英語音読にはメリットが5つ!その勉強方法と最強の教材3選

今回は英語音読のすすめです。

英語の勉強を頭の中で済ませてしまう方、結構いませんか? 話し相手を想定したスピーキングの練習はしても、「音読」を取り入れている人は少数派かもしれません。

でも、試しに英文の音読をしてみたら分かると思いますよ。音読からこそ得られる学びがいろいろあることに。

この記事では、英語を音読するメリットや音読を英語学習に活かす方法、おすすめの教材などをご紹介していきます!
 

英語の音読とそのメリットとは?

英語の音読とそのメリットとは?

まずは、英語学習における音読のメリットを知ることから始めましょう。

メリット1.英文の区切りを認識する習慣付けになる

たとえば、日本語の文章を音読するときを考えてみてください。話の途中、好き勝手な場所で息継ぎをするわけではありませんよね。

文脈中の区切りの良い場所で息継ぎをするのが普通です。黙読と違い、音読だと息継ぎの場所を身をもって意識することになります。

文章を理解するには文の区切りを正確に認識できることが不可欠ですが、音読でその習慣を作ることができます。それは長文を読み解くときに役立ちます。
 

メリット2.英語を話す口を作る練習になる

発音が日本語とは違うため、音読してみると口回りの筋肉の使い方が違うことに気付くでしょう。

口の開け方が違うということは、そこから出て来る音も違います。音読は、発音に注意する良い機会になります。
 

メリット3.英文ならではの構成が身に付く

日本語は、文末まで行ってやっと結論が分かるのに対し、英語は先に結論が来ます。このような、英語ならではの文の作りが感覚的に身に付いてきます。

音読習慣によって英語の文章構成に慣れると、英文を作るときの助けになります。
 

メリット4.英語表現の知識と口の動きがつながる

口と耳を使って覚えた言葉や表現は、似たような状況に遭遇したとき、自然に思い浮かぶ・口に出て来るという経験をいずれすることになるでしょう。
 

メリット5.読み方があやふやな単語をチェックする機会になる

黙読だと、意味が分かれば単語の発音があやふやでも見逃してしまいがちです。でも、音読では読み方に不安があると先に進めません。

音読をすれば、そういった単語の洗い出しができます。単語だけを抜き出して覚えるより、前後の文章の中で覚えた方が正しいニュアンスをマスターできます。
 

英語の音読勉強方法

英語の音読勉強方法
音読のメリットが分かったところで、それを英語学習に活かすためのポイントを見ていきましょう。
 

  1. 文章をどこで区切るかを意識しながら読む
  2. 音読するときは、文章の区切りに注意しながら読みます。区切り方はこんな感じです。

    Many US companies/ have been strengthening/ their Covid-19 rules,/ mandating vaccination and delaying back-to-office plans/ as the Omicron variant increases infections/ across the country.

    「多くのアメリカの企業は/強化している/コロナ対策を/ワクチンの義務化や職場復帰を遅らせ/オミクロン株による感染が増えているため/全国で」

    出典:Apple to require employee proof of Covid-19 booster-2022年1月16日CNN

    そして、まとまりごとに意味を把握しながら読み進めます。

    語順のパターンにも次第に慣れてくるでしょう。書く・話すといったアウトプットのときに必要なことです。
     

  3. 発音のときの口の動かし方を意識する
  4. テレビで人が話すのを注意して見ると気付くと思います。日本語は、口をあまり開けなくても話せてしまうんです。

    でも、英語を話している人を見てみてください。誰もが口を縦横に大きく動かしながら話していますよ。

    口の開き方によって出てくる音が変わってくることを考えると、英語らしい発音をするには、日本語を話すときのように小さな口の動きではいけないということがよく分かります。

    できれば自分の音読を録音してみてください。癖や弱点が分かったら集中トレーニングをしましょう。口周りの筋肉に動きを覚えさせるつもりで音読します。
     

  5. 使える表現は口と耳で重点記憶
  6. 使えるなと思ったフレーズなどは、セリフだと思って音読し、記憶させましょう。

    先に音声を聞いて、すぐに真似して繰り返すやり方が有効です。発音・リズム・抑揚など丸ごとコピーするようにします。そうすると、いざというときにその表現が頭に浮かんでくるようになります。

    また、読み方に自信のない単語はこの時点で確認しておきましょう。間違って覚えていては、いざというときに役立ちませんね。

 

英語音読に関するおすすめ記事

英文音読への取り組み方は人それぞれ。ほかの視点やコツも知りたいという方は、次のような記事もご覧ください。

俳優や女優になりきり英語学習!音読をするときのポイントとは?

