PROLOGUE

英語力に自信がないことは、全く気にせず留学をしていいと思います。語学学校に集まってくる人はみんな英語を勉強しに来ているので、レベルの差は違えど同じ条件なんですよ。集まったメンバーでお互い上達し合えるようにサポートしていけたらいいのではないでしょうか。
なによりも、留学をすると日本では体験できないことが体験できますし、英語も上達しますし、いい経験になると思います。あと、僕の場合は日本に住んでいるとき日本のことを調べたりしませんでしたが、最近調べるようになりました。というのも、外国人の友人たちに日本について質問されることが増えたんです。自分の出身である日本について見つめ直す機会にもなりますよ。

今回大学生留学をされた方はこちら!

タカアキ

タカアキ

1996年生まれの大学生で、英語の教員免許をとるコースを受講しているタカアキです。

1年間大学を休学をして2017年9月9日から英語留学のためにマルタに来ました。帰国予定は2018年5月12日で約9ヶ月の留学予定です。高校の英語講師の免許を取得するために、英語力を伸ばしたいと考えて留学をしました。英検の一級を受験したいと考えているんです。あとスピーキングとリスニングの能力を伸ばしたいと思いました。もともと英語は学校の科目の中で一番得意でしたし、海外旅行をするにも海外に滞在するにも英語ができた方がいいので英語の勉強を続けているんですよ。ちなみに今まで行った国は東南アジアやヨーロッパを数カ国、オーストラリアです。小学校6年生から中学校2年生まで親の仕事の都合で3年間マレーシアに住んでいたことがあったので、海外は子どもの頃から身近ではありましたね。

続きを読む 閉じる

FLOW

どんな1日?「大学生留学 in マルタ」の過ごし方

  • STEP 01起床〜学校へ移動

    午前中から授業が始まる日と、午後から授業が始まる日があって、午前授業の日はだいたい8時〜8時半くらいに起きます。午後授業の日は午前中はほとんど寝ています(笑)。住んでいるところから学校まで歩いて10分ほどなので近くて便利です。

  • STEP 02授業を受ける

    授業が始まるのは月曜は午前9時半から、火曜と木曜は午前9時から、水曜と金曜は14時45分からです。以前は一般英語コースで、今はTOEIC・TOEFL対策コースを受講しています。教科書とかではなくTOEIC・TOEFLの問題を解いてその知識を深めたり、基礎知識の復習をしたりというのが主な内容です。ただ、話す時間も設けられているので会話も練習もできますよ。すべてグループレッスンで生徒数は多くて12人までですね。今僕がいるクラスにはトルコ人、ブラジル人、フランス人、日本人がいます。あと、僕が受講していたのは学校内のAバンクという枠でインテンシブレッスンも受講していたのですが、それは月曜のみ13時半、火曜から金曜は13時から受けていますよ。

  • STEP 03ランチ

    午前授業の日は学校の目の前のレストランでテイクアウトをすることが多いです。天気がいい日に屋上で食べると気持ちがいいですよ。午後授業の日は食べてから学校へ行きます。その時は自分でパスタを作ることが多いですね。トマトソース系のソースをよく買うのでそれを使っています。

  • STEP 04放課後

    午前授業の日は天気がよければ海へ行きます。マルタの海は本当にキレイなんです!前に沖縄へ行った時も海がキレイだなと思いましたが、それよりもマルタの海はもっとキレイですよ。他には学校から歩いて5分ほどの場所にあるジムへ行ったり、友人とビリヤードをしたりしています。あと、月曜日から金曜日まで毎日パーティーのプログラムがあるのでよく参加しています。クラブ街で開催されるのですが、学校以外の人とも交流できて楽しいですよ。

  • STEP 05夕食

    自炊することが多いです。ご飯は鍋で炊きますし、健康を意識して野菜を多めに摂るようにしていますよ。友人とレストランへ行くこともありますね。マルタ料理に挑戦したことがあって、ウサギ料理が有名なので食べてみました。味はなんとも……言えないです(笑)。マルタのパスティッチと呼ばれる揚げたパイみたいなのがあって、それは美味しいですよ。

大学生留学にご興味をお持ちの方はこちら

無料カウンセリング受付中

Q&A

大学生留学 in マルタ! あなたの不安、解消します!

