英語の冠詞は意外と簡単!「a/an」と「the」の違いと使い分けガイド

英語の冠詞は意外と簡単! a/an と the の違いと使い分け方

英語の文章を見ると「a/an」や「the」という単語があちこちに見つかりますね。
文法用語では、これらを「冠詞」と呼びます。冠(かんむり)のように、名詞の頭に付けて使われるものです。
冠詞は英語のほか、多くのヨーロッパ言語で必要不可欠な要素ですが、日本語にはこれに相当するものがありません
わずか数文字の小さな単語ですが、冠詞を間違うと違和感が生じるばかりでなく、意味が正しく伝わらなかったりするほど影響力がある単語でもあります。
当記事では、冠詞にはどのような役割があるのか、どのようなときに使うのか、そして不定冠詞「a/an」と定冠詞「the」の使い分け方など、英語の冠詞について詳しくお伝えしていきます!

英語の冠詞とは

英語の冠詞とは
対象としているモノ(名詞)が特定のものなのか、不特定のものなのかを示すために使うのが冠詞です。
英語の冠詞には a/an と the の3種類あり、a と an は「不定冠詞」、the は「定冠詞」と呼ばれ、使い方も異なります。
それではさっそくそれぞれの違いを見ていきましょう。

冠詞「a/an」と「the」の違い

冠詞の違いを分かりやすくまとめた表がこちらです。

不定冠詞 a/an定冠詞 the
「ある、1つの」の意味になり、日本語ではわざわざ表現しないことが多い日本語では「その」の意味になることが多い
不特定のものを指す特定のものを指す
可算名詞につく可算名詞にも不可算名詞にもつく
単数名詞につく単数名詞にも複数名詞にもつく
「不定冠詞」は名前の通り、不特定のモノを指すときに使います。一方「定冠詞」は、特定のモノが想定されるときに使います。
たとえば、「私は猫を飼っています」は I have a cat と言いますが、もし、I have the cat と言ったら、相手は「?」となるでしょう。
「私はその猫を飼っています」という意味になってしまうので、「どの猫のこと?」となるからです。
I have a cat.

「私は猫を飼っています」

I have the cat

「私はその猫を飼っています」

He is a student.

「彼は学生です」

He is the student.

「彼が、その学生です」

英語の不定冠詞「a/an」

英語の不定冠詞 a/an
「不定冠詞」とは、上の表にもあるように a と an のことです。ここでは不定冠詞の使い方と、a/an の使い分け方を見ていきましょう。

特定されていない可算名詞の単数形

不定冠詞は「ある、1つの」という意味なので、どれということでもない不特定の可算名詞(数えられる名詞)の単数形に対して使うのがポイントです。

a movie

「映画」

a mobile phone

「携帯電話」

a slice of cheese

「1切れのチーズ」

日本語にするときは、わざわざ「ある〇〇、1つの〇〇」のように訳さないことが多いです。
I made an omelet.

「オムレツを作りました」

Do you need a blanket?

「毛布いりますか?」

Here’s a question.

「ここに疑問が生じます」

不定冠詞「a」と「an」の使い分け方

表にあるように、a と an は機能的には同じものです。どちらを使うかは、次に来る単語の「音」次第というシンプルなルールで決まります。
母音(aeiouのこと)から始まる単語には an を、そうでなければすべて a を使うのです。

an advisor

「アドバイザー」

an international organization

「国際機関」

an urban resident

「都会の住人」

「aeiouのアルファベットから始まる単語」ではなく、「aeiouの音から始まる単語」ですから、次のようなときも an を使います。
an NBA player

「NBAの選手」

an Xbox controller

「Xboxコントローラー」

同様に、utility bill は u で始まりますが発音は「ウ」ではなく「ユ」なので、an にはなりません。
a utility bill

「公共料金請求書」

英語の定冠詞「the」

英語の定冠詞 the
定冠詞 the は、日本語にするときはよく「その」と訳されることからもわかるように、文脈や状況などから、相手が何を指しているかわかるときに用いるというのが基本的な使い方です。
具体的に見ていきましょう。

話にすでに1度登場した名詞

話の中ですでに触れているので、何を指しているのか明確なモノにつけます。

I’m reading an English book now. I bought the book 10 years ago in India.

