PROLOGUE

留学をしたくて迷っているとか、失敗したらイヤだなという気持ちがあるなら、それを払拭して留学をしてみてください。留学はしてしまえばなんとかなりますし、イヤだったらすぐに帰れます。私は留学前に英語の勉強をほとんどせず、その代わりに国内旅行をたくさんしました。というのも、外国に住み始めると日本の友だちにしばらく会えなくなるので、たくさん遊んでおいた方がいいと思ったんです。おかげで今は「あれをしておけばよかった」ということを思うことなく留学ができていますよ。英語力に自信がなくても、初級レベルからでも語学学校で勉強できるので、何も心配することはありません。私は大学生のうちに、就職する前に自由な時間が設けられて良かったです。

今回大学生留学をされた方はこちら!

北村 夏実

北村 夏実

大学を休学してカナダ・トロントへ来ている北村 夏実です。

大学入学後も実家暮らしで、子どもの頃からずっと変わらない生活を続けていて、変化が欲しいと思っていました。なので、私は英語を勉強するために留学をしたというよりは、日本を離れて海外で生活してみたかったので留学という形をとった、という感じです。留学をするにあたって色々調べると、アメリカやイギリスは費用が高くなりそうなのでカナダを選びました。カナダ内でもニューヨークに近いのがトロントだったのでこのエリアを選びました。野球が好きなのでメジャーリーグが見られたらいいなという気持ちもありましたね。2018年の3月末からこちらに滞在しており、帰国時期はまだ決めていません。

続きを読む 閉じる

FLOW

どんな1日?「大学生留学 in カナダ・トロント」の過ごし方

  • STEP 01起床〜学校へ移動

    通っている語学学校『ECトロント』は午前中から授業を開始する日と午後から授業を開始する日があります。午前授業の日は9時くらいに起きて10時45分くらいに出発、午後授業の日は6時半くらに起きて7時過ぎに出発します。基本的には歩いて学校へ行きますが、寒い時期は電車を使っていましたよ。

  • STEP 02授業を受ける

    私の場合は月、水、金は午後から授業が始まるのですが、メインのクラスを受ける前に11時45分からのエレクティブクラス(選択授業)を受講して、その後コアクラス(総合英語の授業)が2コマあります。火、木は午前中から授業が始まるので8時15分からコアクラスを2コマ受けてからエレクティブクラスを受講します。授業の内容はだいたい教科書に沿っていますが、時には先生がお題を出してくれたり、ゲームをしたりして、飽きずに続けられますよ。クラスメイトは15名ほどで日本、韓国、ブラジル、トルコ、フランスの方が多いように感じます。学生も社会人もいます。

  • STEP 03ランチ

    ランチは空き時間にクラスメイトと一緒に食べています。自分で作って持っていくこともありますが、買って食べることもありますね。午前中で授業が終わる日は、友人と外食しにいくこともあります。

  • STEP 04放課後

    放課後は友人とご飯を食べに行ったり、飲みに行ったりすることが多いです。学校のアクティビティに参加することもあり、その内容はボートパーティー、ナイトクラブ、メープルシロップツアー、スポーツ観戦なんかがあって楽しいですよ。何も予定がなければ学校から直接家に帰るか、必要な買い物をしに行きます。食品や化粧品なんかを買うことが多いです。

  • STEP 05夕食

    節約のために基本的には自炊をしています。簡単なのでパスタなどの麺類が多いですが(笑)。外食をするときは韓国出身の方と行動することが多いせいか、韓国料理店によく行っている気がします。

  • STEP 06予習復習自主学習

    教科書を読んだり、授業でやったことを見直したり、外国のアニメを見たりしていますよ。あと、私はスピーキングが苦手なので、それを強化することを意識しています。休み時間に外国人の友人に積極的に話しかけていますし、クラスメイトに遊びに誘われたら参加するようにしています。留学当初は周りに日本人がほとんどいなくて、韓国出身の女性と仲良くなったんです。それで、外国人の子たちと一緒に行動するようになりましたね。

大学生留学にご興味をお持ちの方はこちら

無料カウンセリング受付中

Q&A

大学生留学 in カナダ・トロント! あなたの不安、解消します!

  • 英語で授業を受けるのって難しい?

