ラブラブの秘訣はこれ!外国人の彼女&彼氏を褒める英語フレーズ

外国人の彼女&彼氏を褒める英語フレーズ

私はアメリカ人の夫と結婚してアメリカに住んで7年たちますが、夫が会う度に私のことをいろいろと褒めてくれて、戸惑ったことがありました。どうも日本人は褒められ慣れていないのか、褒められるとお世辞に受けとってしまうところがあるようです。

せっかく褒めてもらっているのにうまく好意を受け取れなかったり、また私自身も相手をあまりうまく褒められなかったりで、意外と悩んだ経験があります。

そこで今回は、恋人同士でのちょっとした褒めるフレーズと、褒めたり褒められたりするときの心がけについてご紹介します!

彼女を褒めるフレーズ

You look so beautiful.(とても綺麗だね)

女性の場合、まずは何と言っても外見を褒められると嬉しいもの。「かわいいね」と言う場合は “cute” だとやや子どもっぽいニュアンスが感じられるので、 “beautiful” 以外では ”You look so pretty.” や “You look so lovely.” などと言いましょう。

You have beautiful eyes.(瞳が綺麗だね)

外見を褒める場合も、アメリカ人はけっこう具体的に褒めます。特に女性に対しては、瞳や髪を褒める人が多いです。私は黒髪だったので、”I love your black hair.”(君の黒髪が好き)とよく言われていました。

You look gorgeous in that dress.(そのドレス姿、一段と綺麗だね)

アメリカ人は、服装や髪形を褒めることも忘れません。デートの時に女性はやっぱり服や髪に気を遣うので、そこをきちんと褒めてもらうと嬉しくなります。髪型を褒める場合は、“I like your hair today.”(今日の髪型良いね)などと言いましょう。

You are so sweet.(君は本当に優しいね)

外見はもちろん、内面も褒められると嬉しいものです。会話をしていて、うまく内面を褒めてくれる男性は、聞き上手でもあります。夫と話しているとよく “I’m so proud of you.”(君のことを本当に誇りに思うよ)と言ってくれます。

彼氏を褒めるフレーズ

You look so cool.(とてもカッコいいね)

男性も、見た目を褒められるとやっぱり嬉しいもの。“cool” には雰囲気も含めた外見の良さを褒めるニュアンスがあり、男性に喜ばれやすいです。

I like your beard.(あなたの髭が好き)

女性も、けっこう具体的に褒めます。特に髭や筋肉など、男性ならではのパーツを褒めると、男性は嬉しく思うようです。また、おしゃれに気を遣っている男性に対しては、“I love your watch.(あなたの時計、素敵)” など、服や持ち物に注目しても喜ばれます。

You are one of the smartest people I know.(あなたほど知的な人はあまり知らないわ)

男性は女性の頼りになりたいと思っているので、知性を褒められると嬉しいもの。アイデアやアドバイスをもらった時、自分の知らない話を教えてもらった時など、「ふーん」と聞き流さずにぜひ褒めましょう。ユーモアのある男性には、“Your sense of humor is wicked!(本当おもしろくて最高!)” と褒めると喜ばれます。

With you I feel like a real lady.(あなたと一緒にいると自分が女性であることをとても実感するわ)

男性は体を鍛えている人も多いです。それも女性の頼りになりたいという思いゆえだったりするので、重い荷物を持ってもらった時などは “Thank you.(ありがとう)” だけでなく、ぜひ気の利いた一言を添えてみましょう。

The world needs more kind people like you.(あなたみたいな人がもっと必要ね)

アメリカにはレディー・ファーストの文化があり、男性はとにかく女性を優しくエスコートしてくれます。それを当たり前に受け取らずに、親切心を褒めると喜んでくれます。日本人からすると褒め方が大げさに感じるかもしれませんが、アメリカ人はこれぐらい褒めますよ!

恋人に褒められた時は謙遜せずにお礼を


外国人の恋人は、とにかく褒めてくれます。でも、そこで「自分はそんなにたいしたことがない」と謙遜してしまうと、自分の価値を落としてしまう可能性があるので少し注意です。

基本的に、褒めてもらったら「ありがとう」とお礼を言うのがベストです。一方的に褒めてもらって気恥ずかしい場合は、自分も相手の良いところを見つけて褒め返すと良いでしょう。

【良い例】
I love your beautiful eyes.
「君の瞳が好きだよ」
Thank you. I love your blue eyes, too.
「ありがとう。私もあなたの青い瞳が好き」
【悪い例】
悪い例I love your beautiful eyes.
「君の瞳が好きだよ」
Really? I don’t like my black eyes.
「本当に? 私はこの黒い色が好きじゃないんだけど」

アメリカ人はお世辞ではなく本当に好意を持って褒めてくれていることがほとんどなので、ぜひ素直に受け取りましょう。

アメリカ人は恋人を人前で褒める!

私がアメリカに来て最も戸惑ったのは、この「人前で褒める」文化です。日本だと、パートナーや家族のことをついへりくだって話しがちですが、アメリカでそれをしてしまうと、相手に悪い印象を与えてしまうので要注意です。

例文を見てみましょう。

【使用例】
A: She’s my girlfriend, Yuki.
「彼女のユキです」
B: Nice to meet you.
「はじめまして」
A: Yuki is an amazing cook. You should come to our apartment to enjoy her cooking. Her teriyaki is my favorite.
「ユキはものすごく料理上手なんです。ぜひ料理を食べにうちへ来てください。テリヤキが僕の好物です」

ここで、たとえば “Yuki doesn’t speak English very well.(ユキは英語ができません)”などとネガティブな情報を入れて紹介してしまうと、相手に対する自分の価値も下げかねません。

また、人前で褒められた時も、“No, I am not a good cook.(いえ、私はそんな料理上手ではありません)”と返すより、“I am a lucky girl to have a boyfriend who loves my food!(私のごはんを大好きと言ってくれる恋人が持ててラッキーです)” などと答えた方が、相手に良い印象を与えます。

まとめ

私の実体験なども交えていろいろと紹介しましたが、一口に「褒める」と言っても日米の文化の違いもあるので、ぜひ違いを踏まえた上でフレーズを覚えてみてください。

アメリカでは「褒めすぎる」くらいがちょうどいいですよ!

【恋愛にまつわる英語表現】