PROLOGUE

学びたいと思ったらすぐに実行した方がいいです。私は大学までは多少なりとも英語学習をしていたものの、社会人になってから忙しいことを理由に英語学習を後回しにしてきたことをすごく後悔しているので。
働いていると留学のためのまとまった休みが取りにくい方も多いかと思いますが、働き方は多様化しているので、仕事の上司に相談してみて思いを伝えれば理解してくれるかもしれません。何かしらのアクションを起こすことが大切なのではないでしょうか。また、今はDMM英会話のようにオンラインでできる英会話レッスンもあるので、気持ちとヤル気次第で英語を勉強する機会はたくさんあると思いますよ!

今回社会人留学をされた方はこちら!

岡村真由子

岡村真由子

現在、広告代理店に勤務してPRプロデュースを担当している岡村真由子です。

仕事でアウトバウンド系のプロジェクトが増えつつあり、コミュニケーションを円滑にするために英語力の強化が必要だと感じ始めていました。また、勤めている株式会社COCOON LABO INC.はノマドワーク・リモート勤務を推奨しています。海外にいても仕事をしながら英語を勉強できることを示すモニターとして挑戦してみようと決意し、今回インドネシア・バリへ短期留学をしてみました。

続きを読む 閉じる

FLOW

DMM留学で行く! 「社会人留学 in インドネシア・バリ」の流れ

  • STEP 01カウンセリング&学校選び

    仕事で色々なところに飛び回っているため、DMM本社に出向いて対面でのカウンセリングをするのがスケジュール的に難しい状況でした。なのでSkypeでカウンセリングをお願いしたのですが、対面のようにカウンセラーの方の顔を見てお話しすることができ、安心感がありました。忙しい社会人にもありがたいですよね。

  • STEP 02留学準備&出発!

    ベースとして英文法の基礎知識があったので、留学ではスピーキングを強化する内容を期待していました。そのため留学前に文法をおさらいして英単語の本をチェックしましたよ。あと、バリの観光地やビーチクラブの情報を調べて、休日の過ごし方をイメージしてとにかくワクワクしていました。

  • STEP 03空港でピックアップ

    現地の空港に到着すると、ゲートで私の名前を書いたカードを持っている方がいたのでホッとしました。初めて行く場所ですが、学校まで車で送っていただけるので安心ですよ。学校までの道中にレートのいい両替所に連れて行ってくださり助かりました。

  • STEP 04オリエンテーション

    学校周辺の施設、授業の進め方などの説明を日本人スタッフの方がしてくださるので分かりやすかったです。私はグラマーの授業は全てスピーキングの授業に変えるといった授業の構成変更をしたかったので、それについても丁寧にオリエンテーションしていただきました。初日に私と同じくお一人で留学しにきていた女性がいて、すぐに打ち解けて仲良くなれましたよ。

  • STEP 05授業を受ける

    授業の時間は朝の9時から夕方の5時まで。私はなんとしてもスピーキング力を強化したかったので、グラマーやリーディングの授業をすべてスピーキングの授業に変更してもらいました。バリ人と日本人の働き方の違いについて話すこともあれば、バリのおすすめの観光スポットについて話すこともありましたね。単に英語を勉強するだけでなく、今まで知らなかったことが知れたのが楽しかったです。

  • STEP 06学校提携の宿泊先に泊まる

    私が滞在していたのは語学学校提携のホテルで1人部屋でした。学校からは徒歩1分ほどで非常に近く、移動がとても楽でしたよ。仕事で緊急対応が必要になった時もすぐに部屋に戻れる距離だったので、安心感があって授業により集中できたと思います。移動に時間が取られない分、仕事の時間も勉強の時間もしっかり確保できました。

  • STEP 07週末バリ島を満喫する

    バリは海もあり、山もあり自然に囲まれて大変リフレッシュできました。洗練されたリゾート地なので雰囲気もすごく良かったです。レストランもおしゃれできれいでしたよ。治安もよくて基本的には過ごしやすかったです。ただ、私が行ったのは1月ですがバリは暑くて虫が多いので、防虫スプレーがあるといいと思います。

社会人留学にご興味をお持ちの方はこちら

無料カウンセリング受付中

Q&A

社会人留学 in インドネシア・バリ! あなたの不安、解消します!

  • 治安は大丈夫? 移動はどうしていたの?

    治安面で危険を感じたことはありませんでした。GRAB(タクシーアプリ)を利用して移動したので特に問題はなかったです。GRABも呼べばすぐ捕まりました。

  • 1人で海外って、楽しめる?

    海外で1人で過ごすのが初めてだったので最初はどうなることかと不安でした。もともと日本でもあまり1人で行動しませんから。でも実際に行ってみると、1人で出かけるのが探検感覚で楽しかったです。

  • 働きながらの留学、仕事の時間を確保できる?

    私は日本にいてもリモートワークをすることが多く時間の管理は常に自己責任ですから、留学中もそれは変わりなくできました。

    今回の留学ではお昼に70分の休憩があったので、その時にメールチェックをするのが日課でした。夜も仕事のメールをチェックしたり資料を作ったりしていましたね。インドネシアは日本との時差が1時間なので日本とやり取りしやすかったですよ。

社会人留学 in
インドネシア・バリ! 体験記

私はこれまで学校で英語の授業を受けたり、受験勉強こそしてきたものの、話すトレーニングに関してはほとんどしたことがありませんでした。リーディングやライティングができてもしゃべれない典型的な受験英語型ですね。留学前は「英語を話すことが少し恥ずかしい」と思うことがありましたが、今ではどんどんと話したいと思うようになりました。これは自分の中でかなり大きな変化だと感じています。

その変化が感じられたのは、今回の留学で現地の先生から、「伝わることが大切であって、常に完璧な文法が求められるわけではない」ということを学んだおかげです。英語を話す時に「間違えたらどうしよう」「失敗したらイヤだな」と余計なことを考えず、英語を話す抵抗がなくなったのだと思います。加えて1日何コマもスピーキングの授業を受けられたことも大きいですね。

もし留学をせず日本で英語の勉強をしていたら、1日に1〜2時間くらい確保できて良い方だと思います。それだと英語力を伸ばすのってなかなか難しいですよね。留学をすると集中して英語の感覚を鍛えられるので、自分でもかなり手応えを感じています。留学後は海外出張もより楽しみになりましたし、積極的に喋りたいなと思うようになりました。

EXPERIENCE

岡村真由子さんの、
インドネシア・バリ体験

  • 高くてびっくり! ウブドでブランコ

    想像していたよりもずっと高いところにあってビックリしました! 気を抜いたら落ちるのでは?というヒヤヒヤ感と、スリルあふれるワクワク感でとっても興奮しますよ。

  • 大興奮! ビーチサイドでキャメルライド

    人生で初めてラクダに乗り、海岸沿いを歩いたのが面白かったです! 今まで砂漠でしかラクダに乗ることができないと思っていたので、まさかバリで乗るなんてびっくりです。ラクダのに乗りながら見る海も絶景でした。この留学で一番心に残ったことかもしれません(笑)。

  • のんびりビーチクラブでお酒を楽しむ

    ビーチクラブでは多国籍で開放的な雰囲気を楽しめました。やっぱりバリのようなリゾート地が大好きです。夕陽を見て音楽を聞きながらお酒を飲んだりして、とてもリフレッシュできましたよ。

社会人留学にご興味をお持ちの方はこちら

無料カウンセリング受付中

取材協力いただいた学校はこちら