How about と What about の違いは何? 使い分けのポイントを解説!

How about と What aboutの違い

皆さんは、How about と What about を使い分けていますか?

「えっ、同じ意味じゃないの?」と思われた方も多いのではないでしょうか。確かに置き換えて使える場合があるので、この2つは同じ意味と言っても間違いではありません。

ですがネイティブの間では、How about を好んで使う場面と、What about を好んで使う場面があるのも事実です。

ここでは、How about と What about の使い分け、そして微妙なニュアンスの違いを例文と一緒に解説していきたいと思います。

 

How about と What about の使い分け

How about と What about の使い分け

How about がよく使われる状況

How about は何かを提案するときや、誰かを誘ったりするときによく使われます。

1. How about a glass of wine?

「ワインを一杯いかがですか?」

2. How about going out for dinner tonight?

「今夜、夕食を外で食べませんか?」

3. How about pizza for lunch?

「ランチにピザはどう?」

例文1では、相手にワインを勧めています。例文2では、外食しようと提案しています。例文3でもお昼にピザを提案していますね。このような場合は How about がよく使われます。

実は、勧めたり、提案したりする How about は What about を使って表現しても間違いではありません。

自分から提案する場合は How about を使うのが一般的なのに対し、相手に「何が良い?」と聞かれ、それに対して提案する場合は What about を使うことがあります。

ただし、場合によっては違ったニュアンスに捉えてしまうこともありますので(次項参照)、お勧めや提案をするときは How about の方が What about より好んで使われる、と覚えておくと良いでしょう。
 

What about がよく使われる状況

What about は会話の中に潜む問題を確認したり、指摘したりするときに使われます。

例えば、家族が出かけているときの会話を見てみましょう。

Mother: It has really started snowing hard.

「母:雪がかなり降ってきたわね」

Father: Let’s go home before it accumulates.

「父:雪がたくさん積もる前に家に帰ろう」

Son: I'm hungry! What about dinner?

「息子:え〜、僕お腹空いたよ。晩ご飯はどうするの?」

この「晩ご飯はどうするの?」を What about dinner ? と表現することができます。

この親子の会話の中で、息子は「お腹が空いているのに、このまま帰宅するなら晩ご飯がしばらく食べられないかもしれない」という問題点を指摘していますね。

このように What about は「〜はどうするの?」「〜はどうなるの?」といったニュアンスで使うことができます。

A: I'm going to Hokkaido for a week starting tomorrow.

「明日から一週間北海道に行くんだ」

B: What about the test on Friday?

「金曜のテストはどうするの?」

 
Anna: I'm going to watch a movie with Kate tonight. Do you want to join us?

「アナ:今夜ケイトと一緒に映画見に行くけど、来る?」

Jane: Sure! I'll come.

「ジェーン:ええ、行くわ」

Sarah: What about me??

「サラ:私はどうなるの??(私は誘ってくれないの?)」

 
A: Let's go to the new restaurant across from the library!

「図書館の向かいにできた新しいレストランに行こうよ!」

B: Tonight? What about the dinner I made?

「今夜? 夕飯作ったのにどうするの?」

 

How about と What aboutどちらも使える状況

英会話シーン

ここまで How about と What about、それぞれがよく使われる状況を紹介しましたが、どちらも使える場合もあります。

How about と What about に共通する意味

相手の考えや意見を聞くとき、または相手に同じ質問を聞き返すときに、「あなたは(どうですか)?」の意味で使います。

A: How are you Ken?

「ケン、元気?」

B: I'm good. How about you? / What about you?

「元気だよ。あなたはどう?」

 
A: What do you do?

「あなたの職業はなんですか?」

B: I'm an engineer. How about you? / What about you?

「エンジニアです。あなたは?」

 
A: What are you doing tonight?

「今夜何してるの?」

B: I'm going out with my friends. How about you? / What about you?

「友達と出かける予定。あなたは?」

 

意外とニュアンスが異なる How about と What about

How about と What about の使い分けを紹介しましたが、いかがでしたか?

この2つは一見同じようなのに、意外とニュアンスの違いがありましたね。

この3つさえ覚えれば、How about と What about はマスターしたも同然!

会話の中でも、どんどん使ってみてくださいね。