About

ジュニア留学とは

10代を中心に春休み・夏休みを利用した短期留学。

世界各国の同年代と英語学習だけではなく、アクティビティを通じて様々な思い出を作ることができます。

世界各国に友達を作ることは今後の人生でかけがいのない貴重な経験となるはずです。

Features

ジュニア留学の特徴

1勉強とアクティビティが楽しめる

ジュニア留学は英語レッスンとアクティビティが含まれているコースが多く、アクティビティの中で身近な英語表現を身につけたり、基礎英語を学んでいくことができます。ゲームやスポーツなど、楽しみながら学ぶことができるので、英語が不慣れなお子様も楽しんで授業を受けることができます。

2自立心や国際感覚が身につく

親元を離れ、同じ年頃の外国人の子供たちと生活し、英語を使って過ごすということは、間違いなくお子様にとって大きな学びに繋がります。

海外が初めてのお子様で、送り出すことが不安な親御様も、学校側のサポートを手厚く受けることができますのでご安心ください。

3世界中に友人ができる

授業やアクティビティを通しできる多国籍な友人は、かけがいのない留学の宝となります。初めはモジモジしていたお子様も「来年もまたいきたい!」とねだるようになったり、英語をもっと学べる学校へ進学したいという意欲に繋がったりするきっかけになるでしょう。

Flow

ジュニア留学の流れ

1

STEP 01 : 1年〜3ヶ月前

お問い合わせ&カウンセリング

サイトをみて気になるプランがあれば、気軽にお問い合わせください。また、具体的に決まっていない方も、カウンセラーにご相談をいただければと思います。行きたい国、したいこと、渡航時期などのヒアリングから、お子様の希望に沿った最適なコースを提案いたします。

2

STEP 02 : 1年〜1ヶ月前

お見積もり&空室確認

ご希望のプランや日程に合わせて、お見積もりと学校の空室確認をさせていただきます。人気のプランは早めに埋まってしまう可能性がありますので、余裕をもってお申し込みいただくことをおすすめいたします。

3

STEP 03 : 1年〜1ヶ月前

お申し込み&お支払い

学校や日程の最終決定時にお申し込みフォームの提出をいただきます。請求書を発行しましたらお支払いのご案内をいたします。お支払いは銀行振込・クレジットカードになります。

4

STEP 04 : 1年〜1ヶ月前

各種手配&準備

渡航にあたり、航空券や、海外旅行保険、必要に応じてビザの手続きをお願いします。弊社でも各種サポートを行なっておりますのでご相談いただけます。また、英語学習のサポートとして、DMM留学ではオンライン英会話サービス・DMM英会話、iKnow!が無料で利用できます。留学に備えて英語力を最大限伸ばしましょう。

5

STEP 05 : 1ヶ月前〜当日

確認&出発

荷物の準備や、学校資料の最終確認をしましょう。また空港には出発時間の2時間前にはご到着くださいませ。

Q & A

よくある質問

Q

何歳から 参加ができますか?

学校によって異なりますが、最少で3才からキッズクラスの受講が可能です。高校生になるとインターンシップに参加できるなど、どの年齢のお子様でも参加できるように、様々なプランをご用意しております。

Q

子供は英語が話せませんが 大丈夫ですか?

もちろん英語力がなくても大丈夫です。学校によっては、日本人スタッフもおりますので安心してご渡航いただけます。また、スポーツや遠足などのアクティビティを通して、楽しみながら英語を学ぶことができます。

Q

どれくらいの期間が おすすめですか?

お客様の求める英語力によって期間を選択することが可能です。ただ、学校によっては最低1週間からなど規定がある場合もございますので、まずはお気軽にカウンセラーにお問い合わせください。

Q

保護者が同伴しても 大丈夫ですか?

保護者の方が一緒に参加できるプランや、お子様とは別で授業を受けるプランなど、様々なプランをご用意しております。ホテルを同室にすることや、自立心を鍛えるために別々の寮にするなど、カスタマイズが可能です。

School

ジュニア留学にオススメの語学学校

英語力に不安があるお子様も大丈夫!

はじめての留学でも安心な、日本人スタッフがいる学校や、

キッズルーム完備の学校、保護者同伴が可能な学校がオススメです。

また、国や地域によってアクティビティの種類も違い、

挑戦してみたいことや楽しめそうなアクティビティを選択するのも、

ジュニア留学を思い切り楽しむために大切なことのひとつ。

ぜひカウンセラーと相談しながら、お子様に最適な学校を選んでみてくださいね!

ジュニア留学にご興味をお持ちの方はこちら

無料カウンセリング受付中
留学の目的トップに戻る