DMM英会話 ブログ 英語を学ぼう

What's Up?ってよく聞くけど…何?使い方と適切な返答方法を徹底解説!

What's Up?ってよく聞くけど…何?使い方と適切な返答方法を徹底解説!
What's up?

英語圏の友人がいたり、海外のテレビや映画を見たりする人なら、この表現を聞いたことがあるのではないでしょうか。

質問のように聞こえるかもしれませんが、この表現はたいていの場合、友人同士のカジュアルな挨拶として使われます。

しかし、実はこの表現は状況によっては単なる挨拶ではなく、答えが必要な本当の質問になることもありえるということは知っていましたか?

今回は、この表現が使われる2つの主な場面・状況を説明し、対応の仕方について紹介します。会話のなかでこの表現をスマートに使うことができるように、準備していきましょう!

What’s Up? の基本的な意味

まずはこの表現の基本的な意味を詳しく見てみましょう。

挨拶としての What’s up?

冒頭で述べたように、What's up? は友人同士の挨拶としてよく使われます。Hi! や Hey! と同じように使うことが多いでしょう。同じように How're you doing? という表現もよく使われます。

この使い方は実際の質問ではないので、ほとんどの人は答えを期待していません。実際、メッセージのやりとりの際は、クエスチョンマークを付けないこともあります!

What's up, everyone!
「やあ、みなさん!」

挨拶以外での使われ方をする場面

What’s up? を挨拶ではなく、質問として使う場合もあります。

例えば、何か珍しいこと、驚くようなことが起こった場合に、情報が必要なときにこの表現を使います。

I heard you and Jay had an argument. What's up?
「あなたとジェイが言い争ったって聞いたわ。どうしたの?」
What's up? I heard a strange sound coming from your room.
「どうしたの? 君の部屋から変な音が聞こえたんだけど」
You've been coming into work late every day this week. What's up?
「今週は毎日遅く出勤しているね。何かあったのか?」

この使い方もかなりカジュアルなので、親しい間柄の人にだけ使うことに注意したほうがいいかもしれません。

What’s up? に対する返答フレーズ集

さて、What's up の意味がわかったところで、何と返答すればいいのでしょうか。

挨拶としての What’s up? への返答

一般的な返答方法はいくつかあります。会話相手が単に挨拶で言っているだけであれば、Hi! への返答と同じように、相手にも What's up? と返答して大丈夫です。

Mary
What's up?
「やあ!」
Kate
What's up! How've you been?
「やあ! 元気だった?」

挨拶以外の What’s up? への返答

相手が質問として What’s up? と聞いてきて、答えを期待しているような場合、素早く答える方法はたくさんあります。状況に応じて、次のような表現が使えます。

Never better. / (I'm doing) great.「絶好調です」

これらの表現は、とても気分がいいときに使いましょう。

I'm OK/fine/good.「元気だよ」

これは中立的な返答で、肯定的にも否定的にも使うことができます。声のトーンや表情を変えることによって、元気だという意味にも、実は何か悩んでいるという意味にも変えられます。

Same ol' same ol'.「いつもと同じです」

これは the same old thing の省略形です。前回会ったときから何も変わっていないことを伝えたいときに使えます。このリストのなかで最も中立的な回答かもしれません。

So-so.「まあまあかな」

これは、何かが素晴らしくはないけれど、悪くもないことを言う一般的でカジュアルな表現です。しかし、実際には何かが間違っているときや問題があるときに使われることが多いでしょう。So-so. と言うときには、手で特定のジェスチャーをすることが多いです。

Under the weather.「体調が悪い、体調が優れない」

この表現は、特に体調が悪いときに使う表現です。一般的には、風邪のような軽い病気に使うもので、重い病気や怪我には使いません。

I've been better. / Not great. / Not so good.「あまり調子が良くない」

このような返答は通常、抱えている問題の説明の前に出てくる表現なので、会話の相手と親しい関係にある場合にのみ使うのがベストです。

相手のことをよく知らない場合、相手はあなたが oversharing(自分の個人情報を話しすぎることを意味するスラング)していると感じるかもしれません。

What’s up? の代わりに使える表現

What's up? と似た意味を持つ表現がいくつかあるので、紹介します。

  • What's going on?
  • What's happening?
  • What's the deal?
  • What's going down?
  • What's crackin'/poppin'?
  • Whaddup?(メッセージのやりとりで使われることが多いです。)

最初の2つはどのような状況でも使えますが、他の表現は非常にカジュアルな表現なので、フォーマルな場にはふさわしくありません。使う場面には注意が必要です。

What’s up? を使いこなして会話を楽しもう!

会話を楽しむ前に、まず会話を始めなければなりませんね。

多くの場合、カジュアルなおしゃべりはこのような短いフレンドリーな挨拶から始まります。

相手があなたの様子について本当に答えを必要として質問しているのかどうかは、状況から理解できるはずです。

今回の記事を参考にして、相手がどのような使い方をしていても、さまざまな返答ができるようにしておきましょう。そして忘れてはならないのは、これらの表現を使って自分から会話を始めることもできるということです!

みなさんも今回の表現集を参考に、自分から楽しい会話を始めてみてはいかがでしょうか。

Written by David J

Adapted by Amy