PROLOGUE

働き始めると、長期で留学をする機会はなかなか作りにくいですよね。ただ、留学は自分の今いる環境を変える面ではとてもいいきっかけだと思うんです。日本でも英語の勉強をしっかりできる方もいらっしゃいますが、目の前の仕事やその他のタスクに追われると後回しにせざる終えない場面も多いものです。僕は、英語を話さなければならない、勉強しなければならない環境=留学が自分に必要だったなと感じました。会社を辞めたり休職したりするのは少し勇気が要りますが、自己投資だと思ってぜひ一歩踏み出してみてください。

今回社会人留学をされた方はこちら!

小野 情

小野 情

現在、Quest Language Studiesという語学学校に通っている小野 情です。

約7年間勤めたアパレル関連の仕事を辞めて、2018年3月から英語の語学留学のためにカナダ・トロントに来ています。通っているのは『Quest Language Studies』という語学学校ですよ。現在MBA取得を目指しており、社会人経験を経た2017年4月から念願叶ってビジネススクールに通い始めたものの、そのプログラム内で英語でのディスカッションが求められるんです。同じ学校に通う生徒さんの中にはインターナショナルな方も多く、みなさん英語が堪能なようで……。自分もそういった中できちんとディスカッションができるようになりたいと考えて本格的に英語を勉強しはじめました。現在はそのビジネススクールを休学しており、半年間カナダ・トロント留学をする予定です。

続きを読む 閉じる

FLOW

どんな1日?「社会人留学 in カナダ・トロント」の過ごし方

  • STEP 01起床〜学校へ移動

    朝は7時過ぎに起きて、ホームステイ先が用意してくれるのはサンドイッチやパンケーキなどの朝ご飯を食べます。その後準備をして8時半に家を出るのですが、ホームステイ先から学校まで少し距離があり、電車に乗ってる時間は約50分ほどです。通学中はアプリを使って単語を覚えたり、授業の復習をしています。

  • STEP 02授業を受ける

    僕は一般英語で特にコミュニケーションに特化したコースを選択しており、1日5コマの授業を受けています。午前が9時40分〜12時20分で3コマ、午後が1時〜2時50分で2コマで、午前中は担当の先生受け持ってくれる他、午後は2週間に1回設けられたプログラムの中から選択して授業を受けられます。教育や映画、観光、旅行など、その週によって取り扱うトピックが変わるので飽きることがありません。文法について学ぶよりもスピーキングを重視した内容ですよ。毎週金曜日はその週に勉強したことをふまえて、自分で作ったパワーポイントの資料を使ってプレゼンテーションをします。クラスメイトは10名前後で、ブラジル出身の生徒さんが多いですね。僕はスピーキングが一番苦手だと自覚していたので、そこを集中的に伸ばそうと取り組んでいます。そのおかげか、留学してから現在までで伸びたと感じるのはスピーキング力です。

  • STEP 03ランチ

    学校のランチタイムは12時20分からで、外食をすると高いので教室で食べています。朝自分でお弁当を用意するのですが、お米を鍋で炊くようになり、簡単な和食などを作っていますよ。

  • STEP 04放課後

    放課後は学校の近くのジムにほぼ毎日通っています。学生時代に本格的にテニスをしていたこともあり、ジムへ行くのは10年以上の習慣で。カナダ・トロントへ来て、まずジム探しからしたくらいです(笑)。日本で働いていた時よりも時間に余裕があるので、体も動かせて運動不足もなく体の調子もいいです。ジムの後はよく図書館で勉強をしています。ジムへ行かない日は学校から図書館へ直行することもあります。

  • STEP 05夕食

    ホームステイ先で晩ご飯を用意してもらえるので、同じように留学に来ている子たちと食べています。家に帰っても彼らと英語を話せるので、自分が強化したいスピーキングが鍛えられて良いです。たまたま同じ学校に通っている子たちで、話す内容は語学学校のことや、将来のことなどでしょうか。

  • STEP 06予習復習自主学習

    自主学習の内容は、毎週金曜のプレゼンテーションに向けた準備をしながら、足りないところを補うというイメージです。午後のクラスは文法や語彙が中心なので、その復習は自分にしっかり落とし込むことを意識しています。留学をしてから単語は日本語ではなく英語で意味を調べるようになったので、イメージで覚えられるようになりました。他にはカタカナ英語をネイティブに通じるレベルにしようと、スマホのアプリを使って発音の練習をしています。

社会人留学にご興味をお持ちの方はこちら

無料カウンセリング受付中

Q&A

社会人留学 in カナダ・トロント! あなたの不安、解消します!

  • 英語で進む授業はどう?

    留学し始めた約1ヶ月は英語に自信がなくてなかなか発言ができず、クラスメイトの様子を見ていることが多かったです。でも1ヶ月経った頃から発言数が増えたように思います。クラスメイトを見ていると、発言している人がどんどんとレベルを上げているので、自分もがんばろうと良い刺激をもらえますよ。今は英語で進む授業がテンポも良くていいなと感じています。

  • 住んでいるのはどんなところ?

