DMM留学ブログ

ベストシーズンは冬?フィリピンの気候と冬の服装、冬のおすすめイベントについて

ちえ

ちえ

フィリピンといえば常夏のイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?年間を通して温暖なフィリピンですが、季節によって気候に変化があり、冬にあたる時期もあります。また、都市によっても気候が異なります。
この記事では「フィリピンの気候と季節の基本情報」や「冬のフィリピンでの服装」、「フィリピンの冬のおすすめイベント」などを紹介します。

フィリピンの気候と季節の基本情報

熱帯性気候に属したフィリピンは、平均気温が26~27℃と年間を通して暖かい気候です。年間を通して日本ほど大きな気温の変化はありませんが、多少冷え込む時期もあります。

フィリピンの乾季と雨季

フィリピンの季節は乾季と雨季に分かれています。南北に細長く緯度は15度以上に広がり、標高の高い山々も多いことから、島や地域ごとに乾季と雨季の時期も微妙に異なりますが、大まかに言うと雨季は6月~11月ごろ、乾季は12月~5月ごろです。

雨季になると毎日のように雨が降ります。すると排水設備があまり整っていない町の道路などでは巨大な水たまりや川ができ、土砂崩れや洪水、交通機関のまひ、停電などが発生しています。この時期にフィリピンへ行く人は充分注意してください。

フィリピンと言えば台風を思い浮かべる人も多いと思います。9月~10月頃にはフィリピン近海で多くの台風が発生し、マニラがその通り道になることがあります。一方、南部にあるセブはそれほど台風が多くないエリアです。

フィリピンの一番暑い時期

一番暑い時期は3月~5月頃です。気温が30℃以上を記録する日が続くのに加えて、乾季で雨が少ないので、日中太陽の下にいると特に暑さを感じます。

フィリピンの一番寒い時期

一番寒い時期は12月~1月頃です。一番寒い時期と言っても気温は最低でも23℃程度ですが、朝晩は肌寒さを感じます。この時期がフィリピンで言う冬にあたるでしょう。また、首都マニラのあるルソン島北部の山間部は年間を通して涼しい気候なので、12月~1月になるとかなり冷え込みます。

冬のフィリピンの服装について

では、冬の時期(12月~1月頃)の服装はどうしたらいいのでしょうか?フィリピンの冬は日本とはだいぶ違う気候なので服装選びに迷うかもしれません。地域ごとに説明していきます。

首都マニラ

フィリピンの首都マニラ。正式な首都名は「メトロ・マニラ」です。年間を通して気温が高く、年平均気温は26℃~27℃ほど。特に都市部ではコンクリートの照り返しがきついので、体感温度はもっと高く感じられるかもしれません。一番寒くなる冬の時期、12月~1月頃でも平均気温は25℃ほど。

冬でも日中はTシャツ、短パンで過ごせるような気候の日が多いですが、朝晩はやはり冷え込みます。また、冷房が寒く感じられる場所があることや、紫外線対策を考えると何かはおれる上着は持っていた方がよいでしょう。薄手のものと厚手のもの2タイプ持って行くと安心です。

セブ島

セブ島には一年を通して明確な雨季がありません。温暖で過ごしやすい南国リゾートです。平均気温は26~27℃、一年中半袖で過ごせます。ですが、やはり冷房対策と紫外線対策のため上着は必要です。ビーチで過ごすときも直射日光を防ぐため、はおるものがあった方がいいでしょう。

ルソン島北部の山間部(バギオ、バナウェなど)

フィリピンで最も山深いエリアがルソン島北部。その中央に位置するコルディレラ地方は2000m級の山々が連なっています。ルソン島北部のエリア内でも、特に人気の観光地であるバギオとバナウェに行く時の服装について説明します。

バギオ

標高1500m。つづら折りの山道を登った先に姿を現す、まるで天空都市のような場所です。以前、フィリピン政府はマニラが最も暑くなる季節にはバギオに政府機能を移していたことから「夏の首都」と呼ばれています。年間を通して平均気温は15~23℃くらい。最も暑い時期の4月ごろには気温が30℃を上回ることもありますが、山間部のため体感的には比較的涼しく感じるでしょう。

日中はTシャツでも大丈夫ですが、寒さに備えて、はおれるカーディガンやパーカーなどがあった方がよさそうです。朝晩は冷え込むため長袖長ズボンが必要です。宿泊先によっては暖房が効かなかったり、寝具が薄手で寒い思いをしたりすることもあるかもしれません。冷え込む夜に備えてフリースや防寒用下着を用意しておくとよいでしょう。

バナウェ

世界遺産に登録されている見事な棚田群がある場所です。「天国への階段」とも呼ばれる棚田の景観はどこか神秘的。この棚田群は、約2000年前にイフガオ族が神への捧げものとして造ったという神話があります。

一年で最も冷え込む冬の時期(12月~2月)の気温は10℃前後。10℃と言えば東京の真冬の最高気温くらいなので、しっかり防寒対策をして行きましょう。長袖長ズボンとフリース素材などの防寒着があるとよさそうです。防寒用下着なども用意しておき、気温に応じて上着を着脱して調節しましょう。

冬はフィリピン観光のベストシーズン

ご紹介してきたように、フィリピンの冬は、冬と言っても日本のようにぐっと冷え込むわけではありません。むしろ乾季で台風も少ないため、洪水での浸水被害などを気にせず過ごせて日中も暑すぎないため、観光にはベストシーズンと言えるかもしれません。
また、12月、1月はフィリピン各地で伝統的なイベントが開催されています。最後に、冬の時期のフィリピン各地のおすすめのイベントをご紹介します。過ごしやすい季節なので、真夏よりイベントを快適に楽しめるでしょう。

シヌログ(セブ島)

毎年1月の第3日曜日に開催されるセブ島を代表する祭りで、サントニーニョというキリストの子供時代を模した人形をたたえます。フィリピン国内だけでなく海外からも人が集まる大規模な祭りで、多くのダンサーが華やかな衣装を身につけて踊るグランドパレードは圧巻。

ランタン・フェスティバル(パンパンガ州サンフェルナンド)

毎年クリスマス間近になると、巨大なランタンが街中を華やかに彩り始めます。そして12月24日のクリスマス当日には、ランタンをトラクターやトラックに乗せて街中をパレードし、至る所に露店が立ち並びます。幻想的なフィリピンのクリスマスの夜です。

ディナギャン(パナイ島イロイロ)

キリストをたたえ、祈りを捧げるお祭りで、毎年1月の第4週の週末に開催されます。1968年にセブ島から持ち込まれました。全身を真っ黒に塗り原色鮮やかな衣装を身にまとって、一日中陽気に踊ります。

【おまけ】フィリピンのクリスマス

フィリピンの冬の行事として忘れてはいけないのがクリスマス。キリスト教徒が多いフィリピンでは、12月後半ともなると実家に帰る人や旅行に出かける人で交通機関は満席、ビーチリゾートは大混雑、といった状況になります。また、クリスマス期間は休業となるレストランやショッピングモールも多いので、この時期の滞在を考えている人は注意してください。

この記事を書いた人

ちえ

ちえ

フリーライター。観光や調査系記事を中心に、Web/紙媒体で撮影・執筆しています。

DMM留学ブログトップ