"shame" の意味は「恥」だけじゃなかった! 用法をおさえて日常会話で使いこなそう!

英語のshameの意味は恥だけではない

“shame” といえば「恥」という意味が思い浮かぶ単語。「恥」を指す単語だと、なかなか日常会話で使う機会が少ないですよね。

そんな “shame” ですが、実は他の意味もあり、会話でよく使われる単語なんです。

今回は、“shame” の使い方をマスターできるように例文を交えて紹介します!

“shame” って何?

shameって何?

まず、「shame=恥」という意味で使う場合をみると、

Shame on you!

「恥を知れ!」

She felt shame for her lies.

「彼女は自分の噓を恥ずかしく思った」

このように、道徳に反することやバカなことをしたときの「恥ずかしさ」や「罪悪感」をあらわすときに使われます。ちなみに、 “ashamed” という形容詞もよく使われ、“be ashamed” と “feel shame” は両者とも同じ「恥ずかしい」という意味になります。

ただし、“shame” はあくまで、自分がしたことを「恥じる」という意味の「恥ずかしさ」。人前で歌うときに顔がポッと赤くなるような「恥ずかしさ」に “shame” を使うことはできません。

代わりに “be embarrassed” であらわしますが、日本語に訳すとどちらも「恥ずかしい」になるため、“shame=恥” だと覚えている方が多いことでしょう。

そのように覚えがちな “shame” は、日常会話でどんな意味で使われるのか、早速見てみましょう。

“That's a shame!” = 恥だね!?

会話でよく使われる “shame” とは、例えば次のようなものです。

A:Are you coming to the party tonight?

「今夜のパーティー来る?」

B:No. I think I'll pass. I have a bad cough today.

「ごめん、パスする。今日は咳がひどくて」

A:Oh, that's a shame!

「あら、それは◯◯だね」

“shame = 恥” と思い込んでいると、“That's a shame.” というセリフを聞いたら、「それは恥だね」と言われていると思い、ドキッとしますよね。

でも安心してください。この “That's a shame.” は「恥だね」ではなく、「残念だね」と言っているのです。

“Shame” には「恥」以外にも、実は「残念なこと」という意味もあり、ガッカリするようなことや不運だなと思うことを表現するときにとてもよく使われます。

“shame”を使った「残念だ」

“shame” を使った「残念だ」には、“That's a shame!”の他にもいくつかの言い回しがあります。

たとえば、

What a shame!

「残念だね」

も全く同じように使えます。また、“What a shame that 〜” や “It's a shame that 〜”、“It's such a shame that 〜” を使えば「〜なのは残念だ」という文章を作ることもできます。

What a shame that you couldn't make it.

「来れなくて残念だったね」

I really loved the band. It's a shame that they broke up.

「このバンド大好きだったのに、解散しちゃって残念だわ」

It's such a shame that ABC restaurant has closed.

「ABCレストランが閉店しちゃって残念だわ」

「恥」という意味で使われる “shame” には “a” は付きませんが、「残念だ」という意味で使う場合には必ず “a” がついて “a shame” となることに注意しましょう。

“pity”を使った「残念だ」

“What a shame!” と “That's a shame!” は “shame” を “pity” に置き換えても同じような意味になります。

What a pity!

That's a pity!

“pity” とは “shame” と同じく「残念なこと」をあらわし、これまた同じくガッカリしたときに使います。そして、こちらも文章として使うことができます。

What a pity that you didn't ask for help sooner.

「もっと早く助けを求めてくれなくて残念だわ」

It's a pity that you have to go now.

「あなたがもう行かなくちゃいけないとは残念だわ」

“pity” の場合にも必ず “a” が入って “a pity” となりますのでご注意を。

その他のさまざまな「残念だ」「ガッカリだ」

ここまで、“shame” と “pity” を使った表現を見てきましたが、実はこれ以外にもたくさん「残念だ」や「ガッカリだ」をあらわす表現があります。

I'm disappointed in you.

「君にはガッカリだよ」

It's regrettable that we had to dismiss 100 people

「100人を解雇しなくてはいけないことを残念に思います」

I'm sorry I missed you yesterday.

「昨日は会えなくて残念でした」

It's too bad that you can't come to the reunion.

「あなたが同窓会に来れないとは残念だわ」

It is unfortunate that John lost his job.

「ジョンが仕事を失ったのは残念なことだ」

I lost my wallet.

「財布なくしちゃったんだ」


That's a bummer!

「そりゃガッカリだね」(※スラング)

“shame”、“pity”、“too bad” や “bummer” はちょっとした軽い「残念だわ」をあらわす場合に使われるのに対して、"disappointed"、"regrettable"、"sorry"はもっと話し手の感情が込もった「残念だ」になり、シリアスな場面で使われることも多い単語です。

まとめ

“That's/What a shame!” は、会話の相づちとしてもとっても便利なフレーズです。これまで “shame=恥” という意味しか知らなかった方は、今日から早速使ってみてくださいね。

そして、そのほかの「残念だ」をあらわす表現も1つずつ覚え、表現の幅を広げていきましょう!

【英語の勉強はまず英単語から!】

意外な意味を持つ15の英単語

“sweet” は「甘い」だけじゃなかった! 実は意外な意味を持つ15の英単語

9月 5, 2014

まぎらわしい英単語の本当の意味・使い分け方

スッキリ解決!まぎらわしい英単語の本当の意味・使い分け方

7月 7, 2014