    ホームステイをしていて、下にホストファミリー、上に留学生3人という構成です。留学生3人それぞれに広めの部屋があって、キッチンはシェアしていました。ちなみに近々、学校から自転車で通える距離のシェアルームに引っ越す予定です。

  • カナダ・トロントの印象はどう?

    3月に来た時は気温がマイナス11度の日もあって寒さが厳しく、4月も雪が降るほどでした。あと食事は脂っこい物が多いので、慣れていないとキツいですね。スーパーマーケットは上手に買い物をすれば外食するよりもずっと節約できます。日本の納豆なんかが買えるのがありがたいです。

社会人留学 in
カナダ・トロント! 体験記

僕は約7年勤めたアパレル関連の仕事を辞めてカナダ・トロントに留学をしました。勤めた中の最後の約2年は店長を任され、そこで達成したかった色々な仕事や目標をやりきれたので、退職するのに未練はありませんでしたね。ただ、前職で英語を使う場面があった際、思うように話せなかったんです。その出来事がきっかけで英語の必要性を感じ、DMM英会話を使い始めて2年ほど経ってからの現在。実は昨年に結婚したので子どもについても考えているのですが、自分の子ども世代は自分の世代よりももっと英語が求められると思うんです。その時に親世代として海外経験が無かったり、英語力が満足いくものでなかったりすると、子どもに対して何か示すにも説得力がないのでは、という考えも英語学習や留学の後押しになりました。

そんな僕が本格的に英語を勉強し始めて感じることは、面倒だと思っていたことを地道にやるのが一番いい、ということです。単語を覚えるとか、聴き取れない発音を聴き取れるようにするとか、上手くできない発音をトレーニングするとか、コツコツと積み上げるのが大切なんですよね。ひとつひとつストックして語学を習得をしていくのだなと感じているところです。留学し始めてすぐに海外ドラマを見始めたのですが、分からない文章や単語はメモして調べます。そのおかげか、最近は日本語字幕要らなくなってきたので、英語字幕で見るようになりました。あと、学校内では母国語禁止ルールがあるのですが、それ以外、私生活でも自分でルールを作って、意識して英語を話すことも重要です。僕や周りの友人は日本人同士でも英語を使っていますよ。

あと、僕は留学中もDMM英会話を続けています。通っている語学学校ではグループレッスンを受けて、オンラインではマンツーマンレッスンを受けて、効果的に勉強できていると思います。日本にいる時からお世話になっていたDMM英会話の先生とやり取りをしているのですが、僕の英語力が上がったと言ってくれてうれしかったです。

仕事をしていると英語学習に充てられる時間は限られますが、留学をすると集中して取り組むことができます。空いた時間も余裕が持てて、今後のことを考えられますし。ナイアガラの滝を前にボーッとするなんて、日本ではできませんよね(笑)。なによりも、留学をするとその場所の文化や空気感を知ったり感じたりできます。トロントはいろんな国の文化を目の当たりにできるのも興味深い経験です。

帰国後はまず、英語で経営学を学ぶクラスにチャレンジしたいです。現在休学しているビジネススクールでそういった授業が設けられているので。そのビジネススクールを卒業した後はグローバル系の企業で働きたいので、どんどんと英語力を高めて仕事で英語が使えるレベルにもっていきたいですね。

EXPERIENCE

小野 情さんの、
カナダ・トロントのオススメ体験

  • 100年前のホテル“カサロマ”

    100年前にホテルとして使われていた建物がそのまま残っているカサロマへ行きました。当時の家具等が残っていて、現在はそれらを見学できる観光地になっています。アジア圏からのお客さまを迎えるためにオリエンタルな雰囲気に作られている部屋もあり、トロントは昔から多様性を意識した地域だったことがうかがえます。

  • 世界で2番目に高いCNタワー

    500m以上ある世界で二番目に高いCNタワーは、展望台へ行くとトロント市内を見渡せる場所です。そこを含めてトロント市内の有名な観光地をいくつか見て回れるパスがあるので、それを利用しましていきました。水族館、動物園、博物館、科学館もそのパスの対象ですよ。

  • 5時間滞在! 大きな博物館

    有名なオンタリオ博物館も楽しかったです。世界各国の歴史を見られるコーナーがあったり、動物に関する展示があったりして飽きません。5時間あっても見切れないほど大きくて、日本との規模の差を感じました。博物館の中にカフェがあるので休憩を挟みながらのんびり見学しましたよ。

  • お気に入りの美術館

    オンタリオ美術館は100年以上前に描かれた絵なども展示してある由緒正しい施設なのですが、街中にあって気軽に行けるんです。静かなところで落ち着いて絵を見るのって、感性が磨かれるというか、いい刺激になりますよね。夕方から無料になる日があるので、学生さんの多くはそれを利用して行くみたいですよ。

社会人留学にご興味をお持ちの方はこちら

無料カウンセリング受付中

取材協力いただいた学校はこちら