「今、英語の本を読んでいます。その本は、10年前にインドで買ったんですよ」

最初の文は、どの本ということはなく「ある本」を指しているので a/an がつきます。そして次に続く English という単語は、母音から始まるので an を使います。
対して2番目の文は「今読んでいる英語の本」を指しているので the が使われます。
もう一つ例を挙げてみましょう。
A:There was a French restaurant around here.

「この辺にフレンチレストランがあったんですけどねえ」

B:Is this the restaurant?

「そのレストランってここですか?」

Aさんは、「ある一軒のフレンチレストラン」を指しているので a を使っています。Bさんは、「Aさんが探しているレストラン」を指しているので the を使っています。

話に登場していないが特定できる名詞

話し相手との共通認識があって何を指しているのかが特定できるならば、話に登場していなくても the を使います。
例えば、外出の際ドアにカギを掛けたか確認したいとしましょう。どこのドアを指しているのかは状況でわかるので the door となります。

Did you lock the door?

「ドアにカギは掛けましたか?」

もう一つ見てみましょう。
I have to call her. I know the number.

「彼女に電話しないといけません。番号は分かっています」

ここで言っている電話番号とは、「彼女の番号」であることは状況から分かりますね。なので the を使います。

この世に1つしかない名詞

世界に一つしか存在しないものには the を使います。
the sun(太陽)や the moon(月) はもちろん、他にもいろいろありますね。

the sky

「空」

the equator

「赤道」

the same story

「同じ話」

the only person I trust

「私が信頼する唯一の人」

the cheapest ticket

「もっとも安いチケット」

定冠詞「the」をつけることがルールになっているもの

定冠詞 the をつけることがルールになっているもの
以下のようなケースは the をつけるのが「決まり」になっています。そういうものだと思って、そのまま覚えましょう。
・楽器

Do you play the guitar?

「ギターは弾けますか?」

・一部の病名
I think I have the flu/the measles.

「インフルエンザ/はしかにかかったみたいです」

・「~家」

Is she a descendant of the Habsburgs?

「彼女はハプスブルク家の子孫ですか?」

・一部の国名

the Philippines

「フィリピン」

the United States

「アメリカ合衆国」

the Netherlands

「オランダ」

・年代

It was normal in the 1950s.

「1950年代においては普通のことでした」

・トイレ

Where is the bathroom?

「お手洗いはどこですか?」

定冠詞「the」の有無で別の話になるケース

よく使う会話フレーズで、the の有無によって意味がすっかり変わってしまうものをご紹介しておきましょう。
人に「少しお時間ありますか?」と聞きたい場面って結構あるものです。そんなときは Do you have time? と言えば、「空いた時間があるかないか」を答えてくれるでしょう。
しかし、Do you have the time? と聞いたら、現在の時刻を教えてくれるでしょう。the が入ると「今、何時ですか?」と聞いていることになるからです。

Do you have time?

「お時間ありますか?」

Do you have the time?

「いま、何時ですか?」

定冠詞 the の発音は「ザ」か「ジ」か

the の発音には「ザ」と「ジ」があり、どちらを使うべきか悩んでいる方もいるかもしれません。
定冠詞 the の発音の判別方法と使い分け方についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

theの発音の判別方法

簡単シンプル!「the」の発音が「ザ」か「ジ」かの判別方法と使い分け方

March 30, 2018

英語の冠詞を使い分けよう

外国語には多く見られるけど日本語にはない「冠詞」。
英語を学ぶ上でとても基本的かつ重要な点でありながら、どうも難しいと感じてしまうやっかいなものでもあります。
英語を母国語とする人は、あらためて意識することもなく自然に身につけ、使いこなしています。
私たちが使い方をマスターするには、記事で挙げた基本事項を頭に入れた上で、冠詞の使われ方を意識しながら英文を読むこと。「感覚」を掴むのが一番の近道になります!