バイリンガル子育てプロジェクト始動!第一回イベントの模様をお届け♫

こんにちは。
DMM英会話ブログ編集部です。

以前こちらのブログでも告知させていただいた【DMM英会話】バイリンガル子育てプロジェクトですが、8月23日にその第一回目のイベントが行われました。

場所は恵比寿三越のこども広場
当日はお足元の悪い中、たくさんの親御さん・お子さんにお集まりいただき本当にありがとうございました♫

気になる第一回目の講師は、バイリンガル育児の専門家である羽織愛さん
今回は娘さんとご一緒にイベントに参加してくださいました。

羽織 愛はおり あい
日本生まれ、日本育ち。小学校の頃から、夢は「英語の先生」。18歳で海外に初めて行った時、実践でアップルパイひとつ注文出来なかった。めげずに勉強を続け、念願の英語の先生に。「三度のメシより子ども英語教育が好き」で、趣味は英語教授法の本を読むこと。 英語科専修教員免許、言語教育学修士、SUNNY BUNNYバイリンガル育成スクールを東京に2教室運営。合気道3段。日仏英のトライリンガル。現在中国語に挑戦中。 11歳の娘は公立小学校に通いながら、SUNNY BUNNYでバイリンガルに育てる。

それでは、プロジェクトの第一弾である【羽織愛先生によるバイリンガル子育てセミナー】の様子をみなさんにもお届けしたいと思います。

「うちの子にも英語を・・・」と考えておられる親御さんは必見の内容です!

1.DMM英会話&羽織先生の紹介

taira-intro

まずはじめに広報担当の平よりDMM英会話の紹介をさせていただきました。

お次は羽織先生の自己紹介。
娘さんもご一緒に♩もちろん英語です!

羽織さん.jpg

そしてその流れで参加者の方たちにも英語で自己紹介をしていただきました。
突然のフリにも関わらず、みなさん上手に英語で自己紹介されていて、とてもビックリしました!

子供自己紹介

お子さんたちも頑張って英語で自己紹介してくれていましたよ♫

2.効果的な子ども英語教育について

レクチャー

続いて、子ども英語教育のプロでありご自身でもバイリンガル育成スクールを運営されている羽織先生より「効果的なこども英語教育」についてお話していただきました。

これまでの長年の知見と経験から、子ども英語教育をする上での大切なこと、心がけたいポイントを聞くことができました。
そのポイントは大きく3つ。

1. とにかく褒める
2. 英語の必要性を伝える
3. 日常生活に英語を取り入れて習慣化する

詳細はこの記事の後半部分で紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

3.大盛り上がりのアクティビティ

イベントの後半では、子どもたちも一緒になってアクティビティをしました。

発音練習

こちらはフルーツのイラストが描かれたカードを使った簡単な英語レッスン。
先生の発音に続いて、みなさん一生懸命に英語の発音をマネています♫

スクリーンショット 2016-08-25 12.53.37

お次は、フルーツのイラストが描かれた複数のカードを床に並べて、先生が発音したフルーツのカードを取るゲーム。
子どもたちは少しでも早くカードを取ろうと、真剣に取り組んでいました。

その様子を動画でもご覧ください♪

4.質疑応答タイム(子ども英語教育における3つのポイント)

その後の参加者からの質疑応答タイムでは、親御さんからのさまざまなお悩みや疑問に対して先生に答えていただきました。
前半の『効果的な子ども英語教育について』の内容と併せて、みなさんにもその内容をご紹介しましょう。

ほめることで英語が好きになる?

Slack for iOS Upload (5)

子どもの英語教育にとって一番重要なのは「ほめる」こと。

例えば「リンゴとイチゴどっちが食べたい?」というちょっとしたことを聞くときでも、日本語ではなく英語で聞いてみる。
そしてそれに対して"Strawberry!"と答えられたら、ご褒美にイチゴをあげてほめてあげる。

また"Milk please"とちゃんと言えたときは、牛乳をあたえてほめてあげる。

そうした些細なことでも、英語を使う環境を作ってあげて、ちゃんと英語で言えたときにはほめてあげる。そして、ご褒美をあげる。

そうすることで「英語を話すといい事があるかもしれない」と子どもに思わせることができ、英語を好きになってもらうきっかけを作ることができます。

「英語イヤだ」への対処法

続いて、お母さんたちからこのような質問が出ました。

「英語を学ばせようとして子どもが英語を嫌いにならないか心配です。『英語イヤだ』と言われたときはどうしたらいいですか?」

これは多くの親御さんが気になるところではないでしょうか。
大人は英語の必要性をわかっていても、それを子どもに伝えるのって難しいですよね。

それに対する羽織さんの回答は「英語の必要性をしっかりと伝える」というものでした。

例えば「海外旅行に行ったときにお友達欲しいよね。でも英語ができないと話せないからお友達を作れないよ」と語りかけてみる。

そのように英語を学ぶことのメリットや可能性を、子どもたちにも分かりやすく伝えてあげることが大切。

またご家庭だけで英語教育をされていて、どうしてもお父さんとお母さんの力だけでは難しくなったとき、英会話教室やオンライン英会話などの外部の力を活用してみるのも効果的だともおっしゃっていました。

日常生活に英語を取り入れて習慣化

スクリーンショット 2016-08-24 17.32.53

なかなか英語を学ばせる機会がないからと、英語教育を諦めてしまっているご家庭も多いのではないでしょうか。

しかし英語教育を難しく考えすぎず、歯を磨く、服を着る、といった日常の当たり前の事のように、英語を日々の生活に取り入れることは意外と簡単。

例えば、英語の絵本やCD。
絵本を毎晩読み聞かせてあげましょう。CDを流してあげましょう。

いつも集中して聞いてなくたっていいんです。それでも毎日英語に触れさせてあげましょう。
そうすることで自然と英語学習が習慣の一部となり、子どもにとって英語が特別なものではなくなっていくことでしょう。

以上、子ども英語教育をする上での大切なポイントをご紹介しました。

どれも決して難しいことではないですよね。
ぜひご家庭でもこれら3つのポイントを意識してみてくださいね♫

5.DMMオンライン英会話体験

20160824042846

イベントの最後では、羽織先生の娘さんに生徒役になってもらい、DMMオンライン英会話のレッスンを体験していただきました。
親御さんもお子さんもみな興味深そうにレッスン風景を見ておられましたよ♪

DMM英会話では『LET'S GO』などのキッズ教材を豊富に取り揃えております。
キッズ向け英会話指導を得意とする講師も多数在籍しているので、ぜひ試してみてくださいね♫

おわりに〜第2回イベント開催決定〜

そして最後にみんなで写真撮影をしてイベントは終了。
当日はご多忙の中、イベントにご参加いただきありがとうございました♪

そして【DMM英会話】バイリンガル子育てプロジェクト、第二回イベントが開催決定いたしました!!

▼次回イベント概要
オックスフォード大学出版局コラボイベント
日時: 10/8(土)
場所: 恵比寿ガーデンプレイスタワー21F

詳細はまた後日発表しますのでお楽しみに♪
ご都合あう方はぜひぜひご参加くださいね♪