【高校生座談会】100日間、オンライン英会話を受けてみてどうだった?

2018年12月にスタートした高校生の英語応援プロジェクト「君が本気で将来を考える100日間(以下、本100)」

高校生に人気のアプリ「Instagram」「Tik Tok」を通して参加者を募集、全国から100件のエントリーがあり、参加理由を記載したエッセイと英語でのスピーチ動画による審査を実施。その中から「本気で英語を話せるようになりたい」という強い想いを持った高校生7名が選考を勝ち進み、本プロジェクトに参加する権利を獲得しました。

参加者には1月から3月中旬にかけて、DMM英会話を受講するというミッションが与えられ、期間中に規定回数60回に満たない場合は落選というルールが設けられる中、7名全員が見事ミッションを達成

2ヶ月間のオンライン英会話受講を経て、3月24日(日)には、最終ステージとなるスピーチコンテストを開催し、7名の高校生が「あなたにとって『本100』とは?」というテーマでスピーチを行いました。

そして、京都府出身の高校2年生 安井七奈さんが見事スピーチコンテストで優勝。賞品として夏休みの短期英語留学を手にし、本プロジェクトは幕を閉じました。


 

座談会を開催しました

スピーチコンテスト終了後、参加者を集め、スナックやドリンクを片手にカジュアルな座談会を開催。ここからは、そちらの模様をお届けいたします。

果たして、100日間を通して、彼らの英語や将来に対する気持ちや姿勢に変化はあったのでしょうか?

 

メンバー紹介

小林さん

「千葉県出身の小林はるです。約10年間バレエを習っていたので、踊ることが大好きです。将来は、在日外国人や外国人観光客が安心して医療サービスを受けることができるよう、英語でも対応できる薬剤師になりたいです」

安井さん

「高校2年の安井七奈です。京都生まれ京都育ちで、学校の窓から見える五重塔は私のお気に入りです。趣味は市内散策と好きなアーティストのライブに行くこと。将来は外交官になって日本と世界の架け橋になりたいです!」

金田さん

「千葉出身の金田春香です。日タイのハーフ、タイとラオスのクオーターでトリリンガルです。周りに外国人が多いこともあり英語を学び始め、幼い頃から帰省時などで空港にお世話になっていたので、将来は感謝の気持ちを込めて空港で働きたいです!」

すずかさん

「すずかです。趣味は音楽を聴く、本や漫画を読む、映画を見ることです。国際関連の仕事に就くことが将来の目標です。夢は、大好きなDMM英会話の先生達の国を巡ることです!そのためにも、これからもレッスンで自分の英語力を高めていきたいです」

石川さん

「Hello everyone!石川菜奈です。愛媛県出身で、趣味は英語で海外の映画やドラマをみることです。また、メイクをすることが大好きです。将来の夢は、ハリウッドで映画製作にたずさわる仕事をするか、海外で俳優や女優、モデルにメイクをするメイクアップアーティストになることです」

前田さん

「前田佐恵です。神奈川県の高校1年生です。ダンス部に所属していて、踊ることと食べることが大好きです。将来は、食を通じて日本と外国の相互交流を図れるような仕事、特に食品関連のマーケティングをしたいと考えています」

佐々木くん

「佐々木銀河です。北海道に住んでいます。趣味は音楽を聴くこと。絵を書くのも好きです。将来は、英語を習得してアメリカに住んで、国際結婚をするのが夢です。目標は英語を話せるようになることです」

 

オンライン英会話を受けてみてどうだった?

ー まずは今回のプロジェクトを通して初めてオンライン英会話を受講した方、実際にやってみてどうでしたか?