  • 英語で授業を受けるのって難しい?

    最初は授業で先生が言っていることの半分以上分からず、そばにいるクラスメイトに「何するの?」って聞いてやっと分かる、というレベルでした。先生によってゆっくり話す人とそうでない人がいるので、先生によっても違いますね。そんな僕でも1ヶ月半ほどすると慣れたので大丈夫だと思います。

  • 住んでいるのはどんなところ?

    最初の2ヶ月ほどはホームステイで、自分以外にも留学生が滞在していました。朝晩ご飯付きで、ホストファミリーと話す機会も多かったですよ。ホストマザーやホストファザーはゆっくり話してくれるので聴き取りやすかったです。僕よりも少し年上の息子さんがいて、話は合いやすいのですが、話すペースが速くて最初はほとんど何を言っているか分からなかったです。1ヶ月経った頃には慣れましたが。彼は日本に何度か行ったことがあるようで、日本についてよく話しました。留学して2ヶ月経ってからはキッチンシェアタイプのアパート(フラット)に住んでいます。一人一人部屋があって、同じフラットには日本人もいますよ。

  • マルタの印象はどう?

    みんなのんびりしていて穏やかです。土日はビーチに行く人が多く、みなさん日向ぼっこをしながら本を読んでいますね。その反面……気持ちがおおらかなのか、バスが30分以上遅れることもあるので、移動は余裕を持つのが必須です。特に空港へ行く、この後飛行機に乗る、なんて時にバスが40分待っても来ないとなると大問題ですから。

大学生留学 in
マルタ!体験記

英語独特の表現を知れるのが楽しいです。学校でネイティブが使う表現を教えてくれるので、そのストックが増えていくのが面白いですね。英語表現の中には日本語に直訳しても不自然になってしまうものってたくさんあると思うので、あえて日本語に訳さず英語のままニュアンスで捉えるようにしています。マルタでは英語は第二言語ではあるものの、しっかりと英語表現を身につけて総合力が上げられると思いますよ。僕が留学先としてマルタを選んだ理由は、日本人留学生が少ないことと、周りのヨーロッパの国へ行きやすいことが大きいですね。日本から行くのが高いヨーロッパですが、週末に観光できたらいいなと思いました。今のところギリシャ、スペイン、フランス、ドイツには行けたので、他の国にも足を伸ばしてみたいなと思います。

実際に留学をしてみて、自分を含めた日本人は考えすぎるなと感じました。いろんな問題に対して真剣に考えすぎるところがあると言うのでしょうか。マルタののんびりとした空気の中で過ごし、温かい人たちに囲まれて、もう少し気楽に物事を捉えてもいいのではないかな、と思うようになりましたね。白黒付けすぎず、グレーゾーンがあってもいいのではないかなと思うようになりました。

EXPERIENCE

タカアキさんの、
マルタのオススメ体験

  • 週末にヨーロッパを周遊

    ギリシャ・アテネは最初のヨーロッパ旅行だったのでに友だちと行きました。テレビやインターネットとかでしか見たことがなかった有名が場所が目の前にあるっていうのに感動しましたね。スペイン・バルセロナ、フランス・パリ、ドイツ・ベルリンには1人で行きました。それぞれの有名なところを事前に調べておいて、たくさん写真を撮りましたよ。行ったことがないところについて自分で調べる、というのを全部1人でやったので新鮮でした。

  • 家族とマルタの観光地巡り

    留学中に日本から家族が来た時に、首都・バレッタや古都・イムディーナ、ポパイビレッジ、ゴゾ島へ遊びに行きました。僕の家族は全く英語が話せないので、僕が通訳係をしてリードしてあげられましたよ。母が英語を話す自分を見て「すごいね」と褒めてくれてうれしかったです。

  • アジアンスーパーで買い物

    日本の食材だけでなく、アジア系のものがそろったスーパーマーケットがあるんです。日本のビール、日本酒、うどん、カレー、冷凍餃子なんかもありますよ。ただ少し割高ですが、日本食が食べられるのはいいですよね。ただ、僕は焼き肉が好きなので、日本式の焼き肉はなかなかこちらで食べられませんから、恋しくなっちゃいます。

大学生留学にご興味をお持ちの方はこちら

無料カウンセリング受付中

取材協力いただいた学校はこちら