【海外就職】英文履歴書の書き方の基本&送付後のフォローアップの仕方

外資系企業や海外で就職しようと思い立ったときに必要となるのが英語の履歴書作成

英語の履歴書は、日本語のものとは必要な内容も書き方も大きく違うので、日本語で作成したものを直訳して送付するということができません。基本的な構成やルールを知って、読んでもらえるものを作ることが仕事を得るための第一歩です。

英語の履歴書には、カバーレターと呼ばれる短いレターをつけて送付することが一般的ですので、この記事では履歴書とカバーレター両方を作成する上で必要な基本情報をまとめています。

経験や希望のポジションに合わせた履歴書を作成して、自分の強みを存分にアピールしていきましょう!

 

履歴書

*上記画像はクロノロジカル形式の履歴書の書き方の例

英語の履歴書には決まった用紙がありませんので、パソコンでレターサイズ(日本ではA4サイズ)の紙1~2枚にまとめます。

”Times New Roman”、”Arial”、”Calibri”などの黒いフォント(サイズ12~14pt、見出し部分はそれより2ptほど大きいもの)を選びましょう。使用するフォントは2種類程度に抑え、必要に応じて太字や斜体にすると、すっきりとまとまって読みやすくなります。

履歴書を書く際に最も重要なことは、誤字脱字や文法のミスを避けることです。英語のミスがあるだけで、希望する仕事は遠のいてしまうと言えるでしょう。

学校や企業には英語での正式名称があることもありますので、きちんとリサーチする必要があります。丁寧すぎるくらいにチェックをして、マイナス要素を取り除きましょう。
 

履歴書の基本形式

履歴書は、以下の3形式のいずれかで書くことが一般的です。応募する仕事、経歴、アピールしたい技能などに合わせて、ふさわしい形式を選択します。
 

1. クロノロジカル “chronological”

流れ:希望職種→学歴→職歴
特徴:最新の職歴や学歴から順に記載する典型的な形式。硬い印象。
向いているのは?:一貫性のあるキャリアを積み上げてきた方、職歴に穴がない方、大学や政府関連の職種を希望する方。
欠点:特定のスキルや経験を目立たせることが難しい。
 

2. ファンクショナル “functional”

流れ:技能→主な功績→職歴(非時系列)→学歴
特徴:経歴の代わりにスキルや技能を主張する形式。
向いているのは?:休職期間がある方、キャリアチェンジを希望している方
欠点:職歴を時系列で把握しにくい。
 

3. コンビネーション “combination”

流れ:技能→職歴(時系列)→学歴(時系列)
特徴:1と2を合わせた形式。技能を主張した後で、それをどのように得たか、時系列でまとめる形式。
向いているのは?:1に当てはまらない方。
欠点:特になし。
 

履歴書の項目

履歴書に記入することが一般的な項目は以下です。

1. 個人情報(”Personal Information”)
2. 希望職種(“Objective”)
3. 職歴(”Experience”)
4. 技能(”Qualifications”)
5. 学歴(”Education”)
6. 推薦者(“References”)

一つずつ見ていきましょう。
 

1. 個人情報 ”Personal Information”

履歴書の上部に氏名を少し大きく記載し、その下に住所、電話番号、Eメールアドレス等を列記します。

住所は、日本語で書く場合とは逆の順番で番地から書きます(詳しくはこちら)。

日本国内の電話番号であれば、国番号81に続けて頭の0を外した番号を記載することで、海外からそのままかけられる番号になります。

【例】
Hanako Eikaiwa
3-2-1 Roppongi, Minato-ku, Tokyo 106-6224 JAPAN
Tel: 81-3-1234-**** / Email: eikaiwa@*****.com

英会話 花子
〒106-6224 東京都港区六本木3丁目2番1号
電話: 03-1234-**** / Eメール: eikaiwa@*****.com

 

2. 希望職種(“Objective”)

希望する職種理由と合わせて記載します。

【例】
To obtain the position of Japanese language instructor with **** school where I can apply my education, ten years of teaching experience and strong communication skills and provide clients with a high quality language instruction experience.
「学歴、10年の教員経験、強いコミュニケーションスキルを活かして、質の高い語学教育経験をクライアントに提供できる、****学校での日本語教師としての仕事を希望します」

Hard working chemical engineering graduate with excellent critical thinking skills seeking to apply my abilities to the position of technical assistant at **** laboratory.
「高い批判的思考スキルを持つ勤勉な化学工学科卒業生としての能力を、****研究所の技術アシスタント職で活かしたいと考えています」

クロノロジカル形式以外では、”objective” を記載しないことも一般的です。
 

3. 職歴 ”Experience”

企業名、企業の所在地、肩書きに加えて、経験を3~5行ほど箇条書きにします。時系列で書く場合は、新しいものから順に並べて、勤務期間も記載します。

【例】
ABC Corp. Okinawa, Japan September 2005-present
Graphic Designer
• Designed and implemented corporate logos.
• Managed up to 6 projects at a given time to meet weekly deadlines.
• Successfully completed client projects worth up to $300,000.
• Developed and maintained key relationships with clients and suppliers.

