DMM留学ブログ

フィリピン留学後の就職先や進学先は?留学後の進路を紹介

taku

taku

「フィリピン留学後は現地で就職できる?」「留学後に大学進学するには?」など、留学後の就職や進学に関する疑問は多いと思います。

社会人の場合、留学後はワーキングホリデーを利用して海外で働く、日本に帰国して国内就職するといった進路があります。学生の場合、日本の大学に進学、もしくは海外の大学に進学する方が多いです。

留学で英語を学んだ後、どういった進路があるか知っておくことで、自分に合った道を選ぶことができます。今回は、フィリピン留学後の就職や進学について紹介します。

留学後の就職先(社会人の場合)

ワーキングホリデー

ワーキングホリデーは、1年間の海外滞在と就労ができる制度です。フィリピンの留学後、海外でアルバイトをしながら現地の文化を体験できるため「フィリピン以外の国で働いてみたい」という方にオススメです。

ワーキングホリデーを利用すれば、フィリピンの語学学校で学んだ英語を実際の仕事でどれだけ活かせるか実感でき、仕事で英語を使うことで更に英語力アップが期待できます。

滞在期間1年間という制限があるので、期間終了後は海外で就職するか、日本で再就職先を探すか選択できます。実際に海外で働いて、海外就職が自分に合っているか確認できるのもワーキングホリデーのメリットです。

海外で就職

フィリピンで学んだ英語を活かして、海外で働きたいという方は多いと思います。海外就職は、ビジネス英語を身に付けられる、若い人でも仕事の成果を評価されやすいのがメリットです。

海外の働き口はなかなか見つからないこともありますが、日本人の海外就職を支援する「海外就職エージェント」を利用すれば海外就職の相談が可能です。自分に合った仕事や、インターネットでは見つからない仕事を紹介してくれます。

「海外で働けるほど英語力に自信がない」という方は、日系企業の海外従業員募集に応募してみるのも一つの手段です。日系企業は「履歴書は日本語でも可能」など、初めて海外就職する方でも安心して応募できます。

現在、英語を公用語としている国は世界で約80カ国あります。シンガポール、タイ、マレーシアなどのアジア諸国では日本人の人材需要が高く、英語を活かした仕事を探しやすいです。

日本国内で就職

フィリピン留学後、日本に戻ってきて就職先を探す方も多いです。就職活動の際には、英語を話せることをアピールできるため、選考で有利になります。

また、企業によっては採用の際にTOEICスコア600点~700点以上が求められたり、昇進条件として英語力が必要だったりします。一度学んだ英語は無駄になることはなく、日本国内に就職した場合でも活かせる場面は多いでしょう。

「国内就職でも英語を活かしたい」という方は、英語力が必要になる下記の職種で就職先を探してみましょう。

起業・フリーランス

留学後、日本もしくは海外で起業したりフリーランスとして生活したりする選択肢もあります。収入が安定しないビジネスのスタートアップ時には、物価が安く生活費があまりかからないフィリピンでフリーランスとして活動する方もいます。

特に下記の職業は、前職のスキルを活かしてフリーランスとして活動する方は多いです。また、語学学校で仲良くなった人と一緒に会社を立ち上げ、新しいビジネスを始める方もいます。

留学後の就職支援

語学学校、留学エージェントによっては、留学後の就職活動をサポートしてくれるところがあります。留学後に就職先が見つかるか不安な方は、就職支援があるか問い合わせてみましょう。

留学エージェントに就職支援がない場合、海外就職の項目でも紹介した「海外就職エージェント」を利用すると良いでしょう。

また、留学期間が終了後、在学していた語学学校に就職する方もいます。日本からフィリピンへの留学者は年々増加しており、日本人従業員を募集している語学学校も少なくありません。語学学校で働いてみたい方は、スタッフを募集しているか確認してみましょう。

留学後の進路(学生の場合)

海外の大学に進学

語学留学の後にフィリピンや海外の大学に進学する場合、英語の授業を受けられるだけの英語力が必要です。必要な英語力は国や大学によって異なり、一定以上のTOEFLスコアが求められたり、成績証明書が必要になったりします。

海外の大学は、日本の大学と違って課題の提出物が多かったり、試験の追試がなかったりするため、卒業の難易度が高め。「入学条件を満たしているから入学する」のではなく、「自身の学力で大学を卒業できる」ことを基準に大学を選びましょう。

また、海外の大学は、日本の大学と入学時期が異なるため注意が必要です。フィリピンの大学の場合は入学時期が6月、アメリカの大学の場合は入学時期が1月と9月となっています。海外の大学に進学したい方は、大学の入学時期を考慮した上で、フィリピンの留学期間を決めると良いでしょう。

日本の大学に進学

フィリピン留学後、日本に帰国して日本の大学に進学するという選択肢があります。日本の高校を卒業した方は、英語を学んだ経験を活かせる大学や学部に進学するのも良いでしょう。

1年以上の長期間、フィリピンへ高校留学していた方でも、中学校もしくは高校の卒業資格があれば日本の大学に進学できます。しかし、日本とフィリピンでは教育内容に違いがあるため、一般入試で受験に合格することは難しいです。

高校留学で日本に帰って来た方は、日本以外の教育を受けた帰国生向けに実施されている「帰国生入試」、大学が求める学生像や適正を重視して選考される「AO入試」など、一般入試以外の方法で進学することをオススメします。

まとめ

社会人の場合、国内就職か海外就職、どちらにするか留学前や留学中に考えておきましょう。将来のビジョンを明確にすることで、英語学習にもやる気が出ます。

学生の場合、国内大学、海外大学、就職の選択肢があります。大学に進学する場合は、希望する大学の入学時期、入試試験の種類を早めに確認しておくことが大切です。将来の働き方、希望する職種などに合わせて、進路は慎重に選びましょう。

この記事を書いた人

taku

taku

DMM留学ブログトップ