安井さん

オンライン英会話は初めてだったんですけど、以前にマンツーマンの英会話教室に通っていたことがあって。オンラインは先生の顔は見えるのですが、「画面越しでも大丈夫かな」「言いたいことが伝わりにくいんじゃないかな」と思っていたんです。

でもやってみると、先生が言いたいことをしっかりと汲み取ってくださって、そういう部分でのオフラインとオンラインとのギャップは感じなかったです。

 

佐々木くん

自分で予約をしてレッスンスケジュールを決めるじゃないですか。でも、僕は自分で予定を決めるのが苦手で、特に最初の方はサボり気味になってしまっていました。

最後の方に1日まとめて5レッスンとか受講して、*ノルマをようやく達成することができたのですが、自分で予約してスケジュール管理するのが大変だなと思いました。

*プロジェクト期間中に受講回数が規定の60回に満たない場合は、スピーチコンテンツに出場できないというルールを設けた。

 

金田さん

外国人の英語の先生と直接話すのは初めてだったので、最初は緊張したんですけど、すごいいろんな先生がいて、たくさん喋ってくれる先生とのレッスンは特に楽しかったです。

 

ー では次にオンライン英会話をやったことがあった方、今回のプロジェクトを通して新たに発見したことや工夫したことなどはありますか?

前田さん

普段は同じ先生のレッスンばかりを取ることが多いのですが、プロジェクト期間中は新しい先生や、今までは予約したことがなかった国の先生のレッスンも取るようにしました。いい経験になったと思います。

 

石川さん

私は自分と話が合う先生や、自分のことを分かってくれている先生のレッスンを取っていました。初めての先生とのレッスンも勉強になるんですが、決まった先生とのレッスンを続けることで、友達みたいに仲良くなれるんです。それがすごい楽しいですね!

すずかさん

私も固定の先生が何人かいて、話すのがすごい楽しい先生、発音指導が上手い先生、文法を分かりやすく教えてくれる先生など、先生によって教え方や得意分野が違うので、「今日はこれを学びたいからこの先生にしよう」という風に予約するようにしていました。

 

思い出に残っている先生やレッスンは?

ー みんなまだちょっと緊張してるよね(笑) 遠慮せずに、お菓子とか食べてくださいね!
続いて、思い出に残っている先生やレッスンはありますか?

石川さん

私のレベルに合わせて話すスピードを変えてくれたり、発音を丁寧に教えてくれるセルビアの先生がすごいよかったです。

 

安井さん

バレンタインのときにセルビアの先生と恋バナをしたのですが、それがすごい斬新で楽しかったです。

 

すずかさん

私が好きなアーティストを先生も知ってくれていて、無事にチケットに当選したと報告すると、自分のことのように喜んでくれました。そうやって趣味のことを話せるのは楽しいなあと思いました。

 

ー DMM英会話で興味を持った国や印象深かった国はありますか?

佐々木くん

ナイジェリア! すごいみんな笑ってくれるんで話してて楽しかったです。

 

前田さん

私はカリブや南米の先生がすごい印象的でした。食べ物が好きでいつも食べ物の話ばかりしちゃうんですけど、そうした国の食べ物は、日本のものと全く違って驚くことばかりで、「え?これ食べるの?」という料理もいくつかありました。

中でも、「日本のお寿司知っているよ」と言われて、見せられた写真がバナナのお寿司だったときはちょっと衝撃でした(笑)

 

小林さん

私も先生と主食について話したことがあって、「私はご飯を食べるけどあなたはどうですか?」って聞いたら、社会の教科書に出てくるような、イモを使った食べ物の写真を送ってきてくれて、やっぱり教科書通りなんだなあって。

 

ー 学校で学んだことやテレビで見たことを、オンライン英会話を通じてリアルに知れるというのは面白いですよね。
今後はDMM英会話をどのように活用していきたいですか?