ABC社 日本、沖縄県 2005年9月~現在
グラフィックデザイナー
• 企業ロゴの設計と実現。
• 所定時間に最大6つのプロジェクトを管理。毎週の締切厳守。
• 300,000ドル相当に上るクライアントプロジェクトを完了。
• 顧客およびサプライヤーとの重要な関係の構築および維持。

何を担当していたか(duties)ではなく、仕事の中で何を達成したのか(accomplishments)に重点を置いて書くことが大切です。そのためには、”responsible for~” などと書く代わりに、”action verb”(動作動詞)と呼ばれる主体性の強い動詞を多用して、具体的に何を成し得たのか説明するとよいでしょう。

【“action verb” の例】
“administer”(管理する、実施する)
”conduct”(実施する)
“contribute”(貢献する)
“coordinate”(調整する)
“develop”(開発する)
“establish”(構築する)
“evaluate”(評価する)
“execute”(履行する)
“implemente”(実行する)
“organize”(組織する)
“produce”(生産する)

動詞の重複はなるべく避けて、実績は数値化して具体的に提示します。見やすさを重視するため、正式な文書では通常スペルする小さい数字もアラビア数字で記入。

また、不定冠詞(a/an)と定冠詞(the)は基本的に省略し、文頭の“I”、”You”、”We” なども、履歴書にふさわしくないので省きます。
 

4. 技能 ”Qualifications”

持っているスキル資格を箇条書きにします。

ファンクショナル形式またはコンビネーション形式では、見出しを ”Summary of Qualifications”(技能の要約)”Areas of Expertise”(専門分野)などとしてもよいでしょう。

【例】
• Over 10 years of in-depth experience in the marketing industry.
• Strong verbal and personal communication skills.
• Ability to multitask and prioritize
• Type 80 words per minute
• Speak and write in fluent Japanese.

• マーケティング業界における10年以上の広範にわたる経験。
• 言語および対面での強力なコミュニケーションスキル。
• 優先順位を付け、複数の業務を同時に遂行する能力。
• タイピング速度80語/分。
• 流暢な日本語での会話・読み書き。

 

5. 学歴 ”Education”

日本語の履歴書では小学校入学時からの情報を記入することもありますが、英語では必要ありません。最終学歴、もしくは応募する仕事に関連した学歴を記載しましょう。

取得学位、学校・学部名、学校所在地(都市名)、在籍期間または卒業年を記すことが一般的です。優秀な学業成績課外活動でのリーダーシップを示すことができるものがあれば、合わせて記載してもよいでしょう。

【例】
DMM University, Minato-ku, Tokyo 2000-2004
Bachelor of Science degree in Computer Science

DMM大学 東京都港区 2000~2004年
コンピュータサイエンス学位

 

6. 推薦者(“References”)

応募者のことをよく知っている人物の情報(氏名、所属団体、肩書き、住所・電話番号(所属団体のもの))を記載します。

企業が、採用に向けて応募者の能力や資質について判断する際に連絡を取るためです。通常、職場の上司大学教授などで、友人や親族の名前を書くことはできません。推薦者として記載したい人には事前に許可をとり、企業から連絡がいく可能性があることを伝えておきましょう。

推薦者に関する指示が特にない場合は、この項目自体を削っても問題ありません。
 

※ 不要な項目

仕事と関連のない情報は、基本的に載せないものと覚えておきましょう。家族構成や趣味は必要ありませんし、写真も貼付する必要はありません。

例えばアメリカでは、人種、皮膚の色、年齢、性別、宗教、家族構成、出身国、身体障がいなどを理由に差別することは法律で禁じられていますので、履歴書に書く必要もなければ、面接で聞かれることもありません。
 

カバーレター

履歴書が完成したら、カバーレターを作成しましょう。

カバーレターとは、志望動機アピールしたいポイントを文章で記入する書類です。こちらもレターサイズの用紙1枚程度にまとめます。

履歴書と同じように、ページ最上部に自分の氏名、住所、電話番号、Eメールアドレスを記入。その下に日付、応募する企業名、企業の担当者名、住所、電話番号、Eメールアドレスを記入します。

本文は、宛名 ”Dear Mr./Ms.~” で始めます。担当者の名前が分からない場合は、”To Whom It May Concern,” ”Dear Hiring Manager,” とします。

日付を入れた後、希望する職種求人情報を得た経路を1パラグラフ、志望動機自己PRを1~2パラグラフ、必要な情報を開示できる旨読んでくれたことに対するお礼を1パラグラフ程度にまとめます。

【例】
Hanako Eikaiwa
3-2-1 Roppongi, Minato-ku, Tokyo 106-6224 JAPAN
Tel: 81-3-1234-**** / Email: eikaiwa@*****.com

XYZ Co., Ltd
Attn: Mr. Taro English
00000 abc street, Miami, FL 99999 USA
Tel: 1-***-***-**** / Email: english@*****.com

January 1, 2018

Dear Mr. English,

I am writing to express my interest in the Japanese teaching assistant position advertised on your school website. Please accept the attached resume.

