0120-03-6761

10:00〜20:00 ※土日祝11:00〜18:00

フィリピン留学の予算・費用

フィリピン留学へのお支払いに関して、何が学費に含まれているのか気になるところ。基本的には大きく、下記の3つに分かれます。

1. 日本でお支払いする費用
2. 現地の学校でお支払いする費用
3. その他ご自身でお支払いする費用


学費に関しては日数やコースによって様々なので一概には言えませんが、一般的には1ヶ月で上記の費用を全て含み30万円ほどが妥当です。最終的にどれほどの資金が必要なのかは、訪れる学校や地域に左右されますので、事前にしっかり調べておきましょう。

今回は皆さんがお支払いする留学費用の内訳を、3つに分けてご紹介します。

1. 日本でお支払いする費用

学費

各語学学校が設定している料金に基づきます。基本的にはこの学費の中に、教材費を除く授業料・寮費・食費が含まれています。

料金表示は円、またはドルで記載されています。円の場合は料金は変わらずですが、ドル表示の場合は当日の為替で変動するため注意をしてください。代理店や学校によって、為替レートの算出方法は異なります。大手銀行のレート指数を用いている所が多くありますが、実際に見積書を出してもらった時に、どのような方法で算出したかを聞いておき、実際に自身で当日の為替レートを確認しておきましょう。

参考程度に1ヶ月の学費は3人部屋で、おおよそ16~17万円ほど。1部屋あたりの人数や部屋のグレードなどによって費用が異なります。
多くの学校はこの学費の中に食費やランドリー、ルームクリーニングサービスも含まれていますが、学校によっては別途料金となっているところもあります。

食事は基本的に1日3食(土、日、祝を含む)の提供ですが、2食だけのところや祝日は提供していないところも。ランドリーサービスも週に2回ほど行っていますが、洗濯機を貸し出し、生徒が有料で使用するタイプなどもあります。
短期滞在で、外食を楽しみたいという方は食事のサービスは外しても問題ないと思いますが、オプションがある場合は自分のライフスタイルに合わせて、しっかり確認して下さい。

また、空港ピックアップは学費に含まれている学校が多いですが、別料金の学校もあります。

入学金

申し込みの際にかかる費用で、学費とは別です。一般的には10,000~15,000円。

2. 現地の学校でお支払いする費用

SSP (Special Study Permit)

フィリピン国内で合法的に語学学校に通うための「特別就学許可証」で、学生は全員必須です。費用は学校により異なります。申請手続きは学校が行います。
学校ごとに申請が必要なので、転校する場合は新しい学校で取り直す必要があります。

ACR-I CARD (Alien Certificate of Registration Identity-Card)

外国人登録証のこと。滞在期間が59日を超える方が対象となります。

ビザ延長費用

31日以上滞在(4週間以上留学)する場合は、1ヶ月または2ヶ月毎にビザの延長が必要です。延長手続きや延長費用の支払いは学校の指示に従ってください。学校によってはビザ代行申請費用を取る場合もあります。(延長費用は予告なく変更される可能性もあります)

デポジット

学校へ入校時に預けるお金です。学校施設への損害等の支払いに用いられます。料金は学校によって異なりますが、3,000~5,000ペソが一般的。帰国時に破損がなかった場合、校則違反等がなかった場合は全額返金されます。

教科書

学校によっては、毎日の授業で使用する教科書を現地で購入する必要があります。学費に含まれているかどうか、事前に確認しましょう。

3. その他ご自身でお支払いする費用

航空券

フィリピンは出国のチケットがないと入国が出来ませんので、往復航空券または第3国へ出国する航空券も合わせて購入しましょう。
利用する航空会社や時期により価格は異なりますが、最近人気のLCCを利用すれば料金は抑えれます。また帰国のタイミングが未定の場合は、オープンチケットなど日程変更が可能な航空券を購入しましょう。

海外保険

3ヶ月以内ならクレジットカードでも十分にカバーできますが、やはり保険会社の物と比べると保証が少なかったりするため、心配な方、またはそれ以上の滞在の方は加入をお勧めします。

現地での生活費

こちらは人によって大きく差が出るので一概には言えませんが、生活費だけで言えば1ヶ月30,000円程度あれば問題ありません。しかし週末のたびに旅行に行ったり滞在中に多くのアクティビティを楽しみたい方は余裕をもっておきましょう。学校主催で行う行事もありますが、やはり自身で計画を立ていく事が多いと思います。

アクティビティに関しては、事前にどういったアクティビティがあるか、それぞれがどういった金額などかを情報収集をしておくのがおすすめ。

あまり外出をしない方でも、最低限の外食、お土産とタクシー代を想定して金額設定をしておきましょう。フィリピンの物価は日本と比べれば安いですが、それでも遊んでいくうちにお金は減っていくもの。多少の余裕をもっていく事をおすすめします。

フィリピン留学に関するご相談はこちら

フィリピン留学トップに戻る