楽しく英語に触れるのにぴったり!幼児向け英語 YouTube チャンネル7選

我が子には将来英語ができるようになってほしい!と願う親御さんは多いのではないでしょうか。

小さい頃から英語に触れておけば、その後の学習に抵抗がなくなるかもしれませんよね。

子どもを英語に触れさせるツールとして、YouTubeは非常に手軽で便利です。しかし、数多くある動画の中から、よいものを選ぶのはなかなか時間のかかる作業です。

そこでこの記事では、アメリカで子育て奮闘中の筆者が、幼児に安心して見せられる英語YouTubeチャンネルを7つ厳選しました。お子様が楽しく英語に触れられるものを集めていますので、ぜひご覧になってみてください。

1. Alphablocks (アルファブロックス)

イギリスの放送局BBCがやっていた ”CBeebies” という幼児向けプログラムが元となっているチャンネルで、フォニックスを楽しく学べます。

フォニックスとは、綴りと発音の間の規則性に従った正しい読み方を学べる方法。英語圏の幼稚園や小学校で綴りの読み方を教えるのに広く用いられています。

頭にアルファベットが一文字ずつ付いている不思議なキャラクターが、そのアルファベットを発音します。単独のアルファベットの音だけでなく、他のアルファベットと組み合わせるとどんな音になるのかもわかるようになっているので、単語の正しい発音を楽しく覚えることができます。

2. Blippi (ブリッピ)

88万人以上がチャンネル登録している幼児向け教育動画のチャンネル。

帽子と眼鏡が特徴のブリッピという名前のお兄さんが出てきます。水族館、ミュージアム、娯楽施設などに出かける動画が多く、子どもがネイティヴとそのような場所に出かけたら実際に聞くと思われる英語を聞くことができます。

トラックやトラクターの動画もたくさんあるので、乗り物好きのお子様にもおすすめ。オリジナルの歌もキャッチ―で、ダンスも見どころです。

3. Busy Beavers (ビジービーバー)

カラフルなキャラクターと歌で、アルファベット、数字、色、形などを学べるチャンネルです。

英語を外国語として学ぶ人にも向けて作られています。音声に合わせて色が変わる字幕が付いている動画も多いので、音と合わせてスペルも覚えられるようになっています。

”What’s this?” に対して “This is~.” といった質問と回答が何度も繰り返されるものもあるので、簡単な会話ができるようになるかもしれません。 ”Play Doh” と呼ばれるカラフルな粘土を使って何かを作る動画に興味を示すお子様も多いかと思います。

4. Mother Goose Club (マザーグースクラブ)

子どもが親しむ英語と言えば、英米の童謡マザーグース

“Mother Goose Club” には、6人の着ぐるみを来たカラフルなキャラクターが登場して、マザーグースを歌います。

日本ではあまり知られていないかもしれませんが、英語圏では誰もが知っている歌、 ”Humpty Dumpty” 、 ”Hickory Dickory Dock” 、 ”Baa Baa Black Sheep” 、 ”Wheels on the Bus” などをアップテンポなノリで楽しく覚えられます。Netflixでも配信されています。

5. Toddler Fun Learning (トドラーファンラーニング)

イギリスのプロダクションが作成している動画チャンネル。

動物、数字、乗り物、童謡、童話など、さまざまなトピックの動画があります。

”Gecko's Real Vehicles” というシリーズでは、救急車や救命ボート、アイスクリームトラック、ジェットコースターなどの仕組みやそこで働いている人の様子がわかり、大人が観ても面白い内容です。

シンデレラやオズの魔法使いといった定番の童話を、ネイティヴが読み聞かせてくれる動画もあります。

6. Word World TV (ワードワールドTV)

アメリカの放送局PBS Kidsで放送されているCGアニメ

このアニメの特徴は、登場する動物や物がみんなアルファベットのスペルで描かれているところです。

公式ページによると科学的なリーディングの研究に基づいて作成されているとのことで、子どもの読み書きする能力の発達に役立つとされています。

会話のペースは少し早いので聞き取ることが難しいかもしれませんが、幼児が英語の音や文字に慣れるのに最適な動画かもしれません。

7. Yo Gabba Gabba! & Friends! (ヨーギャバギャバ!&フレンズ!)

アメリカのNick Jr.というケーブルチャンネルで放送されていた未就学児に人気の番組

DJランス・ロックというホストと、ムノ、フーファ、ブロビー、トゥーディー、プレックスという5人のメインキャラクターが登場します。

「おもちゃはお友達と仲良く使おう」といったルールや「好き嫌いせず何でも食べよう」といった生活に関するさまざまなトピックについて学べます。

エリカ・バドゥやジャック・ブラックなど、これまでに有名なアーティストが多数出演していることでも知られており、大人も楽しめる音楽が使われていることが特徴です。

まとめ

お子様に気に入っていただけそうなチャンネルがあったでしょうか?

小さいお子様には無理に見せずに、興味を示すまでいろいろな動画を見せてあげるといいかもしれません。英語は楽しいものなのだということを伝えられるだけでもきっと価値があるはずです。

今回ご紹介したチャンネルはすべて無料で視聴できるものですので、気軽に取り入れていただけるのではないでしょうか。

ぜひお気に入りの動画を見つけて、楽しく英語に触れてみてくださいね。