【飛行機・電車】「シートを倒してもいいですか?」の英語フレーズまとめ

「シートを倒してもいいですか?」と英語で確認したいときのネイティブフレーズ【飛行機・海外旅行】

飛行機に乗ったら、リラックスするためにシートを倒したいときがありますよね。

今回は、後ろの席の人に「シートを倒してもいいですか?」と一言声をかけたいときの英語表現をご紹介します。

海外旅行に行く際に使える便利な英語フレーズなのでぜひ覚えて使ってみてくださいね。

※本記事でご紹介している英語フレーズは全て、英語のプロが学習者の質問に回答する無料のQ&Aサービス「DMM英会話なんてuKnow?」に詳しく記載されています。
 

「シートを倒してもいいですか」は英語で?

「シートを倒してもいいですか」は英語で?

少し丁寧な英語フレーズ

まずはどんな場面でも使える、丁寧で無難な英語フレーズをご紹介します。

すべての英語表現に共通することですが、最初に Excuse me や I’m sorry と言ってから伝えたり、承認を得たあとは Thanks と返したりすると好印象ですよ。

Do you mind if I put my seat back?

「シートを倒してもいいですか?」

シートを倒していいかをたずねる基本の英語表現です。

mind は直訳すると「気にする」という意味の英語表現なので、Do you mind は「気にしますか?」といった質問になります。

なので、シートを倒しても大丈夫の場合は No, I don't mind「いいえ、気にしません(構いません)」のような返事となるでしょう。
 

Would you mind if I reclined my seat?

「シートを倒しても構いませんか?」

would を使うとフォーマルな印象が強まり、とても丁寧な英語フレーズになります。

また、put my seat back「シートを後ろに倒す」の代わりに recline「(シートを)倒す」という英語表現を使うこともできます。

日本語でも「リクライニング」という言葉を使うことがありますね。
 

Could I recline my seat? Would it bother you?

「シートを倒してもいいですか? 気になりますか?」

bother という英語表現は「迷惑をかける」「困らせる」のような意味を持ちます。

シートを倒したら相手が気にするかどうかを丁寧に確認する英語フレーズです。
 

May I put my seat back, please?

「シートを倒してもいいでしょうか?」

May I は「〜してもいいですか」という意味の、とても丁寧な印象を与える英語表現。

put my seat back の代わりに recline を使って、May I recline my seat, please? ももちろんOKです。
 

Is it okay if I put the seat back?

「シートを倒してもいいですか?」

Is it okay if は「〜してもOKですか?」という意味の英語フレーズ。

「シートを倒してもいいですか?」のように、何かを確認したいときに便利な英語表現になっています。
 

Is it alright if I put my seat back?

「シートを倒してもいいですか?」

Is it alright if も Is it okay if と同じく、何かを確認するときに使う英語フレーズです。

相手の許可を求めているので、丁寧な印象を与えられます。
 

カジュアルな英語フレーズ

次に、少しカジュアルな英語フレーズも紹介していきます。

Mind if I recline?

「シートを倒してもいい?」

先に紹介したような英語フレーズを短くして、このように伝えてもOK。

シンプルな分、カジュアルな言い方になります。「シート倒して大丈夫?」のようなイメージですね。
 

Can I put my seat back?

「シート倒してもいい?」

Can I は「〜してもいいですか?」とたずねる、カジュアルな英語表現です。

返事は Yes, you can「はい、いいですよ」や No, you can't「いいえ、ダメです」、または単に Yes/No となることが多いでしょう。
 

Can I scoot the seat back?

「シートを後ろに動かしてもいい?」

こちらも Can I を使ったカジュアルな英語フレーズ。

scoot は「動かす」のような意味で使うことができ、「倒す」とは少しニュアンスが違いますが、相手のスペースがせまくなるという点では同じなので十分に伝わります。
 

承諾するとき、断るときの英語フレーズ

承諾するとき、断るときの英語フレーズ

最後に、「シートを倒してもいいですか?」と聞いたときに返ってきそうな返事、また自分も同じように確認された場合に使える英語フレーズを紹介します。

シートを倒す側の人が Excuse me, would you mind if I reclined my seat?「すみません、シートを倒してもいいですか?」と言ったと想定し、下記の返事の例を見ていきましょう。
 

承諾するときの英語フレーズ

もちろん Yes だけでも伝わりますが、英語ネイティブが使うような自然な英語フレーズもぜひ使ってみてください。

No problem, go ahead.

「大丈夫ですよ、どうぞ」

No problem は「問題ない」という意味で、「大丈夫ですよ」「気にしないで」のニュアンスで使われる便利な英語フレーズです。

また、Go ahead は「どうぞ」という意味。

No problem と Go ahead は、どちらもそのままで使っても十分に通じますよ。
 

Sure, of course.

「もちろんです」

Sure は、「どうぞ」のようにポジティブな返事をしたいときに便利な英語表現です。

Of course は「もちろん」の意味の定番英語フレーズですね。

Sure と Of course の両表現も No problem や Go ahead 同様、単体で使うことができます。
 

断るときの英語フレーズ

何らかの理由でシートを倒してほしくないときもあるでしょう。

No だけではそっけなく感じてしまうこともあるので、次のような英語フレーズを使ってみてはいかがでしょうか。

Sorry but I'd rather you didn't.

「申し訳ないですけど、倒さないでほしいです」

Sorry と一言謝ってから、I'd rather you didn't「倒さないでくれた方が嬉しいです」のように言うことができます。

rather は「どちらかと言えば」といったニュアンスを持つ英語表現です。
 

Sorry, it would really bother me. I'd prefer it if you didn't.

「申し訳ないけど、邪魔になってしまうので、できれば倒してほしくないです」

倒してほしくない明確な理由を伝えるのもいいでしょう。

prefer は rather に似た英語表現で、「〜の方がいい」や「〜の方を好む」といったニュアンスになります。
 

Actually I don't have much room here.

「実はここ結構せまいんですよ」

自分のスペースがすでにせまいことを伝えて、遠回しにシートを倒さないでほしいことを伝える英語フレーズです。
 

「シートを倒してもいいですか」を英語で上手に伝えよう

今回の記事では旅行先でよく使う「シートを倒してもいいですか」の英語表現をご紹介しました。

旅先で声をかけたいとき、困らないためにぜひ覚えておきたい英語フレーズです。

今回の記事に登場した英語フレーズは全て、英語のプロが学習者の質問に回答する無料のQ&Aサービス「DMM英会話なんてuKnow?」に記載されています。

より詳しい解説や、さらにたくさんの英語表現を知りたい方は「(飛行機で)シートを倒してもいいですかって英語でなんて言うの?」のページをぜひ覗いてみてください。