Face to Face English Schoolフェイス トゥ フェイス イングリッシュ スクール

F2F入学金無料キャンペーン

【特典】
★入学金無料★
2018年12月31日までに入学される方対象

F2Fキャンペーン

癒しの高原リゾート地で講師と共同生活

口コミで圧倒的な人気を誇るFace to Face English School。”フィリピンの軽井沢”である高級高原リゾート「タガイタイ」にあり、涼しい気候、フィリピンとは思えないほど優雅で落ち着いた環境の中、生徒たちと同じ宿舎で生活を共にする講師たちから24時間英語を学べます。
高い口コミ評価の理由は授業内容が良いから。オーダーメイドの授業は全クラスマンツーマン。スピーキングに重きを置いた授業を1日に5コマから7コマ受けられ、さらに希望者にはグループレッスンを一日一時間提供しています。
全員が正社員の講師たちは英語教育にとても熱心。授業時間外にも質問に答えたり、宿舎のリビングルームで夜まで談笑したりと、先生と生徒の関係に壁がありません。校長自らのフィリピン留学経験を元に「理想の語学学校を実現した」という同校。最高の学習環境とレベルの高い講師の元、将来につながる英語を学んでみませんか?

ネイティヴ英語も話せる質の高い講師陣

大規模校では先生のレベルにもバラつきが出やすく、生徒との関わりが薄くなりがちですが、これまで他校でエースとして活躍していたようなハイレベルな講師たちばかり。ビジネスキャリアのあるベテランの先生もいるため、初心者から上級者まで対応できます。また、ネイティヴと準ネイティヴ(ハーフや、アメリカの大学を卒業した先生など)が4人おり、彼らの授業を希望すれば1日1コマ必ず受けられます。フィリピンでも完璧な発音のネイティヴ英語で授業を受けられるのは嬉しいですね。開校以来の講師の離職率はほぼゼロで、人生をかけて英語教育に情熱を燃やす先生ばかりだからこそ、吸収できるものも違います。

現地就職・留学したい人には最適!

また、校長の大町先生が同時に人材仲介会社も経営しているため、生徒の現地就職や海外就職を手助けしてくれるのも本校の強み。企業訪問に校長や日本人スタッフが同行し、面接や履歴書作成までを手厚くサポートしてくれます。おかげで月に1人のペースで生徒の現地採用を達成しているのだとか。またフィリピン内の大学への留学に関しても、学校見学に同行、情報収集もスタッフが手伝ってくれるという至れり尽くせりぶり。「小規模だからこそ、生徒のためにできることは全部やる」という本校の理念がここにも表れています。就職や留学を目指さない方でも、本校は4人の日本人スタッフが常駐しているため、滞在中のリクエストにきめ細やかに対応してくれます。

別荘のような一軒家で講師と共同生活

滞在先の宿舎は、富裕層の別荘が立ち並ぶ集合住宅地の一角にある、コロニアル調のおしゃれな6戸の一軒家です。高い天井や優雅なシャンデリア、広々とした綺麗なリビング・ダイニングが揃い、お部屋のトイレやシャワールームも清潔。希望すれば一人部屋も選べるので、プライバシーは確保されています。また集合住宅エリアの門の前には常にガードマンがいるため安心です。まるで別荘に滞在しているような、ストレスフリーな環境で生活を送れます。この宿舎には、生徒23人に対し12人もの先生が居住しているため、昼も夜も分け隔てなく活きた英語を使う機会に恵まれています。

一流シェフの作る料理は絶品!

