スキマ時間に使える!ブログアプリ「Medium」が英語学習におすすめの理由3つ

リーディング力を高めるために、BBCやCNNなどの英語ニュースサイトや英字新聞を毎朝読むと決めたのに長続きしなかった…。

そんな経験はありませんか?

そんな人におすすめしたいのが、通勤時間やスキマ時間に無理なく使えるブログアプリ「Medium」

今回は、「Medium」が英語学習におすすめな理由と、その有効活用法をご紹介します!

タグ検索で自分の興味関心事をピンポイントで探せる!

私は大学時代、英語の読解力アップのためにBBCやCNNなどの英語ニュースサイトを毎朝読むと決めてスマホにアプリをダウンロードしたのですが、毎朝ニュースをチェックする習慣が身につきませんでした。

おそらく、同じような経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか?

ニュースサイトのアプリを開くと、基本的には今欧州で話題になっている話題が中心に報道されています。それに強い関心を持てれば良いのですが、やっぱり自分とあまり関係のない事柄に対してしっかり読み込もうと思えないのが人間ですし、政治や経済などの「ニュース記事」だとどうしても構えてしまいます。

その点、「Medium」はブログを集めたブログホスティングサービス。

主に個人のブロガーが「ブログ」としてさまざまなジャンルの記事を書いています。個人目線で書かれたブログが多いので、文体もカジュアルで読みやすく世界観に入り込んでいきやすいのが特徴です。

そして素晴らしいのは、タグ検索機能があること。

自分が1番興味を持てるキーワードを検索すると、そのタグを含んだ記事を探し出すことができます。その感覚は、ちょうどインスタグラムやツイッターで知りたい情報や画像を検索する感覚に似ているので、これらのサービスを使っている人にとっては使い心地がしっくりくるかと思います。

そうやって記事を探して、もし読んだブログがおもしろければそのブロガーをフォローすることもできます。

ハイライト機能をフル活用しよう!

気になった表現を簡単にハイライトしたり共有できる。

もう1つ、私が英語学習に「Medium」が向いていると思う機能があります。

それは、気になった表現を共有できるハイライト機能です。

記事を読んでいて、「あ、この表現いいな」と思った文章を長押しすると、SNSやメール、「Medium」上でのシェアが可能になります。

また、ハイライトした文章に対して他のユーザーがコメントを加えることもできるので、英語学習が自分だけのなかにとどまらずコミュニケーションとして広がっていくおもしろさがあります。

自分がハイライトした文章に「素敵な表現だね」などと他のユーザーからコメントがくると嬉しくなりますし、ついついコメントが来ていないか確認したくなるので、アプリを開くことを習慣化しやすいというメリットもあります。フェイスブックやツイッターをチェックしたくなる心理と似ているかも?!

そのように、あまり「勉強」と意識せずに、気軽なコミュニケーションを通して英語のボキャブラリーや表現力を高めていけるのが「Medium」の良い点です。

ちなみに、他人と共有しないで自分用のメモを取りたい場合は、長押しオプションでスマホのメモ帳などに直接コピペ保存することもできますよ。

選べる豊富なジャンル!おすすめ機能で飽きる心配もなし

「Medium」にはタグ検索だけでなく、いろいろな記事に触れるためのチャネルが多く用意されています。

その1つが「おすすめ機能(Recommended)」。

アプリのホーム画面から「Follow Your Interests」というページへ飛ぶと、過去に読んだ記事や検索したタグの情報から「Medium」があなたのために、あなたの好みのジャンルをおすすめしてくれます。

どれかジャンルをタップすると、人気記事と最新記事がずらっと出てくるので、おもしろそうな記事に簡単にアクセスすることができるんです。

「自分の興味があることが何かわからない」という人にとっては、そもそもタグのキーワードを決めるのが面倒だと思ってしまうかもしれませんが、「Follow Your Interests」のページでは「Medium」がおすすめのジャンルを紹介してくれているのでその手間も省けます。

もちろん、おすすめされたジャンル以外もフォローできるので、自分の興味の赴くままに「Medium」で情報の世界を旅してみてください。

リーディングに慣れてきたら発信にもチャレンジ!

このように、「Medium」はユーザー間で盛り上がれる要素がたっぷりあるので、読んでいるうちに今度は「書き手」として発信したくなってくるはず。

普段のリーディングで学んだ単語や熟語などの言い回しを、実際にブログを書いてアウトプットすることで、より学んだことが頭に定着しやすくなります。

それでも、「英語はまだまだ完璧じゃないから…」と発信を躊躇する人は多いかもしれません。でも、とにかく書くことが大事なのであまりミスを恐れず書きましょう!

文法ミスを指摘してくれたことへのお礼。

私も「Medium」で英語の記事を書いていますが、正直完璧とは言えないです。

それでもハードルが高い!と思う人は、発想を変えて、あえて記事の最後に「文法ミスがあったら修正してください」と一言入れると、他のユーザーがハイライト機能を使ってコメントを入れてくれるかもしれません。

あえて「直してね!」というライターたち。

こんなふうにして、いろんな使い方ができるのが「Medium」の良いところ。
ぜひ上手く使って英語学習に役立ててみてください!

おわりに

最新のテクノロジーのおかげで、英語の学習法もここ数年でガラッと変わり、とても便利により楽しくなったと感じています!

英語の勉強にもなるし、ためになる情報も得られる。

「Medium」愛用者として、もっとこのサービスが多くの人に使われることを願っています!