【運動・筋トレ好きのあなたへ】ジムで使える英単語&英語フレーズまとめ

ジムで使える英単語&英語フレーズ

みなさんは日頃運動をしていますか?

体力の維持、ストレス解消、ダイエットなど…さまざまな理由で運動されている方がいらっしゃるかと思います。

その中でも英語を学習されている方は、ジムにいる人と英語でしゃべってみたい!運動していることを英会話の先生に伝えてみたい!海外のエクササイズ動画を英語で観たい!などと思ったことがあるのではないでしょうか。

この記事では、そんな方々に向けて、運動に関する英語フレーズをまとめてみました。

英語にしにくい単語をフレーズの中に散りばめていますので、ぜひ合わせてご一読いただければと思います!
 

運動・ジムに関する単語と表現

運動・ジムに関する単語と表現

workout & exercise (運動)

「運動」はいろいろな言葉で表すことができますが、代表的なのが ”workout”“exercise” です。

ジムで行うような運動は ”workout”(名詞)と表現されることが多く、2単語の ”work out”(動詞)は「運動をする」「筋トレをする」を意味します。

「運動」と聞くと “exercise” を思い浮かべる方も多いかと思いますが、”exercise” はより具体的な運動を指して使われる言葉です。また、”workout” よりも軽めの運動を指しても使われます。

【使用例】
Before you work out, it is important to warm up.
「運動をする前はウォームアップが大切です」

My workout routine consists of exercises like sit-ups and push-ups.
「私がいつもやる運動は、腹筋や腕立て伏せのような運動です」

My grandma exercises every morning.
「私のおばあちゃんは毎朝運動している」

shape (体調・健康状態)

英語では非常によく使われるものの日本語にしにくいのが、この ”shape” を使った表現です。

「外見」について話していると思われがちですが、「体調」「健康状態」について話していることに注目です。

【使用例】
She is 80 years old but in good shape.
「彼女は80歳だけど健康だ」

I need to work out because I’m so out of shape.
「すごく運動不足だから運動しなきゃ」

I work out everyday to stay in shape.
「体調を保つために毎日運動している」

I’ve been busy but I have to get back in shape.
「忙しかったんだけど、体調を元に戻さなきゃ」

 

lose weight / gain weight (体重を減らす・増やす)

「体重を減らす」“lose weight”「体重を増やす」”gain weight””put on weight” と表現できます。

会話での「痩せた」あるいは「太った」も、このように表現されることが多いです。”my” などの所有格は必要ないことに注意しましょう(”lose my weight” とは言えません)。

【使用例】
I want to know how to lose weight fast because I gained 10 pounds over the holidays.
「祝日の間に10パウンド増えたから、早く痩せる方法を知りたい」

 

cardio & weight training (有酸素運動・筋トレ)

「有酸素運動」は、”cardiovascular”(心血管の)を略した ”cardio (exercise)”、あるいは “aerobic exercise” といいます。

「筋トレする」”lift weights”「筋トレ」全般は ”weight training””strength training” などと呼ばれることが一般的。

固定マシンを使わない筋トレ(ダンベルやバーベルなど)は ”free weights” と呼ばれています。

【使用例】
It’s better to do weight training before doing some cardio.
「有酸素運動をする前に筋トレしたほうがいい」

筋トレの他に短距離走なども含む「無酸素運動」は ”aerobic exercise” の対義語で ”anaerobic exercise” といいます。
 

extend & flex (身体の曲げ伸ばし)

普段の会話ではあまり聞かないかもしれませんが、動きの指示の中でよく使われるので知っておきたい動詞です。

関節を伸ばすことを “extend”関節を曲げることを ”flex” と表現します。”extend” の代わりに ”straighten”(真っすぐにする)、”flex” の代わりに ”bend”(曲げる)とも言います。

【使用例】
Extend your arms and flex your wrists.
「両腕を伸ばして、手首を曲げてください」

 

breathe in / hold one’s breath / breathe out(呼吸)

「息を吸う」 ”breathe in” の他に ”inhale”「息を吐く」”breathe out” の他に ”exhale” と言うこともできます。筋トレやヨガのクラスでよく使われますね。

"hold one's breath"「息を止める」です。

【使用例】
Breathe in through your nose, hold your breath for a second, and breathe out through your mouth.
「息を鼻から吸って、一瞬止めて、口から吐いて」

 

spotting (補助)

