「組み合わせ」は英語でなんと言う? ニュアンス別英語表現まとめ

「組み合わせ」は英語でなんと言う?

新しいフレーバーのお菓子を食べたとき、レストランで絶妙にマッチしたお酒と料理を味わったとき、「この組み合わせ、最高!」なんて言ったりしますよね。

さて、この「組み合わせ」という言葉、英語でどう表現するのでしょうか?

実は、日本語では同じ「組み合わせ」でも、英語にはいろいろな表現があります。

この記事では、それぞれのニュアンスを例文とともに紹介していきます。

英語の「組み合わせ」の微妙な意味の違いや、使い分けをクリアにしていきましょう!
 

「組み合わせ」を表す英単語7つ

「組み合わせ」を表す英単語7つ

combination - 「組み合わせ」

2つ以上の異なるものを1つにまとめることを、英語で combination と言います。

「組み合わせ」や「掛け合わせ」といった意味の英単語で、combination of A and B「AとBの組み合わせ・掛け合わせ」という形でよく使われるので覚えておきましょう。

ちなみに、お笑いコンビなどの「コンビ」も、combination から来ています。
※ 正しくは「お笑いコンビ」は英語で comedy duo

This house is the perfect combination of traditional and modern styles.

「この家のスタイルは、伝統とモダンの完璧な組み合わせだ」

Mayonnaise on rice!? What an odd combination!

「ご飯にマヨネーズをかけるの!? 変わった組み合わせだね!」

Vegemite and cheese are the best combination ever!

「ベジマイトとチーズは最高の組み合わせだよ!」
※ vegemite:オーストラリアの発酵食品。クセの強い味が特徴。

He successfully lost weight through a combination of diet and exercise.

「彼は食事療法と運動を掛け合わせて、減量に成功した」

 

combo - 食べ物などの「組み合わせ」

ファーストフード店のメニューなどで見かけることも多い、combo という単語。

「セット」という意味で使われ、meal と表現されていることもあります。

Can I have a cheeseburger combo/meal with coke?

「チーズバーガーとコーラのセットをください」

That was a pretty cool combo!

「さっきの、すごくいいコンボだったね!」

格闘ゲームなどで見聞きしたことがあるかもしれませんが、連続技も combo と言います。
 

blend - 混ぜ合わさった「組み合わせ」

blend も「組み合わせ」という意味の英語ですが、2種類以上のコーヒー豆を組み合わせて作るブレンドコーヒー(blended coffee)のように、2つ以上の物質が完全に混ざり合って違うものになるというイメージがあります。

ちなみに、名詞としても、動詞としても使えます。

Crafted from a blend of cashmere and cotton, this sweater is warm and lightweight.

「カシミアとコットンを組み合わせて作られているため、このセーターは暖かくて軽い」

If you blend coffee, ice and sugar together, you can make a Frappuccino just like at Starbucks.

「コーヒー、氷、砂糖を混ぜる(組み合わせる)と、まさにスターバックスみたいなフラペチーノが作れるよ」

 

mix and match - 着回しなどファッションに関する「組み合わせ」

mix and match は、とくにファッションにおける「着回す」というニュアンスの動詞です。

「このシャツにはこのスカートを組み合わせて着よう」のように、2つ以上のアイテムを選んで完成させるイメージです。

blend が「混ぜ合わせる」という意味があるのに対し、mix and match は個々のアイテムを選んで「配置させる」ようなニュアンスがあります。

This jacket is my favorite because you can mix and match it with any pants.

「このジャケットは、どのパンツにも合わせられるからお気に入りです」

また、「対象商品の中から3つ選ぶと10%オフ!」というセールもありますよね。3つ組み合わせて割引を受けるというときも、mix and match を使って表現できます。

You can mix and match any 3 items on the list and get 10% off.

「リストの中からどれでも3つ組み合わせて10%オフになりますよ」

 

pair - 対になった「組み合わせ」

pair「対になった組み合わせ=ペア」を表す英語です。

たとえば a pair of socks「靴下一足」のように使います。

Anthony and Claire make a great pair.

「アントニーとクレアは最高のカップルだね」
※ make a great/perfect pair「名コンビ・すばらしいカップルだ」

Michael and Tony are the best doubles pair in our team.

