社会人は時間がない?短時間でもできる英語の勉強方法をご紹介!

英語ができるというだけで、選べる仕事の幅が広がります。より多くの経験を積むチャンスも増えます。さらには収入面の増加も期待できるとあって、社会人になってから英語の重要性を実感したという人は多いです。

学生のうちは自ら求めなくても英語を学ぶ機会がたくさんありますが、社会に出たら自ら行動を起こさない限り、英語とは無縁の生活になりがちですよね。

社会人の忙しい日常で英語を学ぶのはハードルが高いと感じるかもしれませんが、そもそも、社会人が英語を学ぶのに学生時代のような勉強は必要ありません。

今回は、社会人だからこそできる英語の勉強スタイルについてご案内していきます!
 

社会人向けの英語の学習方法とは?

多くの人にとって、学生時代の英語学習の最大の目的は「テスト」だったのではないでしょうか。それに対し、社会人が英語を勉強しようとするのは、「実際に使うため」という人がほとんどなのではないかと思います。

テストのための英語と、使うための英語のように、求める英語のゴールが違えば、当然取り組み方も変わってくるものです。

また、集中的な勉強時間を確保できた学生時代と違い、社会人は学習に使える時間も細切れですよね。でも、これをハンデと捉える必要はありません。社会人には社会人ならではの勉強方法があるからです。
 

英語学習するにあたっての準備

オフィスでミーティングしている様子
勉強を開始するにあたって、明確にすべき点が3つあります。

  1. 目指したいゴールを設定する
  2. まずは、求めるゴールを設定する必要があります。どんな英語を身に付けたいかによってやり方が変わってくるからです。ビジネスで使いたい英語と、休暇の旅行先で使いたい英語は異なりますよね。

  3. 必要なスキルの順位考える
  4. 言語には「読む・書く・聞く・話す」の4つのスキルがありますが、必要なのはどれですか? 

    すべて均等に身に付けることができれば理想です。しかし例えば、ビジネスで英語を使うにしてもメールのやりとりが主なのであれば、「聞く・話す」の優先順位は下がるでしょう。

    逆に、実際に人と関わりながら英語を使うのであれば、「読む・書く」は後回しにするのが早道かもしれません。

  5. 自信を持つ!
  6. 義務教育で英語を学ぶことになっているので、多くの人にとって英語の勉強は初めてではないはずです。

    長年使わなかったため「思い出せない、自信もない」と感じるかもしれませんが、かつては継続的に取り組んでいたものです。

    「英語学習は初めてではない」のでぜひ自信を持ってください。あらためて英語に触れたら、思い出すことが意外とたくさんあると思いますよ!

 

いざ、英語学習を実践しよう!

勉強している女性
目指すところが決まったら、いよいよ具体的な取り組みに進みましょう。

筆者が考える効率的な実践方法を5つご紹介したいと思います。
 

限られた時間でできることを考える

英語の勉強にかける時間をまとめて取れなくても、それをデメリットではなく、そのぶん短時間で高い集中力を注げるメリットとして考えることができます。

社会人が英語を身に付けようとするときは、通勤時間やスキマ時間、何かをしながらの合間を積極的に活用するといいです。

その限られた時間のなかで、単語の学習や文法の見直し等、強化したい点・苦手な点にピンポイントで取り組みます。健康維持のため、スキマ時間に小さな筋トレをしようというアドバイスがありますが、英語も同じです!

DMM英会話ブログでは、スキマ時間を活用してできる英語の学習方法をご紹介している記事もあるので、よければ参考にしてみてくださいね。
 

アプリの力を借りる

世の中には英語学習をサポートしてくれるアプリがたくさん存在します。

単語の暗記を助けてくれるアプリから、発音学習や聞き取りトレーニングのアプリなど、初心者から上級者向けまでさまざまなレベルや目的に沿ったサポートが提供されています。スマートフォンを持っているなら使わない手はありません。

継続が大事と分かっていながらも、なかなか続けられないというのが、英語学習においての最大のネックです。そこを理解したうえで、続けたくなる工夫がちゃんと用意されていることも、アプリを使うメリットです。

たくさんあるなかで選択に困ったときは、見た目のデザインや使いやすさなど、感覚的な相性も考えて選ぶと良いでしょう。英語に慣れてきたら、英語で提供されているアプリも試してみては?

ちなみに、DMM英会話発の英語学習アプリ・ iKnow は1ヶ月間のお試し付きなので、どのアプリにしようかお悩みでしたら、まずは無料体験してみるのも一つの手です!

英語のリスニング練習用のアプリ発音練習用のアプリをご紹介している記事もありますよ! こちらも参考にすることをオススメします。
 

インターネットの力を借りる

実は、インターネットを検索するだけでも英語学習のコンテンツをたくさん見つけることができます。英語について知りたいことがあるときは、適切なキーワードで検索すれば即座に答えを見つけることができますよ!

カバーされているトピックは非常に多く、英語そのものについての疑問はもとより、学習方法に悩んだときもヒントになる情報が豊富に存在します。

なにかの記事を一つ読むと、興味をそそられるコンテンツが数珠つなぎに目に入ってくることでしょう。それらを気の向くままに読むだけでも、英語の知識が蓄積できます。
 

オンライン英会話で双方向の学習

覚えた英語は使えば使うほど定着します。そして、伝えたいことが通じれば勉強のモチベーションを上げることにもつながりますよね。

こんな良い循環を作りたいところですが、多くの場合、なかなか使う機会がないというのが悩みの1つかもしれません。

そんなときはオンライン英会話を利用する方法もあります。

インターネット越しに英会話講師のレッスンを受けるというもので、忙しい人でも自分の都合に合わせて英語を使う場を設けることができます。覚えた言葉を使ってみるチャンスでもあるので、実際に使ったものは忘れにくいのです。

また、レッスンは基本的に一対一なので、他の人の目も気にならないし、「今更聞きにくい」といった質問も気兼ねなくできるのもメリットですね。

DMM英会話でしたら、希望するレッスンの回数などに応じてさまざまなプランがあります。無料体験もあるので、どんな感じか最初に試してみることもオススメです!
 

デバイスの言語設定を英語にしてみる

英語の感覚に慣れてきたら、携帯電話やメールソフトの使用言語を英語に設定してみるのもオススメです。

文字が違うと、見慣れているはずの画面の見た目がガラッと変わるため、一瞬不安を感じるかもしれません。しかし使い慣れた機能やデバイスであれば、右も左も分からないということはないでしょう。

海外に行ったらすべてが英語なのですから、こんな疑似体験で英語環境に慣れてみるというのも良いアイディアだと思いますよ!
 

まとめ

社会人が英語を勉強するコツは、いかに細切れ時間を活用できるかにかかっていると言っても過言ではありません。

ちょっとした時間だと軽く見てしまいがちですが、それを活かした人と活かさなかった人の差は非常に大きいことは、小さな筋トレを続けて来た人とそうでない人の違いを考えても想像がつくでしょう。

社会人の英語学習のコツは学生時代のものとはだいぶ違う点も興味深いですね。学生環境から遠のいても英語の上達は決して夢ではないのです!