「写真を撮ってもらえますか?」と英語でお願いする15フレーズ

「写真を撮ってもらえますか?」と英語でお願いする15フレーズ

旅行先で人に写真を撮ってもらいたいとき、どのように声をかければいいかご存知ですか?

今回の記事ではシンプルに「写真を撮ってもらえますか?」と伝えたいときの英語フレーズと併せて、「横向きで撮ってください」「もう1度お願いできますか」など、写真を撮ってもらうときによく使う英語フレーズもご紹介しています。

旅行先で使える英語表現ばかりなので、ぜひチェックしてみてください!

※本記事でご紹介している英語フレーズは全て、英語のプロが学習者の質問に回答する無料のQ&Aサービス「DMM英会話なんてuKnow?」に詳しく記載されています。

「写真を撮ってもらえますか?」の定番英語フレーズ

「写真を撮ってもらえますか?」の定番英語フレーズ

Would you mind taking a photo for us?

「写真を撮っていただけますか?」

「写真を撮る」は英語で take a photo と言うことができます。ここでの taking/take は「(写真を)撮る」という意味になります。

Would you mind…? はとても丁寧に依頼をするときに使える英語表現です。mind のあとにくる動詞は〜ing形になるので注意しましょう。

また mind を使って質問をされた場合、快諾する場合は Yes ではなく、No, I don't mind のように否定形で答えることもポイントです。

mind は「気にする」が直訳なので、Do you mind? と聞かれたら「気にしますか?」となります。

そのため、Yes と答えると「はい、気にします(ので撮れません)」となってしまい、逆に No で「ぜんぜん構いませんよ」という意味になるわけです。

Do you mind taking a picture of us?

「私たちの写真を撮っていただけますか?」

Do you mind…? と表現することもできます。こちらも丁寧で礼儀正しいお願いの仕方です。

また、please をつけることでさらに礼儀正しい印象となりますよ。

また、photo の代わりに picture を使うことも多いです。どちらも「写真」という意味で使われます。

Excuse me, do you mind taking our picture?

「すみません、私たちの写真を撮っていただけますか?」

知らない人に話しかけるときは Excuse me と一言付け加えることで相手に丁寧な印象を与え、スムーズにコミュニケーションを取ることができます。

Could you please take a photo of us?

「私たちの写真を撮っていただけますか?」

Could you please…?(〜していただけますか?)も Would you mind…?/Do you mind…? 同様、非常に丁寧な言い回しです。

for で「私たちのために」、of を使うと「私たちの」といった細かな違いはありますが、どちらも同じようなニュアンスで使うことができます。

Could you please take a snap of us?

「私たちの写真を撮っていただけますか?」

photo や picture の代わりに snap を使うこともできます。snap も「写真」という意味で、少しカジュアル目な英語表現です。

Excuse me, could you please take a picture of us?

「すみません、私たちの写真を撮っていただけますか?」

Could you please…? を使った英語フレーズに Excuse me をつけるパターンもあります。

Can you please take our picture?

「私たちの写真を撮ってくれますか?」

Can you… は Could you… などよりもカジュアルでくだけた印象になります。

それでも非常によく使われている英語フレーズなので、そこまで気にせず使っても基本的には大丈夫です。

Do you have time to take a photo?

「写真を撮っていただくお時間はありますか?」

こちらも Can you please take our picture? に近い、カジュアルな英語フレーズです。

フレンドリーな雰囲気があれば、必ずしも Please をつける必要はありません。

Would you mind?

「お願いできますか?」

カメラを相手に渡しながらであれば、このようなシンプルな言い方でも伝わります。

パッと長い英語フレーズが出てこない場合でも、これだけ覚えておけばOK!

Sorry to bother you, could you take our photo please?

「お忙しいところすみません、私たちの写真を撮っていただけますか?」

歩いている人に話しかけたり、相手が何かしているのを邪魔してしまうなと感じたりしたときは Sorry to bother you をつけると良いでしょう。

Sorry to bother you は「お忙しいところすみません」というニュアンスがある英語フレーズです。

Hi, do you mind taking a quick picture of us?

「こんにちは、私たちの写真を1枚だけ、撮っていただけますか?」

Sorry 以外にも Hi と挨拶からはじめるのもおすすめです。笑顔でフレンドリーに話しかけるのが大切だと思います。

また、a quick picture と言うと「すぐに終わる」「1枚だけ」のようなニュアンスを含むことができます。

プラスで一言! 写真を撮ってもらうときに使える英語フレーズ

プラスで一言! 写真を撮ってもらうときに使える英語フレーズ
写真をお願いして「横でも撮って欲しい!」「ブレているからもう一枚頼みたいな」と思ったときに使える、プラスの英語フレーズをご紹介します。

Please take it vertically.

「カメラは縦にしてください」

「カメラは縦にしてください」という意味の英語フレーズです。縦向きの写真をお願いしたいときに使えます。

vertical/vertically(垂直の/垂直に)や horizontal/horizontally(水平の/水平に)といった英語表現は覚えておくと便利かもしれません。

Please take it sideways.

「カメラは横にしてください」

horizontally のほかに sideways(横向き)という英語表現を使うことも多いです。

横向きの写真をお願いしたい場面でぜひ使ってみてください。

One more time, please!

「もう一回撮ってください」

「もう一回撮ってください」という意味です。目を閉じてしまったり、ブレてしまったときに使える便利な英語フレーズです。

Sorry, could you take one more please?

「すみません、写真をもう一枚撮って頂けますか?」

こちらは上記の One more time! よりも丁寧なお願いの仕方です。「すみません、写真をもう一枚撮って頂けますか?」という、申し訳なさそうなニュアンスを相手に伝えることができます。

英語で上手にお願いして写真を撮ってもらおう

今回は旅行先で写真を撮って欲しいときに使える英語フレーズをご紹介しました。よく使う英語フレーズなので、ぜひ旅行に行く前に覚えて使ってみてくださいね。

今回の記事に登場した英語フレーズは全て、英語のプロが学習者の質問に回答する無料のQ&Aサービス「DMM英会話なんてuKnow?」に記載されています。

より詳しい解説や、さらにたくさんの英語表現を知りたい方は「(自分達の)写真を撮ってもらえますか?って英語でなんて言うの?」のページをぜひ覗いてみてください。