With more than five years of experience as a language teacher, I believe I would be the ideal candidate for the position. I am adept in developing and implementing curriculum, handling classrooms and helping students advance their understanding of Japanese language and culture. At xxxx school, as shown in my resume, I taught classrooms of up to 30 students while adhering to xxx guidelines. Through this experience I have---------------

Thank you for your time and consideration. I can be available for an interview at your convenience; if you wish, I will have my references and academic records sent to you. I look forward to hearing from you.

Sincerely,
Hanako Eikaiwa

 

英会話 花子
〒106-6224 東京都港区六本木3丁目2番1号
電話: 03-1234-**** / Eメール: eikaiwa@*****.com

XYZ 社 御中
イングリッシュ・タロウ様
00000 abc ストリート, マイアミ市, フロリダ州 99999 米国
電話: 1-***-***-**** / Eメール: english@*****.com

2018年1月1日

イングリッシュ様

貴校のウェブサイトに掲載されている日本語教師アシスタント職に興味があり、ご連絡いたしました。添付の履歴書をお受け取りいただければ幸いです。

語学教師として5年以上の経験を有していることから、私は当職に理想的な候補者であると考えております。カリキュラムの作成と実施、クラスの運営、生徒が日本語や日本文化の理解を深めるための支援といった経験を積んできております。履歴書に示しているように、xxxxの学校では、xxxガイドラインに沿いながら、最大30人のクラスで教鞭を取り、この経験を通して---------------

お時間を取ってお読みくださりありがとうございます。ご都合のよい時に面接にお伺いすることが可能です。ご希望がございましたら、推薦者と学業成績証明書をお送りいたします。ご連絡をお待ちしております。

敬具
英会話 花子

複数の仕事に応募する際は、それぞれの仕事に合わせて内容を変更しましょう。自己PR部分には、履歴書のハイライトを短く箇条書きで入れることもできます。履歴書と同じように具体的な数字や言葉を盛り込むとよいでしょう。
 

送付方法

企業に指定された方法で、カバーレターを付けた履歴書を送りましょう。Wordで作成したファイルをPDFに変換するなどして、編集できない状態にして送ります。ファイルを保存する際は、ファイル名に自分の氏名を入れておくと親切です。

上手く行って面接に呼ばれたら、履歴書を上質な紙に印刷して持参することをお忘れなく。Eメールやシステムを通して送った履歴書を印刷してくれている面接官が多いかもしれませんが、自分でも持参するのがマナーです。

面接官が複数人いたら全員に配れるよう、複数枚印刷しておくとよいでしょう。印刷する際は、メールアドレスなどのハイパーリンクを外し、黒字で印刷することをおすすめします。
 

フォローアップ

履歴書を送ったけれど音沙汰がない…ということは、日本では稀かもしれません。ほとんどの場合受け取りの連絡をもらえるでしょう。しかし海外に送った場合は、音沙汰がなくても気を落とすのはまだ早いかもしれません。

強く希望する仕事であれば、フォローアップするのもありです。ただし、失礼にあたらないよう注意が必要です。

履歴書を送ってから少なくとも1~2週間は待ち、Eメールでフォローアップするのがよいでしょう。

【例】
Dear Mr. English

I hope all is well. I submitted a resume late last month for the Japanese teaching assistant position advertised on your school website.
I am very interested in working at XYZ school and I believe my education and interpersonal skills would be an ideal match for this position.

If necessary, I would be glad to resend my resume or to provide any further information you might need regarding my candidacy. I can be reached at eikaiwa@*****.com. I look forward to hearing from you.

Thank you for your consideration.

Best Regards,
Hanako Eikaiwa

イングリッシュ様

大変お世話になっております。先月、貴校のウェブサイトに掲載された日本語教師アシスタント職に応募するため履歴書を送付いたしました。
XYZスクールで働くことに非常に関心があり、私の学歴と対人関係スキルは当職に適していると考えております。

必要であれば、履歴書を再送、または検討に必要なその他の情報を喜んでご提供させていただきます。私の連絡先はeikaiwa@*****.comです。ご連絡をお待ちしております。

何卒よろしくお願いいたします。

敬具
英会話 花子

 

まとめ

以上が、英語の履歴書を作成するにあたって必要となる基本的な情報です。

初めにも述べましたが、誤字脱字や文法のミスを徹底的になくすことが一番重要ですので、しつこく読み直しましょう。可能であれば、履歴書を読み慣れている英語ネイティブの人に確認してもらうのもいいですね。

最初は作成にかなり労力を必要とするかもしれませんが、仕上げていくうちに自分の強みも見えてくるのではないでしょうか。自分の強みを知っておくことは、就職活動において非常に重要です。

外資系企業や海外での就職を狙っている方は、ぜひ参考になさってください。