また、数々の高級レストランで働いた経験のあるシェフが作るフィリピン料理は絶品!シンプルながらも工夫を凝らし、日本人の口にあった味付けで、語学学校の食事とは思えないくらいのクオリティです。食事中や食事後も、先生と生徒が賑やかに談笑し、本当に楽しそう。一軒家での共同生活だからこそ、ファミリーのような感覚で先生と生徒が過ごしています。また週末には先生自らが企画して、周辺の観光地への遠足や、孤児院での子供たちとのふれあいツアーが開催されることも多いそう。この明るくて熱心な先生たちに「もう一度会いたい!」という理由でリピーターになる方が多いのだとか。

風光明媚な高級避暑地「タガイタイ」

マニラから車で約2時間のタガイタイは、豊かな自然に囲まれ、澄んだ空気が駆け抜ける高級リゾート地。美しいタール湖を眺めるおしゃれなレストランやカフェが徒歩圏内に無数にあり、マニラから遠いといえど全く退屈しません。また、近くには観覧車や乗馬施設のある遊園地や「モール」などの高級ショッピングモールがあり、まさにフィリピンの中の「別世界」。標高が高いため、涼しく過ごしやすいので勉強にも最適。発展途上国への留学のデメリットを感じさせない最高の環境です。マニラへのバスも学校の目の前から発着しているので便利です。 このように、「環境」「質の高い講師」「きめ細やかなサポート」と、学習に理想的な3つの条件が揃っているからこそ、高い口コミとリピーターを獲得しているのがこのFace to Face ENGLISH SCHOOLなのです。

フォト

全てのフォト (58枚) を見る

留学生の声

全ての留学生の声(9件)を見る

学校詳細

正式名称
Face to Face English School
地域・住所
マニラ / フィリピン
J.P. Rizal Ave, 4120 Tagaytay City
設立年度
2014年
規模
20人
認可
SSP認定学校 TESDA登録学校
資本
日本
滞在方法
外部宿舎
入学日
月曜日
国籍比率
日本人95%台湾5%
学校内設備
ウォーターサーバー、Wi-Fi、温水使用可能
お食事
日祝除き1日3食
門限
門限1時、外泊自由、休日土日祝 二日連続の休日の場合は無料授業あり
周辺環境
カフェ、レストラン、ロビンソン、アヤラショッピングモール、遊園地
その他情報はこちら コース・授業料はこちら

宿泊先詳細

6つの宿舎

宿泊先設備
ホットシャワー、無線LAN、レンジ、電気ポット、リビング、ダイニング、庭、テーブル、テレビ、シンク、食器、ジム
部屋設備
一人部屋=クローゼット、いす、机、ソファ、バスルーム 二人部屋=クローゼット、いす、机、バスルーム(部屋タイプ・値段により異なる)
ネット環境
無線LAN
洗濯
週3回
掃除
共有スペースは毎日、個人スペースは週3回まで
部屋タイプ
1人、2人部屋、3人部屋
入退寮日
入寮は日曜、退寮は自由
アクセス
徒歩5分
その他
希望すれば空港まで送迎あり 先生との共同宿舎 生徒20人に対し12人の先生が住み込み(※夏季は生徒数が増加します)
コース・授業料はこちら

Face to Face English Schoolにご興味ある方はこちら

留学に関するご相談はこちら

DMM留学の強み

DMM英会話と iKnow! が最大1年間無料

DMM英会話と iKnow! が最大1年間無料

日本と現地で無料留学サポート

日本と現地で無料留学サポート

安心の最低価格保証

安心の最低価格保証

強みについて詳しくはこちら

学校設備

学校設備

学校設備

学校設備

学校設備

学校設備

学校設備

学校設備

学校設備

学校設備

授業風景

授業風景

授業風景

授業風景

授業風景

授業風景

授業風景

授業風景

授業風景

授業風景

食事

食事

食事

食事

食事

食事

宿泊施設

宿泊施設

宿泊施設

宿泊施設

宿泊施設

宿泊施設

宿泊施設

宿泊施設

宿泊施設

宿泊施設

宿泊施設

宿泊施設

宿泊施設

宿泊施設

宿泊施設

宿泊施設

宿泊施設

宿泊施設

宿泊施設

宿泊施設

宿泊施設

宿泊施設

宿泊施設

宿泊施設

その他

その他

その他

その他

その他

その他

その他

その他