0120-03-6761

10:00〜20:00 ※土日祝11:00〜18:00

DMM留学ブログ

フィリピンの生活費が安いってホント?留学3カ月分の総費用を解説!

スズキ ノリカ

スズキ ノリカ

欧米諸国と比較して、圧倒的に費用が安いと言われるフィリピン留学。では、実際にかかる具体的な金額はいくらなのでしょうか? 今回はフィリピン留学にかかる総費用から、生活費や航空券、学費などの内訳を出し、フィリピン留学をより現実的に検討してもらえるような情報をお届けしていきます。

フィリピン留学3カ月分の総費用

さっそくですが、3カ月フィリピン留学にいった場合の総費用は、高く見積もっておよそ80万円です。今回は、「1人部屋で、マンツーマンレッスン8コマ、ホテル滞在型で食事はナシ」というフィリピン留学の中でも極めてラグジュアリーなコースを選んだ方を想定したため、相場よりも高くなっています。

一つひとつの内訳を見ていくと、削れる部分もあるかと思いますので、その内訳を「日本にいる間に支払うもの」と「現地でかかるもの」の2つに分けて見ていきましょう。

日本にいる間に支払うもの

日本にいる間に支払うものは、「入学金」「授業料」「海外送金手数料」など、主に学校の授業にまつわる料金です。そのほか、「航空券」や「海外旅行保険」などの渡航にまつわる費用が日本にいる間に支払うものに相当します。

かかるもの 金額目安
入学金 15,000円
授業料 640,000円程度
海外送金手数料 3,000円
航空券(往復) 50,000円前後
海外旅行保険 16,000円程度

現地でかかるもの

一般的に現地で支払うものと言われているのは、「教材費」「空港送迎」「電気代・水道代・ネット代」「SSP」「VISA延長手続き」「ACR-Iカード(60日以上)」といったものです。主に手続きにまつわる支払いが多く、期間を変えずに節約をするのは難しいと言えそうです。

かかるもの 金額目安
教材費 2,000円
空港送迎 1,300円
電気代・水道代・ネット代 14,400円(1,200円/週)
SSP(特別滞在許可証) 15,000円
VISA延長手続き 7,500円
ACR-Iカード(60日以上) 7,500円
合計 47,700円程度

その他

それ以外の出費としては、食費やお小遣いなどがあります。今回は食事が付いていない学校のプランを想定しているため食費がこれだけかかっていますが、プラン次第ではもう少し節約することができるかもしれません。

かかるもの 金額目安
食費 75,000円(25,000円/月)
お小遣い 約40,000円(飲み代や買い物代)
合計 47,500円程度

ちなみに、1カ月の場合と2カ月の場合は以下のような内訳になります。

1カ月の場合

かかるもの 金額目安
入学金 15,000円
授業料 210,000円程度
海外送金手数料 3,000円
航空券(往復) 50,000円前後
海外旅行保険 16,000円程度
教材費 2,000円
空港送迎 1,300円
電気代・水道代・ネット代 4,800円(1,200円/週)
SSP(特別滞在許可証) 15,000円
VISA延長手続き 0円※1カ月の場合は不要
ACR-Iカード(60日以上) 0円※60日未満の場合は不要
食費 25,000円/月
お小遣い 約1万円(飲み代や買い物代)
合計 352,100円程度

2カ月の場合

かかるもの 金額目安
入学金 15,000円
授業料 420,000円程度
海外送金手数料 3,000円
航空券(往復) 50,000円前後
海外旅行保険 16,000円程度
教材費 2,000円
空港送迎 1,300円
電気代・水道代・ネット代 9,600円(1,200円/週)
SSP(特別滞在許可証) 15,000円
VISA延長手続き 7,500円※滞在が59日以内であれば申請不要
ACR-Iカード(60日以上) 7,500円※滞在が59日以内であれば申請不要
食費 50,000円(25,000円/月)
お小遣い 約3万円(飲み代や買い物代)
合計 611,900円程度

こちらはかなり高級なプランでシミュレーションしてしまいましたが、部屋を複数人でシェアしたり、グループレッスンの割合を大きくしたりすることで、授業料の値段はかなり抑えられます。安いところでは、寮費を含めた1カ月あたりの授業料が10万円を切るところも多いので、上記の試算よりも7~10万円ずつ安くなることもあります。ただし、学費は授業の質に比例することも多いので、その辺りは厳密に見極めることが重要です。

それ以外にフィリピンの物価で参考になるもの


参考までにフィリピン留学1~3カ月分の食費やお小遣いについて書きましたが、食事込みのプランであれば、ほとんどお金を使う機会がないのが実情です。お小遣いは、ショッピングモールにでかけたり、レストランで外食したり、カフェで勉強したりすることに使うことが多いと言われています。DMM留学カウンセラーによれば、1ヶ月あたり10,000円から15,000円程度が生活費の相場なのだそう。ただし、週末ごとにリゾートや旅行を楽しまれる方は、1ヶ月に30,000円から50,000円程度の出費となっており、個々人によって開きがあります。

おわりに


フィリピン留学3カ月分の総費用とその内訳を解説しました。ご自身の留学におけるプライオリティを整理しつつ、費用を抑えられるポイントに関してはしっかり吟味して、無駄のないフィリピン留学ライフを送ってみてくださいね。

この記事を書いた人

スズキ ノリカ

スズキ ノリカ

DMM留学ブログトップ