「自分で“話す”と決めてから変わった」外資系企業で働く社会人がマルタ留学で感じたこと

転職の合間にマルタ島へ英語留学をされたSさん。ボスがフランス人という外資系の企業で働いていた彼女は、さらなる英語力のブラッシュアップのために語学学校へ通われました。

「もともと英語の勉強が好きで、趣味のようなものです」と話すSさんに、留学先としてマルタを選んだ理由、実際に受講した授業について、マルタに対する印象、留学をして感じたことなどを聞いてみました。

仕事以外でも、意識して英語を使う機会を増やしている

―― 簡単な自己紹介をお願いします。

3月までドイツ系の企業でマーケティングコミュニケーション担当として働いていたのですが、4月から新しい会社に転職をします。そこではグローバルマーケティングを担当する予定で、英語を使う頻度が増えそうです。

―― 現在お仕事や日常生活で英語は使われますか?

前職は上司がフランス人なので英語で話していました。あと、本社からくる資料等が英語で届くので、それを日本語に訳したり、英語でメールのやりとりをしたりしていました。留学前から、意思疎通が英語でとれる英会話レベルはではありましたが、実際に普段英語で会話するのは上司とだけでした。なので、日常生活でスピーキングとリスニングを実践する頻度は多くはなかったです。本社とは電話会議もありましたが、会社内にいるのはほとんど日本人でしたので。

仕事以外で英語を使うことはあまりないので、DMM英会話を受けたり、Meetupのイベントに参加したりして、意識して英語を使う機会を増やしています。前の会社に入る前にイギリスの大学院に留学を考えてIELTSを勉強していたのですが、予定を変えて就職をしたので留学経験はありませんでした。

―― 英語を勉強されている理由をお教えください。

仕事で使いますし、キャリアアップのために英語を勉強しているのですが、もともと英語の勉強自体が好きなんです。英語の勉強自体が趣味と言いますか。他の国の人とコミュニケーションをとるのが楽しいですし。

―― 留学の目的をお教えてください。

4月から働き始める新しい職場では前職よりも英語を使う機会が増えるので、英語力をブラッシュアップするために留学をしました。スピーキングとリスニングのスキルに物足りなさを感じており、そこを底上げしたかったですね。あと、いろんな国の人と交流してみたかったという思いもありました。

現地のイベントに参加! マルタに住んでいる人とも交流できた

―― 留学先としてマルタを選んだ理由は何ですか?

マルタを選んだ理由は過ごしやすい気候で海もきれいで、食事がおいしいと聞いたからです。他の英語圏と比べて授業料や生活費が安く済むことも魅力的でした。あと、留学期間が2週間だけなので、あまり行ったことがない・行けないようなところが良かったんです。海外旅行がすごく好きで台湾、韓国、マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナム、マカオ、香港、オランダ、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、メキシコに行ったことがあります。英語圏のイギリスやアメリカは今後旅行や仕事でも行く機会がありそうなので、そういうところは今回の留学先の候補から外しました。

―― 合わせてお聞きしたいのですが、DMM留学をお選びいただいたのはどのような点からですか?またどのようにしてDMM留学を知りましたか?

ネットで留学について調べていたらDMM留学が検索で上がってきたのでWebページを見てみました。DMM留学は紹介手数料が無料ですし、DMM留学で留学をすると、一定期間DMM英会話が無料で使えるというのも決め手のひとつです。連絡をしたらレスポンスも早かったのでDMM留学を利用しました。

―― 今回はInstitite of English Language Studiesでのご留学だったと思いますが、どのような点を重視して学校選びをされたのでしょうか?

日本人の比率が少ないこと、授業の時間が多いことを基準に選びました。ビジネス英語を学びたかったので、それが受講できることも決め手です。

―― マルタに関する印象はいかがですか?好きな点、嫌いな点など。

私は住みたいと思うくらいマルタが気に入りました。暑すぎず寒すぎず空気がサラッとしていて湿気が少なく、晴れている日が多くて過ごしやすいです。3月の滞在で、日中は暖かいと20度くらいまで気温が上がります。夜は少し冷えるので、ストール等の羽織るものがあると良いのではないでしょうか。人も親切でフレンドリーで、買い物をしに行ったお店の人とも仲良くなれました。


―― 授業終了後や週末は何をされてましたか?

学校主催のアクティビティに参加してマルタ観光をしました。海を見に行ったり、フェリーでゴゾ島へ行ったり、史跡を見に行ったりですね。宮殿とか、教会とか、イムディーナの古い街並みとか、かなり楽しめました。学校の経営しているホテルに滞在したのですがが、それが買い物しやすいスリーマというエリアにあって買い物にも行きました。物価がそれほど高くなく、ZARAも日本で買うよりも安かった気がします。あと、普通のカジュアルなレストランで友だちとご飯を食べに行くことも何度かありました。友人何人かでマルタ料理の店に行って、ウサギ料理にも挑戦しましたが味は……まあまあでした。マルタ料理はウサギ以外に魚とかもあっておいしかったですよ。