ジムで使われる “spot” には「補助をする」という意味があります。

補助する人のことは ”spotter” といいます。

【使用例】
Do you want me to spot you?
「補助しましょうか?」

I want to do bench press but I need a spotter.
「ベンチプレスをしたいけど、補助してくれる人が必要です」

 

squeeze & relax (力を入れる&抜く)

「力を入れる」”squeeze”「力を抜く」”relax” と表現できます。

日本語を直訳しようとするとややこしいことになりそうですが、一語で表せるので簡単ですね。

【使用例】
Squeeze your abs.
「腹筋に力を入れて」

Relax your shoulders.
「肩の力を抜いて」

 

reps & sets (回数)

筋トレが好きな人はこれを知っておくといいですね。

“reps””repetitions”(反復)の略です。「何回を何セット」というときには、逆から ”3 sets of 10 (reps)” のように表します。

【使用例】
How many reps are you going to do for squats?
「スクワットは何回やるの?」

I’m going to do 3 sets of 10 (reps).
「10回を3セットだよ」

 

muscle soreness (筋肉痛)

”sore” には「痛い」という意味がありますが、運動に関する話題では”muscle soreness”(筋肉痛)を指していることが多いです。

【使用例】
My entire body is sore because I took a ballet class yesterday.
「昨日バレエのクラスを取ったから全身筋肉痛だ」

 

toned & flexible (引き締まっている・身体がやわらかい)

頑張って鍛えた身体や努力を褒められたらうれしいですよね。

「無駄な肉がなく引き締まっていること」”toned”「柔軟」”flexible” と表現できます。

【使用例】
You look toned!
「引き締まってるね!」

How can you be so flexible?
「どうしたらそんなに身体がやわらかくなるの?」

 

work on~ (~を鍛える)

“work on~”「~に取り組む」と訳されますが、運動の話では「~を鍛える」を意味して使われます。

【使用例】
I’m going to work on my abs to get a six-pack.
「腹筋を割るために腹筋を鍛えます」

「腹筋」”abdominal muscles” の略で ”abs” と呼ばれます。”a six-pack” は元々、缶ビールなどが6缶まとめて売られているものを指した言葉ですが、割れた腹筋を指して使われる言葉です。

ちなみに日本語の「三段腹」にあたるものは ”a three-pack” といいます。
 

運動・ジムで使える便利フレーズ

運動・ジムで使える便利フレーズ

I’m done with~ (~を終えました)

“I’m done with~” は、何かを終えたことを表すときによく使われます。

順番待ちしている人がいたら、一言声をかけてあげられるといいですよね。

【使用例】
I’m done with this machine.
「このマシンを使い終わったよ」

 

Can I~? / Do you mind~? (~してもいいですか?)

ジムでは「~してもいいですか?」と聞いた方がいい状況がありますよね。

そんな時に使えるのが、”Can I~?””Do you mind~?” です。 ”Do you mind~?” のほうが丁寧な印象です。

【使用例】
Can I join in this lane?
「このレーンで一緒に泳いでもいいですか?」

Do you mind if I use this mat?
「このマットを使ってもいいですか?」

 

How~? (~はどうやって?)

わからないことを聞くことは、ケガなどを防ぐ上で重要ですよね。

方法がわからないときは、“how” を使って聞きましょう。

【使用例】
How do you set the target heart rate?
「目標の心拍数はどうやって設定するんですか?」

 

Could you show me~? (~を見せてもらえますか?)

やり方を見せてもらいたいときには、”Could you show me~?” と尋ねることができます。

【使用例】
Could you show me how to adjust this seat?
「このイスの調節の仕方を教えてもらえますか?」

Could you show me how to operate the treadmill?
「ランニングマシンの使い方を教えてもらえますか?」

ランニングマシンは ”running machine” よりも ”treadmill” と呼ばれることが多いです。
 

まとめ

運動に関連した話題は、国を問わず大勢の人とシェアできるものかと思います。

ここでご紹介したフレーズの他に、筋肉やエクササイズの名称を英語で覚えておくと会話がスムーズに進むかもしれません。

周りの人とうまくコミュニケーションを取ることで、ケガや事故を避けて気持ちよく運動できるといいですよね。

国内外のジムでの会話、英会話の練習トピック、英語でしか見られないエクササイズ動画の視聴などに、今回ご紹介したフレーズを役立てていただければ幸いです。

それでは、Have a good workout!