「#DMM英会話世界教師デー」で集まった講師とのレッスンエピソード10選【DMM英会話 USER’S VOICE Vol. 5】

ユーザーズボイス5

DMM英会話では2022年10月5日(水)の「世界教師デー」を記念した特別企画として、『#DMM英会話世界教師デー』TwitterキャンペーンをTwitterにて開催しました。

多くのユーザーのみなさまのご参加、ありがとうございました! 

ご応募いただいたツイートは、下記のリンクからご確認いただけます。

#DMM英会話世界教師デー

参加者のみなさんからは、「印象に残っているレッスン」「励まされて元気が出た思い出」「違う価値観や文化に気づかされた経験」などさまざまなツイートをいただきました。

1日限定の企画だったのにもかかわらず、なんと300近い応募がありました!

今回のUSER’S VOICEでは、ご応募いただいた中から10ツイートをご紹介します。

共感できるツイートがきっとあるはず。ぜひ最後まで読んでくださいね!

印象に残っているレッスンエピソード

みなさんは、特によく覚えていたり、記憶に残っているレッスンはありますか?

まずはそんな、印象深いエピソードです。

仲良しの先生とは、教材を選んでいても結局フリートークになることが多いです😊

先生の国の日本食レストランのメニューをPDFでシェアしてもらいながらお話ししたときは、遥か遠くの国でも日本に興味を持ってくれる人がいるんだなぁと嬉しくなりました☺️

講師の国の「日本のもの」を共有してもらえると嬉しいですよね。

逆に、私たちが日本で「講師の国のもの」を見つけたら、教えてあげると話が盛り上がること間違いなし!

みなさんも写真などを見せながら、いろいろな文化をシェアしてみてくださいね。

デイリーニュース記事に載っている歌手とDMM英会話の先生が友人で、ステージ上でセッションした際のエピソードを教えていただきました。世界はどこかで繋がっていると実感したレッスンでした。 

ニュース記事を読んで、講師から「この人、友達だよ。」なんて言われたらびっくりしますよね!

DMM英会話で話していると、世界はとても広いようで、実は狭いのでは!?なんて感じる瞬間があるかもしれません。

いつもお世話になっている講師に娘が生まれたので、多少書道の心得がある私はお祝いとして彼の娘の名前を毛筆を使い漢字で書いてみました。そしてその漢字の意味を丁寧に教えると、さらに喜んでもらえました。

とても素敵なプレゼントですね!

講師の名前の漢字を一緒に考えて、チャットボックスに入力したり、お絵かきツールで書いてあげるだけでも喜ばれそう。

ぜひ自分の名前の意味も説明してみてくださいね。

講師に悩みを聞いてもらった

みなさんはレッスンで講師に悩みを打ち明けたり、相談をしたりしたことはありますか?

講師とは実際に会えない分、逆に悩みを打ち明けやすいと感じる人も多いようです。

違った価値観を持つ講師だからこそ、自分では思いつかないような発想で解決策やアドバイスをくれるかもしれません。

仕事で失敗して「最悪退職かも…」と不安になっていた時、元キャリアカウンセラーだというザンビア人の先生に話を聞いてもらい、「もし退職になったとしてもあなたならきっと大丈夫」と言ってもらって心が軽くなったことがあります。

まさに悩みを相談するのにピッタリな講師でしたね!

DMM英会話の講師は多国籍なだけでなく、年齢やバックグラウンドなどもさまざま。

お悩み相談の専門家ではないとしても、人生経験が豊富だったりいろいろなキャリアを積んでいる講師も多いので、違った視点で良い助言がもらえることもあるようです。

フリーランサーのお悩みについて、フィリピンの先生とフリートーク。お互いにフリーランスだからこそ「病気になったらどうなるん?」で盛り上がりました😆 それでも自由だし、通勤時間なんて耐えられないわってことで落ち着きましたけど。

仕事についての考え方は、国によってさまざま。

でも実は、働く上での悩みは万国共通なのかも?

もし何か悩んでいることがあれば、みなさんも世界中にいる講師に話してみてはいかがでしょうか?

励まされて元気が出た

疲れていたり落ち込んでいるときは、やる気が出なくてレッスンを休みがち・・・。なんて方も多いのでは?

でもそんなときこそ、レッスンを受けるべきなのかもしれません。

落ち込んでた時に、レッスン中におもしろい話を沢山して楽しませてくれました。更に、レッスンノートに綺麗な風景の動画を載せて「疲れた時はこれを見てリラックスしてね!」と書いてくれて、さりげない気遣いが嬉しかったです😆

先生たちの優しさに元気をもらっています!

みなさんも、「元気がなかったのにレッスンが終わってみたら元気になっていた!」「レッスン後は笑顔になっていた!」なんて経験、ありませんか?

英語でおしゃべりをするだけで元気になれるなんて不思議ですよね。

違う価値観や世界のリアルな事情を知って驚いた

​​英語を学ぶことはもちろん、ニュースだけでは知ることができない国の事情や異なる価値観を知ることができるのもDMM英会話の魅力です。

レソト🇱🇸の先生のレッスンを受けた時、「日本って水道水飲めるんだ?!アジアの国は全部飲めないと思ってたよー!!」って言われたのが印象的でした。ちなみに、レソトも水道水が飲めるらしい!僕もアフリカは水事情が悪いと思ってたので勉強になった!

日本から遠く離れているアフリカは、お互い知らないことも多いようですね!

あまり馴染みがない国だからこそ、新しい学びがたくさんありそうです。

フィリピン、ジンバブエ、ウガンダの先生と会話しています。先日ウガンダの先生がレッスン中に停電になったのですが、停電中なのにもかかわらずPCのバッテリーを使ってレッスンをしていただきマジで感謝でした。リアルな世界の先生との会話は凄く魅力を感じます。

電気が使えなくなってしまったという事態でも、レッスンを続行してくれた講師に感謝ですね!

海外では日本と違い、天候が悪いだけでネットが安定しないということもしばしば。

そんなハプニングからも相手の国のリアルな状況を知ることができるのかもしれません。

講師との繋がりや絆を感じた

同じ講師と何度もレッスンを重ねると、講師と生徒の関係を超えた繋がりが生まれることもあるようですよ。

DMM英会話を始めて1年半になります。次第にお気に入りの先生ができ、毎週1回はお話していると、私のことも覚えてくれて友達のように近況を話してくれます。大学生だった先生が卒業式の写真を見せてくれたときは、我が子のことのように嬉しかったです。

親御さんになったような気持ちで講師の成長を喜んだというエピソード。

このような親しい関係は、今どきオフラインでもなかなか作れないものですよね。

友達のようになんでも話せる講師がいると、レッスンを受けるモチベーションアップにも繋がりそうです。

DMM英会話を始めたのは2017年。子どもを2人出産したため、3年くらいお休みしていましたが、昨年復帰。先日、4年4ヵ月ぶりに昔お世話になった先生のレッスンを取れました。先生と4年分の積もる話で盛り上がりました。こうやって長い間関われるのがいいなと思っています。

しばらくお休みをしていて、久々に顔見知りの講師に会えたときは特に嬉しいですよね!

積もる話で盛り上がった!というのも納得です。

価値観を変えるオンライン英会話

いかがでしたか?

みなさんも経験したことがあるようなエピソードもあったのでは?

英語を学ぶ場だけでなく、それ以上の経験ができるのがDMM英会話。

これからも世界中の講師とのおしゃべりを楽しんでいってくださいね!