「怖い」の英語表現7選|恐怖の種類や度合いで使い分けよう

日本語だと、お化けが怖いことも、雷が怖いことも、病院に行くのが怖いことも、すべて「怖い」という単語で表すことができますよね。

でも、英語には「恐い」を表すいくつもの表現があるのをご存知でしたか?

英語の「恐い」は、怖さのニュアンスの違いによって単語を使い分ける必要がありますが、使い分けることで、恐怖の度合いや種類まで、相手に詳しく伝えることができるという利点もあります。

今日は、「恐い」の英語表現を、それぞれの意味や使い方、そして例文とともに詳しく解説していきたいと思います!
 

「怖い」を意味する英語表現7選

「怖い」を意味する英語表現7選

では実際に英語にはどのような「怖い」を意味する表現があるのか見ていきましょう。
 

afraid

afraid は「怖い」を表すもっとも一般的な英語表現です。人が恐れや不安を感じるときや、苦手なものに対して使えます。

よく「be afraid of …」のように表現します。

I’m afraid of the dark.

「私は暗闇が怖い」

→苦手や恐れを表しています。
 

She was afraid of being scolded.

「彼女は怒られることが怖い」

→叱られることに恐れや不安を感じています。
 

He is afraid of losing his girlfriend.

「彼は彼女を失うことが怖い」

→彼女を失うことに不安を感じています。
 

scared

scared も「怖い」を表すときによく使う一般的な英語表現です。怯えや恐怖、または驚きを感じるときに使えます。

afraid と置き換えて使うことが可能ですが、afraid は恐れの感情を表すのに対し、scared は恐れの状態にあることを表します。

I was so scared I couldn’t move a muscle.

「私はとても怖くて、身動きがとれなかった」

What are you scared of?

「何を怖がっているの?」

My sister is scared to fly. = My sister is scared of flying.

「姉は飛行機に乗るのが怖い」

ときどき「怖い!」という気持ちを I’m scary! と表現している人を見かけます。

確かに scary は「怖い」という意味ですが、I’m scary! と言うと「私は怖い人です」という意味になってしまいますのでご注意を。

His wife is super scary!

「彼の奥さん、ものすごく怖いんだよ!」

上記の例文のように使うなら問題ないですが、自分の感じている恐怖を表すときは「I’m scared.」と言いますので、間違えないようにしましょう。
 

frightened

frightened も scared と同じように怯えを表します。「怯えた・ぎょっとした」という意味があります。

afraid と scared と恐怖の度合いは同じですが、frightened は突然の恐れを表します。

The girl was frightened by the big dog.

「その女の子は大きな犬に怯えた」

The sound of the alarm frightened me.

「その警報音は私をぎょっとさせた」

She was frightened when her boyfriend lost his temper.

「彼女はボーイフレンドがカッとなったので怯えた」

 

terrified

terrified は「恐れて・怯えて」という意味です。frightened よりも恐怖の度合いが強く、「非常に怯えた」ときに使う英語表現です。

terror「非常な恐怖・テロ」の派生語になっていることからも、恐怖のレベルがとても高いことがわかりますね。

She was terrified of dying alone.

「彼女は一人で死ぬことを恐れた」

They were terrified that the plane might crash when the thunder struck.

「彼らは飛行機に雷が落ち、墜落するのではと非常に怯えた」

The animals were terrified by the wild fire.

「動物たちは野火に怯えた」

 

horrified

horrified

horrified は「恐怖に襲われた・ぞっとさせる」という意味です。

horror「恐怖・戦慄」の派生語で、ぞっとするような事件や残酷なことを見聞きしたときに使える英語表現です。

He was horrified when he heard the terrible news.

「彼はその酷いニュースを聞いて恐怖に襲われた」

We were horrified when we saw the footage of the war.

「私たちはその戦争の映像を見てぞっとした」

I’m horrified of watching the horror movie we’re going to see at the theater tonight!

「今夜、映画館でそのホラー映画を見るのが怖いよ!」

 

spooky

spooky は「不気味な・薄気味悪い」という意味があり、幽霊などの超常現象について言うことが多いです。

また、通常自分の怖いという感情に対して使わず、物に対して使います。

The abandoned building outside the town looked spooky in the dark.

「町外れの廃屋は暗闇の中で薄気味悪く見えた」

The forest behind the school is spooky.

「学校の裏の森は薄気味悪い」

We all sat in a dark room and told spooky stories.

「私たちは暗い部屋に座って、怖い話をした」

 

creepy

creepy は「ゾッとする・身の毛もよだつような」という意味があります。

恐怖で震えるようなことや、不安でゾッとするような感覚を表します。

There’s something creepy about the way that guy looks at me.

「あの男に見られると何だかゾッとするんだよね」

I can’t believe Kate married such a creepy guy!

「ケイトがあんな薄気味悪い男と結婚したなんて信じられない!」

I had a creepy-crawly feeling when I stayed at the old hotel.

「あの古いホテルに泊まったとき、身の毛がよだつような感じがした」

 

「怖い」の英語表現を使い分けよう

「怖い」を表す英語表現を、恐怖の種類に分けて紹介しましたが、いかがでしたか?

英語だと怖さの種類や度合いでいろいろな言い方ができましたね。

horrified や terrified などは、語源の horror と terror を一緒に覚えることで、それぞれの意味も覚えやすくなると思います。

ついつい afraid と scared ばかりを使いがちになってしまう人が多いと思いますが、ここで紹介したその他の英語表現もどんどん使って、「怖い」の英語表現をぜひマスターしましょう!