実はそこまで難しくない!walk と work の正しい発音の仕方

突然ですが、次の単語をみなさんはなんと読みますか?

walk 

これは簡単ですよね。「歩く」という意味の単語・ウォークですね。

では、次の単語はどうでしょう?

work

これも簡単かと思います。「仕事」という意味の単語・ワークですよね。

こうやって見分けられるのも、カタカナで読み方に区別をつけているから。しかし、よりネイティブに近い発音だと、区別をつけるのはなかなか難しいと感じるかもしれません。

そこで今回は、「歩く」を意味する walk と「仕事」を意味する work の発音方法のコツをご紹介します。

walk の発音の仕方

まずは、「歩く」という意味の単語・walk の発音方法について見ていきましょう。

w は「ウ」という発音で問題ありません。次の alk の部分が重要になります。

ジブリ映画「千と千尋の神隠し」に登場する、カオナシの声を思い浮かべてください。カオナシが話すときはいつも「お」に近い「あ」で声を出していますよね。その「お」に近い「あ」の音を伸ばして、最後に k の音を付け加えるだけで大丈夫です。

ここにきて、「walk の l (エル)の部分の発音はどうなるの?」と思う方がたくさんいるかもしれませんが、この単語の場合、l の音は無音になるのです。

何かに驚いたときに「わあー!」と言うことがありますよね。発音はこれと同じです。最後に k をつければ良いだけです!

それでは、ここでネイティブの発音を聞いてみましょう!

work の発音の仕方

続いては、「仕事」という意味を持つ単語・work の発音方法について見ていきましょう。

こちらも、w は「ウ」のままですが、残りの ork は文字通りの発音ではないので、もう少し詳しく分析していきます。

ork の部分は、「エ」と発音しながら舌を上に巻いて上顎にくっつけて、最後に k の音を発音します。

ここで再びネイティブの発音を聞いてみましょう!

ここでご紹介した方法でも難しいという方は、以下を試してみましょう。

were という単語がありますが、その were に k の音を最後にくっつけるような感覚で発音してみてください。

以下の文章を何度も読み上げて口の動かし方を慣れさせましょう。

They were working.

「彼らは働いていた」

聞き分けテスト

では、発音の仕方がわかったところで、次は聞き分けテストをしてみましょう。

音声を3つ用意しているので、それぞれの文章に使われているのは walk なのか、work なのかを聞き分けてみてください!

walk だと思う方は A、work だと思う方は B とお答えください。

正解は一番最後に発表します。

【1】

【2】

【3】

walk と work を正しく発音してみよう!

いかがでしたか?

英単語の発音というのは、文字通りの音とは限らないこともあるので、ぜひ覚えておきましょう!

そして、ここで聞き分けテストの正解発表です。

.
.
.
.
【1】B(work)

How long have you been working?

「どのくらい働いているのですか?」

【2】A(walk)

We were walking when we heard the large noise.

「大きな音が聞こえたとき、私たちは歩いていました」

【3】B と A(work/walk)

I saw you working when I was walking in the park.

「公園を歩いていたら、あなたが働いているのを見かけました」

最後の問題だけ引っ掛け問題を出題しました! 2つとも出るとは、まさか予想しませんでしたね!

今回は walk と work にフォーカスしましたが、DMM英会話ブログでは他にも発音関連の記事を取り上げていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。