city、town、metropolis はどれくらいの規模感? 市町村、都会、地方などを表す英語表現まとめ

英語には似たような意味の単語がたくさんあります。

同じように使われていると思いきや、ネイティブスピーカーは無意識に場面によって使い分けていることも多いです。辞書の意味だけを見ても、日本語に訳すと全部同じになることもあり、違いを知るのは難しい場合もあります。

今回ご紹介する「市町村」「都会・田舎・地方」を表す英語表現も、一見同じ意味のように感じるものや、規模感がわかりづらい表現もありますが、それぞれニュアンスが少しずつ違います。

今回はその微妙な違いを画像や例文とともにご紹介していきます。

「市町村」を表す英語表現

village

village

”village” は「村」のことで、"city" や "town" より小さい単位です。田舎の農村を想像していただければわかりやすいと思います。

Before moving to Tokyo, he lived in a small village in the countryside.

「東京へ来る前、彼は田舎の小さな村に住んでいました」

town

town

“town” は「町」です。村よりも大きいですが、決して都会とは言えません。

I grew up in a small town with my grandparents.

「私は小さな町で祖父母と一緒に育った」

"town" を使った英語表現はたくさんあり、ここでいくつかご紹介します。

  • out of town / in town

「町を離れる・町にいる」

I’m going to be out of town this week.

「今週は町にいないよ」

I will be in town this weekend.

「今週末は家にいるよ」

  • skip town

「誰にも言わずに(町から)姿を消す」

You can’t just skip town every time you have a relationship.

「付き合うたびに何も言わずにいなくなっちゃうのはよくないよ」

They are saying that Kaori skipped town. No one has seen her in weeks.

「かおりは何も言わずにこの町から消えたと噂になってるよ。何週間も彼女の姿を見ていないからね」

  • one-horse town

「小さな町、辺ぴな町」

馬が1頭しかいないような小さな町、という意味の表現です。

I'm finally leaving this boring one-horse town!

「ようやくこのつまらなくてちっぽけな町をでるよ!」

city

city

“city” は「都市」を意味し、”town” や ”village” に比べて大きく人口も多いです。

よく ”I’m going to the city” というようなフレーズが使われますが、これは田舎から「ちょっと都会のほうに行ってくる!」といったニュアンスです。
"city" を使った英語表現もいくつかご紹介します。

  • city slicker

「都会出身の為、田舎に住む経験や知識が全くない人」

口語的に使われます。

You've never seen a real farm?! You city slicker!

「農場を見たことないの?!この都会人め!」

  • you can’t fight city hall

「お上には逆らえません」

ことわざの「泣く子と地頭には勝てぬ」と同様の意味です。

It seems like they are going to construct a building after all. Well, you can’t do anything. You can’t fight a city hall, right?

「結局、そこにビルを建てるみたいだね。まあ、どうにもならないよ。上には逆らえないからね」

metropolis

city

"metropolis” は通常の "city" よりも大きな都市、つまり「大都市」です。形容詞系の "metropolitan" は「大都市の」の意味になります。

例えば「ニューヨーク」や「東京」、「バンコク」などがこちらに当てはまります。また、イギリスでは特に「ロンドン」を指すそうです。

Tokyo is a world-leading metropolis where tradition meets cutting-edge innovations.

「東京は、伝統と最先端の革新が共存する世界有数の大都市だ」

「都会」や「地方」を表す英語表現

urban area

urban area

“urban” は「都市の・都会の」を意味する形容詞です。"urban area" は「都市部・都市圏」です。

There was an increase in population in urban areas.

「都会の人口が増加した」

日本語でも「アーバン・ミュージック」ということがあるように、”urban music” はラップやR&B(Rhythm and bluesという音楽のジャンル)、レゲエ音楽などを指すことがあります。

suburb

suburb

"suburb" は「郊外」です。”suburban” は「郊外の」になります。

大きな都市の郊外の住宅地などは "suburbs" と呼ぶことが多いです。

I live in a suburb of Melbourne.

「私はメルボルンの郊外に住んでいます」

rural area

rural area

“rural” は「田舎の」「田園の」の意味で、”urban” の対義語です。"rural area" で「地方」「農村地域」のニュアンスになります。

大きな都市や市内から離れた農場や牧場が続くようなエリアを指します。

There was a decrease in population in rural areas.

「地方の人口が減少した」

countryside

countryside

「田舎」「地方」の意味です。

こちらは田舎のなかでも特に自然が豊かなエリアに使われます。また、その風景に対して使われることもあります。

I grew up in the countryside. I still go back there during vacations to relax.

「私は(自然が豊かな)田舎で育ちました。今でも休暇中はリラックスのために戻ります」

まとめ

いかがでしたか?

英語には似たような単語でも若干ニュアンスが違うことが多くあります。

また、一つの単語を覚えるときに、その言葉を使った熟語や口語的な言い回しも繋げて覚えるとボキャブラリーの幅もいっきに広がります。

今回ご紹介した「市町村」を表現する英語表現もぜひ使い分けてみてください!