SACE Whitsundays College of Englishエスエーシーイー ウィットサンデー カレッジ オブ イングリッシュ

美しい砂浜と島々に囲まれたリゾート地

オーストラリアに詳しくない方でも名前くらいは聞いたことがあるであろう『グレートバリアリーフ』。世界最大のサンゴ礁が広がる楽園のような場所で、海もほぼ透明でキレイなため、しっかりとその姿を見ることができます。手つかずの大自然に囲まれることで、日本では味わえない開放感を堪能できることでしょう。そんなグレートバリアリーフ近郊のアーリービーチに校舎を構えるのが『SACE Whitsundays College of English』です。本校で開設しているコースは一般英語、アカデミック英語、英語+ワークエクスペリエンス、英語+スポーツ、英語教員トレーニングプログラムなど。もっともベーシックな一般英語コースは1週間から受講できます。大自然とともに英語を学びたい方は、ダイビングやセーリングがセットになったコースもおすすめ。英語+ダイビングでは3日間でダイビングの入門レベルの知識やスキルを身につけられますよ。英語+セーリングでは国際的に認められたセーリングの資格取得が可能です。

午前中に基礎、午後は選択授業を受講

一般英語コースで学ぶことで、英語でのコミュニケーションを円滑にするスキルを高め、日常生活、旅行で役立たせることができるでしょう。これをベースに進学、就職、キャリアアップにつなげる方も多いですよ。午前中は四技能を中心に文法や単語、発音を学び、午後は選択授業が受けられるのもポイント。IELTSやTOEICに向けた試験対策、進学用英語、ビジネス英語、発音&会話、ライティングといった選択授業が用意されているので、苦手な分野を選択してもいいし、得意な分野を伸ばしてもいいですね。

試験対策から仕事のための英語まで様々

オーストラリアの高等教育機関や職業訓練校への入学を考えている方におすすめなのは、アカデミック英語コースのダイレクトエントリープログラム(ETS)です。提携校が求めるレベルを修了すれば、IELTSを受験することなく進学ができますよ。IELTS試験やケンブリッジ検定試験をお考えの方はそれぞれのコースを受講してみてください。卒業後すぐに英語を活かして働き始めたい方には英語+ワークエクスペリエンスコースがおすすめです。英語を勉強しながら仕事のスキルも身につけられる内容で、会計、財務、建築、IT、メディア、ツーリズムなどいろいろな分野で活かせる経験を積むことができるでしょう。

アットホームな雰囲気でのびのびと勉強

本校の生徒数は50人前後でやや小規模校ですが、アットホームな語学学校。初めて留学をされる方、海外生活に慣れていない方も、温かい雰囲気の中でのびのびと勉強ができるのではないでしょうか。生徒数は多くはありませんが世界各国から留学生たちが集まってくるので、今まで交流したことがない国の方ともおしゃべりができそうですね。そんな本校校舎があるのはグレートバリアリーフ付近のアーリービーチ。昼はビーチならではの開放的な雰囲気ですが、夜はバーやレストランの明かりが灯って雰囲気が良いですよ。

フォト

全てのフォト (27枚) を見る

学校詳細

正式名称
SACE Whitsundays College of English
地域・住所
ウィットサンデー / オーストラリア
1/121 Shute Harbour Rd, Cannonvale QLD 4802 オーストラリア
設立年度
2002年
滞在方法
ホームステイ
入学日
毎週月曜日
国籍比率
10%
学校内設備
無料Wi-Fi、学生ラウンジ、パソコン室
お食事
1日3食付き
周辺環境
グレートバリアリーフの入り口として有名な街で一年中観光客で賑わう街です。周辺にはおしゃれなカフェやレストラン、ショップもあり自然に囲まれたキャンパスですのでリラックスできる環境です。
その他情報はこちら コース・授業料はこちら

宿泊先詳細

ホームステイ

部屋設備
ご家庭によって異なります
部屋タイプ
シングルルーム、ダブル/ツインルーム
アクセス
ご家庭によって異なります
コース・授業料はこちら

SACE Whitsundays College of Englishにご興味ある方はこちら

留学に関するご相談はこちら

DMM留学の強み

DMM英会話と iKnow! が最大1年間無料

DMM英会話と iKnow! が最大1年間無料

日本と現地で無料留学サポート

日本と現地で無料留学サポート

安心の最低価格保証

安心の最低価格保証

強みについて詳しくはこちら

学校設備

授業風景

授業風景

その他

その他

その他

その他

その他

その他

その他

その他

その他

その他

その他

その他

その他

その他

その他

その他

その他

その他

その他

その他

その他

その他

その他

その他