June 9, 2015

→英文を音読することの具体的な効果が分かりやすく書かれています。とにかく、やってみようという気になると思いますよ!

確実に英語の「発音力」を鍛える2種類の音読方法【英語音読トレーニング vol.1】

August 23, 2019
サイトトランスレーション

英語感覚を養う音読練習法「サイトトランスレーション」とは【英語音読トレーニング vol.2】

September 4, 2019
感情を意識した3つの総合的な訓練方法

英語音読の総仕上げ!「感情」を意識した3つの総合的な訓練方法【英語音読トレーニング vol.3】

October 2, 2019

→こちらの記事では、3部に分けて音読のやり方が事細かに解説されています。音読にガッチリと取り組みたい方は、こちらの手順も参考になるでしょう。
 

英語の音読におすすめの教材

おすすめの教材

英文が書かれたものなら何でも音読の教材になります。

でも、できれば模範となる音源がある教材をお勧めします。音声CD付きの本などもありますね。

話し手が映っている動画なら話す様子も分かります。ここでは3つのおすすめをご紹介しますね。
 

TED

さまざまなテーマで行われるスピーチを集めたサイトです。

とにかくトピックが豊富なので、興味のあるものを見つけることができるでしょう。短いものだと数分からあるので、時間の都合や学習レベルに合わせて選べます。

インターネットですぐさま無料視聴できるうえ、英語学習に欲しい機能がたくさんあるので活用しない手はありません。

音読目的なら、話し手の様子を見ながら英語字幕を読む方法と、全文スクリプト表示で集中的に文章を追う方法の2通りに使えます。

スピードも6段階で変えられるので、気になる発音を分析することもできますよ。

URL: https://www.ted.com/
 

Speaking Cartoon

子供向けのアニメですが、あなどるなかれ。セリフには基本的な会話フレーズがたっぷり入っています。

ゆっくりで分かりやすい発音なので、英語を丁寧に身につけていきたい初心者に向いています。

簡単な文章を読むだけでも、黙読と音読ではまったく別の能力が刺激されることに気付くと思います。

カラオケの歌詞のように、どこが発音されているかわかるようになっているので、それを目安に追いかけて練習してみましょう。

URL: https://www.youtube.com/watch?v=FdlLsxR5AE0
 

The Magic Key

パソコンや携帯電話の画面ではなく、ちゃんと本に向き合って音読をしたかったら、絵本はいかがでしょう?

子供たちが体験するさまざまな日常経験や冒険が描かれたオックスフォード大学出版局による絵本シリーズで、イギリスの学校では定番の教材です。


日本語で言うと、私たちは日常では「かまど」や「やまんば」などの言葉を見聞きしませんが、絵本を読んで育った人なら誰でも知っていますよね。

同様に、wheelbarrow「手押し車」や barn「納屋」などの単語は、大人になって英語を勉強する身ではなかなか知る機会がありません。でも、英語で育った人なら誰でも知っています。この絵本シリーズを読むと、そんな言葉に出会えるんです。

いつもとはちょっと違う英語の世界を感じると思いますよ。

 

英語の音読に適した教材で勉強しよう

英語の学習方法はいろいろありますが、音読もまた1つの有効な手段です。

どんな英文も教材になり、すぐに始められるので、ぜひ挑戦してみていただきたいと思います。スムーズに黙読できる人でも、音読だと勝手が違うことがよく分かると思います。

音読に慣れてきたら、サンプル音声を繰り返す「リピーティング」や、サンプル音声を聞きながら同時に追いかけていく「シャドウィング」などのトレーニングも試してみてください。