英語での「営業」や「売り込み」に役立つ表現まとめ

プレゼンをする女性

新商品、新サービス等々、売り込みをかけるときは、できるだけシンプルかつ明瞭な言葉で相手に訴える必要があります。

英語で売り込もうとするなら、単に「商品について英語で説明できる」以上の表現力が必要ということです。

そこで今回は、英語でビジネスをする人を念頭に「営業や売り込みに役立つ英語表現」についてご紹介します!

Sales pitch(セールスピッチ)ってなに?

電話で売り込むをする男性

ところで、pitch(ピッチ)という英単語を知っていますか?

日本語だと「急ピッチで進める」「ピッチが速い」など、動作や作業のスピードについて語るときに使うことがありますね。

いろいろな意味があって掴みにくい言葉の一つですが、「売り込み文句」という意味も持っています。

You make a great sales pitch.
「売り込みが上手だね」
A phone sales pitch.
「電話でのセールストーク」

例えば、売り込むべき相手とエレベーターで一緒になったときのような短時間でアピールすることを意味する elevator pitch というスラングもありますよ。

It was a good opportunity for an elevator pitch.
「エレベーターピッチによいチャンスだった」

売り込みの手段としては、Eメールは営業の基本ですし、各種SNSも強力な売り込みツールとして活用されています。

  • Email pitch(メールでの営業)
  • Twitter pitch (ツイッターを使った売り込み)

メールであれば、本文が気になるようなタイトルを作れるテクニックが第一歩ですし、ツイッターであれば280文字(英語の場合)内で要旨を伝えられるようでなければなりません。

例えばアメリカなどでは、作家を目指している人が、自分の書いた本の要約を280文字以内で書き、出版社などがお気に入りのものを見つけるというツイッター上のコンテストが開催されたりもします。

ターゲットに向けて、いかに短くわかりやすい言葉で確実な売り込み文句が作れるかがカギとなるわけですが、メールのタイトルやツイートを作成することはそのうってつけのトレーニングになります!

Don't miss out on our summer promotion!
「夏のキャンペーンをお見逃しなく!」
How to increase your market share.
「いかにしてシェアを伸ばせるか」

ストレートにアピールするためには命令文の文体もよく使われます。

Buy one, get one free!
「1つ買うと、もう1つもらえる!」
Order now!
「今すぐ注文しよう!」

具体的にアピールするために数字を使うのも定番パターンです。ベストセラーの本にもよく使われている手ですよね。

5 simple ways to raise customer satisfaction.
「顧客満足率を上げるための5つのシンプルな方法」
7 ideas to reach potential customers.
「潜在顧客にリーチするための7つのアイディア」

英語での売り込みに使えるキーワードとフレーズ

電話セールスを行う女性

売り込みの際によく出て来る表現というのも存在します。うまく利用すれば簡単・確実です。

guarantee

「確実だ」「保証します」と太鼓判を押すときは guarantee を使います。

しかし、実際に保証できる場合以外は、避けた方が良い表現です。実際は保証できないのに保証できると言ってしまうと、もちろん虚偽広告のトラブルに巻き込まれるリスクもあります。

Our system is guaranteed to increase production efficiency by up to 30%.
「当社のシステムにより生産効率が最大30%上がるのは確実です」

proven

効果が「実証済みである」と説得するのに使います。

This feature has been proven to improve customer retention rates.
「この機能により、お客様の定着率が上がることが実証されています」

because / This is why

相手を説得するには、その根拠を説明する必要がありますね。英語では because(なぜなら)や This is why(という訳で)などを使います。

This item works because of its simplicity.
「このアイテムは、シンプルだからこそ効果があるのです」
This is why the new feature was introduced.
「そういう訳で、新機能が導入されたのです」

offer

製品を知ってもらうための無料トライアルや無料サンプルの提供、返品・返金を可能にするなど、さまざまな特典を「提供する」というには offer を使います。

We offer a full refund if you are not satisfied with our product.
「当社の商品に満足いただけないなら全額返金いたします」

I’d love to~

「ぜひ~したい」の意味でよく使う表現ですが、状況によっては「ぜひ~させてください」の意味で使うとしっくりきます。

I’d love to share more about our new product.
「当社の新製品について、ぜひ詳しく説明させてください」 

You might be interested 

積極的な売り込み文句に対し、「ご興味をお持ちになるのでは~」のような控えめなニュアンスで売り込むセリフです。

You might be interested to know how our service works.
「当社のサービスがどういう仕組みなのか、ご興味をお持ちになるのではないでしょうか」

online

近頃は何かとオンラインで済ませることが多くなりました。海外相手の商談であれば、なおさらです。

I’d love to set up an online meeting to learn more about your needs.
「貴社のニーズについて詳しく伺うためにオンライン会議を手配しましょうか?」

Online meeting, web conferencing, conference bridge など、「オンライン会議」の呼び方はたくさんあります。

以上、英語での売り込みで役立つ表現例を挙げてきました。

営業担当者を指して「セールスマン (salesman)」という言葉が長年広く使われてきましたが、最近は性別の枠にはめない言い方が支持されています。

性を区別せずに使うことができる salesperson、複数であれば salespeople という言葉がありますので、英語で売り込みをするときは頭に入れておくとよいでしょう。

まとめ

実は、営業で大事なのは言葉だけではありません。特に海外では、自分をどう見せるかを考えることは思いのほか重要になります。

余裕のある表情や堂々とした立ち居振る舞い、相手の目をまっすぐ見て話す、自信を持って握手をするなど、日本では後回しにされがちな事柄はすでに身に付いていることが前提です。

日頃から意識しておかなければできないことなので、売り込み方を考えるときは「自分自身の見せ方」も含めて自分のスタイルを作り上げて行きましょう!