石川さん

私は将来、海外で映画関係かメイクアップアーティストの仕事をしたいので、英語をもっともっと喋れるようになるために、オンライン英会話を活用していこうと思っています。

 

前田さん

とりあえず「楽しいから続けたい」というのと、あとは大学受験や将来の仕事にも役立ちそうだなと思っているので、継続していきたいです。

 

安井さん

来年受験なんですけど、1日25分だったら受験勉強しながらでも続けられるかなと思っています。大学に行ったら交換留学にもチャレンジしたいので、そのために必要なTOEFLの対策にもオンライン英会話を使ってみたいです。

 

小林さん

プログラム中はフリートークをしていたんですけど これからは学校の授業に合わせて文法教材をやったり、デイリーニュースもやってみたいです。

 

すずかさん

英語を上達させるためというよりは、いつも取っている先生と英語を話すのが本当に楽しくてレッスンを取っているので、これからも楽しむために続けていこうかなと思っています。

 

プロジェクトの感想と今後の目標

ー では最後に、今回のプロジェクトの感想や今後の目標について教えてください。

小林さん

私はテスト前などは疲れてしまってレッスンを受けられなかったり、100日間毎日というのは無理だったんですけど、それでもプログラムに参加する前よりたくさんレッスン受けるようになったので、そのきっかけになって良かったと思っています。

これからは英語以外の教科も頑張って、将来の夢を叶えたいです。

すずかさん

プロジェクトが始まる前からレッスンを毎日受けていたので、100日間毎日するのはそこまで大変なことではありませんでした。

DMM英会話にはたくさんの国の講師がいて、先日、100ヶ国の講師とのレッスンを達成したので、これからももっといろんな国の先生と話していけたらなと思います。

佐々木くん

僕は部活やバイトもすぐ辞めてしまったり、勉強もテスト前日に5分だけとか、何をしても続けられないタイプでした。なので100日間で60回もレッスンを受けたというのは、自分の中ではすごい成果なんです。今回のプロジェクトで、継続できる力が少しでもついていればなと思います。

安井さん

私もどちらかと言うと飽きっぽくて続かないタイプで、以前のマンツーマン英会話も途中で通うのが億劫になって辞めてしまいました。

だから、今回のプロジェクトも同じことを繰り返してしまうんじゃないかと心配していましたが、1レッスン25分というのが丁度良くて、直前に予約を入れたり、しんどいときは時間をずらしたり、いつでも好きなときに受講できるからこそ続けられたと感じていますし、これからも続けていきたいと思っています。

大学では交換留学以外にも、海外旅行に行って、実際に外国の人たちと会って喋ってみたいです。

前田さん

私も飽きっぽくて面倒くさがりなのですが、オンライン英会話だと家でレッスンを受けられるし、部屋着でもお風呂上がりでも、リラックスして先生と楽しく話せます。

これからも大好きな食べ物の話をしながら、英語力を伸ばしていきたいと思います。

石川さん

以前は「あれもしたいこれもしたい!」と将来やりたいことがいっぱいあり過ぎたのですが、この100日間で“将来何をしたいのか”をしっかりと決めることができました。

これからも毎日楽しくレッスンを受けながら、将来のために頑張っていきたいなと思います。

金田さん

中学まで英語は一番の得意科目で「英語イケるわあ」と思っていたし、周りにも英語ができると思われていたのですが、いざ外国の人に街で道を聞かれたときに何も言葉が出てこなくて「あれっ」と思って…

でもDMM英会話のレッスンを受け始めてしばらくたった頃、新宿で外国の人に電車の乗り方を聞かれたんですよ。で、そのときは前よりもリラックスして自然と英語が出てきたのがすごい嬉しくて、今回のプロジェクトに参加して本当によかったなあと思いました。

また、私は子供の頃から空港が好きでよく行っていたので、感謝の意味を込めて、将来は英語を活かして空港で働きたいなと思っています。

ー みなさん、お疲れ様でした! ありがとうございました!

 

おわりに

100日間、本気で英語に取り組み、本気で将来と向き合った7人。

世界中の講師とのレッスンを通して、外国の文化や価値観に触れたり、時には趣味の話やガールズトークで盛り上がったり、参加者一人ひとりが「英語=勉強」ではなく、ひとつのコミュニケーションツールとして楽しんだからこそ、7人全員がミッションを達成できたのかもしれません。

今回のプロジェクトでの経験が、少しでもそれぞれの夢や目標の糧になってくれれば嬉しいです。