「マイケルとトニーはチームでいちばん強いダブルスペアだよ」

また、pair は「(2つのものを)組み合わせる」という意味の動詞としても使えます。

The sommelier paired our steaks with a fine red wine.

「ソムリエは私たちのオーダーしたステーキに、上質な赤ワインを組み合わせた」

 

marriage - 食材の融合を意味する「組み合わせ」

marriage - 食材の融合を意味する「組み合わせ」

marriage には、「結婚」以外の意味もあることをご存知でしたか?

実は、2つ以上の要素が融合している状態も名詞で marriage と言います。

フランス語の mariage が由来で、フランス料理で2つ以上の食材が調和していることなどを表すオシャレな言葉です。

日本語だと「ワインとチーズのマリアージュをお楽しみください」のように、「マリアージュ」と発音されます。しかし英語では、結婚と同じく marriage「マーリッジ」のように発音されますので注意してください。

食レポやグルメ雑誌のレビューで聞くような少しきどった言い方なので、日常会話では使わないかもしれませんが、知っておいて損はないかっこいい英語表現です。

The marriage between the smooth milk chocolate and the rich roasted hazelnut will tantalize your taste buds.

「滑らかなミルクチョコレートと芳醇な素焼きのヘーゼルナッツのマリアージュが、あなたの味覚をそそるでしょう」

 

match - 相性や形がぴったり合った「組み合わせ」

色や人、服など、相性のいい組み合わせのことを match といいます。

また、動詞だと「(組み合わせが)合う」という意味になります。

I tried to use blue and yellow as complementary colors, but they somehow didn’t make a good match.

「青と黄色は補色だから使おうと思ったんだけど、なぜか合わなかったんだよね」
※ make a good match「(組み合わせの相性が)合う」

These socks don’t match.

「この靴下は左右の柄が合っていない」

 

「組み合わせ」に関連する英語表現

「組み合わせ」に関連する英語表現

つづいて、「組み合わせ」に関連する英語表現を紹介していきます。

自然な英文を作れるよう、例文を参考にしてください。
 

combine (A with B)「組み合わせる」

combine は、基本的には「混ぜ合わせる」という意味の動詞ですが、文章によっては「組み合わせる」というニュアンスで使うことができます。

That park is designed to combine nature with art.

「あの公園は自然と芸術が組み合わさるようデザインされています」

We combined everyone’s opinions and managed to create the website.

「みんなの意見を組み合わせて、ウェブサイトを作ることができました」

 

go together (well)「(相性が)よく合う」

go together (well) は、「組み合わせの相性が良い」ことを意味します。

well はあってもなくてもOK!

I bought a new jacket to pair with this skirt. Do you think they go together well?

「このスカートと合わせるために新しいジャケットを買ったの。この組み合わせ、合うかな?」

Japanese potstickers go great together with beer. Try it! You can’t go wrong!

「餃子はビールと最高に合うよ。試してみて! 絶対後悔しないから!」

また、下の例文のような、go together を使った比喩的な慣用句もあります。食べ物を変えてアレンジできますので、ぜひ使ってみてください。

Jay and Michelle go together like bacon and eggs. How cute!

「ジェイとミシェルはベーコンエッグみたいにいいカップルよね。とってもかわいい!」

 

mismatched「(組み合わせが)合わない」

mismatched(形容詞)は「(組み合わせの相性や種類が)合わない」という意味で使われます。

Why are you wearing mismatched socks?

「なんでバラバラの靴下を履いてるの?」

I lost one in the dryer.

「乾燥機にかけたときに失くしちゃったんだ」

 
I went to a matchmaker and she recommended a hot guy. But in the end, we were mismatched.

「結婚相談所に行って、すてきな男性を紹介してもらったの。でも結局、彼とは相性が合わなかったわ」

 

お気に入りの「組み合わせ」について英語で話そう

ひとことで「組み合わせ」と言っても、英語ではいろいろなニュアンスがありますよね。

迷ったときは、1つにまとめているだけなのか? 混ざり合っているのか? 対になっているのか?、などどういう状態かを考えてみるとヒントになりますよ。

また、組み合わせの相性についての英語表現も使うことで、会話が広がります。

食べ物、飲み物、服装、人、インテリア…

みなさんのお気に入りの組み合わせについて、英語で話してみてくださいね!