【大晦日・お正月】日本の年末年始を英語でどう表現する?

日本の年末年始の英語表現

一年最後の月、12月はクリスマスシーズンとして有名ですが、ユダヤ教徒の "Hanukkah"(ハヌカ)やアフリカ系アメリカ人が祝う "Kwanzaa"(クワンザ)などの行事もあり、実はクリスチャン以外の人々にとってもお祝いムード溢れる時期です。

ちなみに "Kwanzaa" とは筆者が暮らす東アフリカ・タンザニアの国語であるスワヒリ語で "first" を意味し、一週間かけてアフリカの文化・伝統に思いを馳せるお祝い行事となっています。

さて、この時期、日本もクリスマス一色になりますが、やはり日本人にとってお正月は別格です。

この記事では、そんな特別な時期、日本の年末とお正月を英語で説明するヒントをご紹介します!
 

日本人にとっての年末年始

日本人にとっての年末年始

「年末年始」は、英語で “New Year holidays” といいます。「年末年始の休暇シーズン」という言い方です。

「年の終わりと始め」といいたいなら、 “the end and beginning of the year” のように表現できます。

「大晦日」“New Year’s Eve”「お正月」“New Year’s Day”(元旦)といいます。

海外のお正月は、祝日なのは元旦の1日だけで2日から平常通りという国が大多数です。けれども日本文化においては、お正月は最も特別な時期ですよね。

“good fortune”「幸福」を意味する表現です。 “good luck” に替えてもOKです。

“longevity”「長寿」を意味します。こちらは “long life” と言い替えることも出来ます。
 

大晦日の過ごし方について

大晦日の過ごし方について

年末の挨拶

年末ならではの挨拶がありますよね。

大掃除

12月31日といえば、まずは大掃除です。

31日の大掃除は正式に定められているわけではなく、習慣としてその日に行われています。「日本の習慣上の日程」という意味を “Japanese customary calendar” で表現しています。

“customary” 「習慣的な」という意味です。「習慣」は英語で “custom” といいます。
 

年越し蕎麦

そして、大晦日の夜は年越し蕎麦を食べるのが定番です。

普段「署名、サイン」の意味で使っている “signature” は、「特徴的な」という意味で使えます。ここでは「~ならでは」という訳にしました。
 

紅白歌合戦

大晦日の夜の過ごし方の定番といえば、今でもテレビで「紅白歌合戦」を見ることといえるでしょう。

驚異的な視聴率が約半分にまで落ちた理由が気になりそうですね。

除夜の鐘

数時間に渡る紅白歌合戦が終わると、誰もが除夜の鐘に耳を澄ませます。

お正月の過ごし方について

お正月の過ごし方について

新年の挨拶

いよいよ元旦です。お正月の時期だけに交わされる挨拶は独特のものになります。

初詣

神社仏閣は初詣客で賑わいます。

おせち料理

お正月の食事はおせち料理です。

お餅・お雑煮

お正月の食には "rice cake"(お餅)の存在も無視できません。

Rice cakes are an essential part of the New Year's feast.
「お餅はお正月料理に欠かせないものです」

「欠かせない」“essential” の他にも、 “indispensable” “crucial” “a must” などの言葉で言い表せます。日本文化を語る上で「欠かせないこと」はたくさんありますよね。

Rice cake prepared in soup, called ozouni, will perfect the New Year’s menu.
「お正月のメニューは、お雑煮で完成します」

ここでは「お雑煮」「スープで仕立てたお餅」という言い方で表してみました。

形容詞 "perfect"(パーフェクト)は、文例のように「パーフェクトにする=完成させる」という意味の動詞として使うことも出来ます。

お雑煮といっても、そのスタイルは全国各地、数え切れないほどですよね。

There are many types of ozouni unique to different regions.
「地域ごとにいろいろな種類のお雑煮があります」

お餅は食べるだけでなく、「鏡餅」というお供えにもなります。

Kagami-mochi is a set of piled round-shaped rice cakes and topped with a small orange to offer to God.
「鏡餅とは2つの丸い形の餅を重ねた上に小さなミカンを載せたもので、神様への供えものです」

お年玉

お年玉の習慣もあります。

There is a custom called otoshidama, where money is given as a New Year’s gift.
「新年の贈り物としてお金を送る、『お年玉』と呼ばれる習慣があります」

Children receive “otoshidama” from their parents and other relatives.
「子供たちは親や他の親戚から『お年玉』をもらいます」

年賀状

年賀状の交換もお正月を盛り上げてくれる楽しみです。

A ”nenga-jo” is a card that is sent as a New Year greeting.
「『年賀状』は、新年の挨拶として送るカードのことです」

Everyone prepares a pile of New Year cards to exchange with family, friends, customers and clients.
「家族、友人、仕事関連の人などと山のような枚数の年賀状を送りあいます」

年賀状は、普段ご無沙汰している人たちともやり取り出来ることが醍醐味です。

Exchanging nengajo is a great opportunity to reconnect to the people you communicate less often.
「年賀状の交換は、普段あまりやり取り出来ない人たちと連絡を取るよい機会になります」

"reconnect" は、 "re"(再)+"connect"(繋がる)で「再び繋がる」という意味です。ここでは、「連絡を取っていなかった人たちと再び繋がる」という意味で使っています。

So you are going to send out nengajo to almost everyone in your address book, which will mean dozens of cards.
「そのため、住所録のほとんど全員にあたるような人数に年賀状を送ることになるため、年賀状はものすごい枚数になります」

However, it's no question that the number of physical nengajo is decreasing year by year, being replaced by e-mails and texts.
「けれど、E-メールや携帯メッセージに取って代わられて、紙の年賀状の枚数が年々減っているのも納得ですよね」
*"year by year" = 「年々」

"It’s no question"(疑問はない)で、「不思議はない、当然、納得」といった意味になります。

E-メールなどで送る実体のない年賀状に対して、実物の年賀状は "physical"(実物の)という言葉で表せます。
 

まとめ

以上、年末年始を英語で説明するときのヒントになるような表現を集めてご紹介しました。

「初詣」「おせち」「年賀状」はじめ、日本のお正月は伝えたいキーワードがたくさんあります。一つ一つを説明していくことで、外国の方にも全体的な「お正月イメージ」を掴んでもらいたいですね。

日本では、お正月は「おめでたい日」として盛大に祝うものの、パーティのような派手な祝い方ではなく、静かで厳かな雰囲気が特徴ともいえます。シンプルなキーワードでイメージを表現するなら、 "new"(新) "pure"(清) "serene"(静)といったところでしょうか。

みなさんもぜひ、英語で日本の「年末年始・お正月」を紹介してみてください!