    クラスのレベルが上がるごとに先生の話すスピードが早くなるので、聞き取るのが難しく感じるかもしれません。でも、大事な部分についてはしっかりと丁寧に教えてくれるので聞き取れない、理解できないことはないと思いますよ。ただ、授業の内容以外で、先生がボソッとつぶやくことがあるのですが、それを聴き取るのが難しいです。周りの留学生の子には聞こえて理解できていることでも私だけ分かっていなかったり……。そういう何気ない会話が聞き取れるようになりたいですね。

  • 住んでいるのはどんなところ?

    マンションタイプの学校のレジデンスに住んでいます。キッチンとリビングルームを自分ともう1人でシェアするタイプで、お風呂やトイレは個人で使えます。個室があるのでほとんど普通のマンションに住んでいるのと変わらないですよ。私が一緒に住んでいたのはトルコ人の女性で仲良くなりました。

  • カナダ・トロントの印象は?

    カナダ・トロントは何か起きた時に助けてくれるやさしい方が多い気がします。先日はバスに乗っていたところ、乗客全員が降りなければならない事態が起こりました。私はアナウンスが聞き取れなくて状況がつかめず降りずにいたところ、近くにいた方が説明してくれて一緒に降りてくださったことがあって助かりました。人はいいのですが、これと似たように電車もトラブルが多く遅れることがよくあって、その時にアナウンスが流れているのですがなかなか聞き取れないです。

大学生留学 in
カナダ・トロント!体験記

留学をしてから、以前よりも積極的に人に関わるようになった気がします。日本にいる時は自分が人見知りなのかなと思うこともありましたが、留学をした今では初めて会う人とも気兼ねなく話せるようになってきました。留学中に大好きな野球を見るためにスタジアムへ行ったときも、近くの人と選手について話しました。カナダで暮らしていると日本人だからかよく話しかけられて、日本の文化や食べ物について「いいね」と会話をすることもありますよ。積極的になったこともあり、今は休みの日は外に出ようという気持ちが強いです。日本にいた時はテレビが面白いのでずっと家にいたものの、カナダでは家にずっといるのがもったいないと思うようになりました。

あと、自分で色々しなければならないという意識ができました。日本に住んでいた時はずっと実家暮らしで何でもしてもらえましたが、今はそういうわけにはいきません。実家を離れると想像していたよりずっとお金を使うのもびっくりしました。

英語力に関しては、単語がやっと使えるようになってきたかなというところです。日本で英語を勉強しているときは単語の丸暗記や文法を覚えるだけでしたが、留学をしてからはその意味やニュアンスを理解して「こうやって使うのか」ということを自分に落とし込んで話せるようになった気がします。昔から知っていると思っていた単語も、現地で使われているのを聞いて自分で使ってみて、初めて自分のものになったという感じですね。

EXPERIENCE

北村 夏実さんの、
カナダ・トロントのオススメ体験

  • 景色がキレイ! ボートパーティー

    ボートパーティーは、ナイトクラブがそのまま船の上にできた! という感じです。同じ語学学校の子がたくさんいますが、他の語学学校に通っている子や、一般の人もいて、いろんな人と交流できますよ。船の先端に行くと景色がとってもキレイです。

  • 大谷を見るために! 野球観戦

    ロジャース・センターというスタジアムに、エンジェルス対ブルージェイズを見に行きました。大谷翔平選手が来るというので、ワクワクして向かいましたよ。日本でもよく野球観戦しに行くのですが、やっぱり雰囲気が違いましたね。日本だと球団に応援歌があってにぎやかに観戦するのですが、メジャーはみなさんい静かに観戦しています。屋根が開いていて昼間は開放的ですし、夜になるにつれて空が暗くなるのもキレイでした。近くにいた親子と大谷選手の話ができて楽しかったです。

  • 各国の料理が食べられる多様なエリア

    サムギョプサルが大好きなのですが、あるお店は火曜日が半額になるのでよく行きますよ。クラスメイトと一緒に行くことが多いですね。あと、トロントではお寿司にも挑戦してみました。私は行っていないですがギリシャ料理も人気で周りの友人は行っているようです。他にもラーメン店やタピオカを自分で作れるお店もあって、食に飽きることは無いと思います。

大学生留学にご興味をお持ちの方はこちら

無料カウンセリング受付中

取材協力いただいた学校はこちら