憶が不確かであったり、考えながら話すときにも、文中に “you know” を入れると便利です。

 文末の“you know”:同意や共感を求める

同意や共感を求める

同意や共感を求めるときに使います。「そうでしょ」や「~だよね」と、相手に共感してほしいときや、理解して欲しいとき、文末に“you know”を使うと伝わりやすくなります。

A.Why didn’t you come to the party last night?

「どうして昨晩のパーティーに来なかったの?」

B.I was so tired last night, you know?

「昨晩はすごく疲れてたんだよね」

A.You have been busy recently.

「最近忙しいもんね」

「わかるでしょ?」、「わかってくれよ」というニュアンスを出すのに便利なフレーズです。

“you know” を用いたフレーズ

フレーズ

You know what?

直訳すれば「何かわかるか?」となりますが、文頭の “you know” と同じく、会話の起点や相手の注意を引くために使用できます。

You know what? Could you get me something to drink?

「あの、何か飲むものをいただけませんか?」

と相手に話しかけるときに使うことができます。

 You know what I mean?

「わかる?」、「わかってくれるでしょう?」と、会話中に相手に同意を求めるときに使いやすいフレーズです。

I like him, but I don’t want to date with him. You know what I mean?

「彼のことは好きだけど、付き合いたいわけじゃないの。わかるでしょ?」

 “You know what I’m saying?” も同じ意味合いで使うことができます。

“you know” だけじゃない! 知っておくと便利なクッションフレーズ

“you know” は会話におけるクッションとしての機能を果たすことがわかってもらえたかと思います。

他にもそうした機能を果たすフレーズはたくさんあるので、さいごにご紹介したいと思います。

actually

「実は」や「それがね」、「ところがなんと」という意味で、相手が驚いたりするようなことを言うときの前置きとして使います。

A.How is your married life?

「結婚生活はどう?」

B.Actually, we divorced.

「実は、離婚したんだ」

“actually” の使い方はこれだけではありません。気が変わって、「やっぱり~」と言いたいときにも使えます。

A.Do we go to Chinese restaurant tonight, right?   

「今夜は中華料理レストランに行くんだよね?」

B.Actually, let’s go to Italian restaurant.   

「やっぱり、イタリアンレストレストランに行こう」

well

“well” は相づちや話を一区切りするときに使えるフレーズです。

Well, now let’s begin.

「よし、それじゃ始めようか」

と、会議やパーティーなどの開始の合図として使うことができます。

Well, then I’m going now.

「それじゃ、そろそろ行くね」

このように話を切り上げるときにも使うことができます。

 let me see

“you know”は言葉が出てこないときに「つなぎ」の役割を果たすと説明しましたが、この役割を果たす別のフレーズとして “let me see”があります。

言葉どおりに解釈すると「見せて」となりますが、そのように使いたい場合は “Let me see 〇〇.”と言います。

A.Can you take this quiz?

「このクイズわかる?」

B.Let me see...I think it’s maybe…

「ええっとね、たぶん思うに…」

seeと言えば「見る」と言う意味で広く知られていますが、「考える/理解する」と言う意味もあるので、このように会話のつなぎにも使えるということです。

I mean

「要はね」、「つまり」と言葉をより具体的に、正確に伝えたいときに使えるフレーズです。

I like this restaurant.I mean, the meals are great and it has good atmosphere.

「このレストランが好きなんだ。つまり、料理は美味しいし、雰囲気もいいんだよ」

このI meanは  “I mean to say(私が言おうとしているのは)” の省略形です。さらに、“you mean” を文頭に使えば、相手の言っていることの意味を確認することができます。

A.I like sushi and sashimi.

「寿司と刺身が好きなんだ」

B.You mean, you like raw fish?

「生魚が好きってこと?」

something

はっきりと指定せず、「~か何か」と言いたいときに使えるのが “something” です。

Do you have a pen or something?

「ペンか何か持ってない?」

この場合、はっきりとペンを持っているかどうか尋ねているわけではなく、「何か書くものない?」と尋ねたいということです。

A.Are you guys seeing each other?   

「君たち付き合ってるの?」

B.Something like that.   

「そんな感じかな」

このように “Something like that” と言えば、「そんな感じ」、「そんなところかな」と曖昧にしたりはぐらかしたりすることができます。

英語話者から見た日本人の“you know”

会話の中で「えー」や「あー」という言葉をよく使う日本人。

日本人の中にはこの癖をそのまま英会話に持ち込み、英語をしゃべっている最中にも「えー」や「あー」と言う人が少なからず存在します。これらは間を埋める言葉、音という意味のfiller wordsまたはfiller soundsと呼ばれ、英語話者によっては相手に侮りや違和感を覚えるようです。

英会話にはこのような目に見えないさまざまなルール、慣習が存在します。そうした点に目を向けると英会話の質はより一層高まるはずです。

 

【日常会話をよりスムーズに】

使える英語慣用句

日常会話が格段にスムーズ!ネイティブも御用達な “使える英語慣用句” 厳選13

September 27, 2016
これだけは覚えておきたいイディオム

日常会話に役立つ英語慣用句!これだけは覚えておきたい厳選13イディオム【第2弾】

June 7, 2015
もう一度聞き返すときの英語フレーズ

“Pardon?” ばかり言ってない? もう一度聞き返すときの英語フレーズ

July 7, 2014