学校主催のイベントだけでなく、マルタ現地のMeetupのイベントにも参加してみました。英語を話したい人が集まる交流会で、現地で働いているヨーロッパ圏の人もたくさんいて、マルタでの生活に関する話も聞けましたよ。オープンな雰囲気で参加者が200人くらいいて、主催者がいろいろと仕切ってくれます。途中まではペアでしゃべってベルが鳴ったら次の人を見つけてまたしゃべる、というのを何度か繰り返して、最後はフリーでどうぞという流れでした。そこでいろんな人と話して、知らなかったことが知られたのが楽しかったです。例えばEU加盟国の国籍であればビザ無しでEU加盟国のいろんな国で働けることや、携帯電話が諸設定無しでそのまま使えることなど。日本は島国なので他の国とそういう風に交流することがないので新鮮でしたね。

日本にもいいところがたくさんありますが、他の国の人の考え方や仕事の仕方を聞くといろいろと考えさせられます。日本人は働き過ぎだとよく言われますが、外国の人と意見を交流すると確かにそうだなと思わされました(笑)。仕事の時間に対する考え方が全体的に違うなと思いました。

午前中は一般英語、午後はビジネス英語を中心としたカリキュラム

―― 今回の留学はどのような授業、カリキュラムでしたか?

朝9時から授業が始まって1コマ目が10時半まで、30分休憩を挟んで2コマ目が11時〜12時半まで、30分休憩を挟んで3コマ目が1時〜2時半までです。最初の2コマが一般英語クラスでテキストに沿って進められ、途中でペアワークもありました。生徒数は10人前後で、ドイツ、コロンビア、ブラジル、イタリア、オーストリア、ベネズエラ、韓国、日本出身の方がいました。年齢は10〜50代くらいまでいましたよ。

3コマめはビジネス英語クラスでビジネス的なトピックに沿ってペアワークで課題に取り組みます。企業の買収についてや、リストアップされた中から条件に沿ってどう選ぶかといった課題です。ロールプレイング形式で会話をする授業もあり、新規出店する際にマネージャーやマーケティング担当など、役割を分担して割り振られた立場から自分の意見を述べるということもして面白かったです。生徒数は6人前後でドイツ、コロンビア、スペイン、トルコ出身の方がいたと思います。年齢は前の2コマよりも少し平均が高めで、30〜40代が中心という落ち着いた雰囲気でした。入学時期が同じ人と仲良くなるケースが多く、私も一般英語クラスで一緒だったドイツ人とイタリア人とよく一緒にいました。

―― 普段から英語を学習されているようでしたらそちらに関してお聞かせください。

オンラインのDMM英会話と、単語が勉強できるiKnow!を活用しています。加えて最近BBCニュースのアプリでビデオを見たりしていますよ。

―― DMM英会話を始めたきっかけは何ですか?また、現在のDMM英会話利用状況はいかがですか?

実は留学する半年前からDMM英会話を利用していたんです。もともと別のオンライン英会話レッスンを利用していたのですが、そこはフィリピン人の先生が多く在籍していました。リスニングやスピーキングがだんだんと慣れてきたので、もっと色んな国の人と会話したいくて探したところ、DMM英会話がヒットしたことがきっかけで使い始めました。できる限り毎日やるようにしており、仕事から帰ってきて寝る前に利用することが多いですね。

会話に必要な瞬発力。英語で聞いてそのまま英語で返答できるようになった

―― 留学を経て何か変わったことはありますか?(英語に対する意識など)

仕事中に複数の外国人に囲まれて発言をする場面は多くありませんでしたが、留学中のグループ授業では周りはほとんど外国人で、彼らはよく発言をするんです。たいした内容でなくてもとにかくよく口を動かすんですよ。他の国に人たちが活発に発言している姿を見て「自分ももっと」と感化されて、積極的にしゃべるようになりました。留学する前に「マルタの英語教育は欧米式で、レベルに関わらず発言することを重視する教え方」という話を聞いていたのですが、本当にその通りだなと思いました。最初は慣れなくて難しいと感じることもありましたが、「しゃべろう」と決めてだんだんとできるようになりましたね。

その際に必要になるのが瞬発力だと思うんです。以前は英語で話しかけられたときに、頭の中で日本に訳して、言いたいことを考えて、それを英語に訳して話すというプロセスを踏んでいたのですが、それがだんだんと減りました。英語で聞いてそのまま英語で返答できるようになりましたよ。

―― 今後、留学予定はありますか?

具体的な予定はありませんが、マルタが気に入ったのでまた行きたいです。

―― これから留学しようと考えている方にメッセージをお願いします。

留学中に英語の勉強をしようというのではなく、勉強してから留学をするとより英語力が伸ばせますし、留学先でも自分から積極的に英語を使う状況を作ることが大事です。
日本で暮らしていると英語を話す機会は少ないので、外国に滞在している間は他の国の人と交流しないともったいない気がするんです。ついつい日本人同士で日本語を話したくなるかもしれませんが、積極的に話しかけているうちに、英語で話すことに抵抗がなくなりますよ。日常的に英語で話さなければならない環境に身を置くことは大切だと思います。