時刻の英語での読み方をおさらい! 「時間」に関する英語表現まとめ

「時間」に関する英語表現まとめ

"Do you have the time?"(今何時だかわかりますか?)

海外旅行中に、このように聞かれたことがある方は多いのではないでしょうか。

そんなとき、とっさに正確な時間をお伝えすることができますか? ちょっと考えればなんてことない「時間」の表現も、突然聞かれると焦ってしまうこともあります。

そこで今回は、「時間」を伝える英語表現をおさらいしていきたいと思います。後半では、ネイティブもよく使う「時間」に関連するイディオムもご紹介します!

時刻の読み方

時刻の読み方

◯時

「◯時ちょうど」を表す場合は、 "o'clock" (発音:オクロック)という表現を使います。

【使用例】
1時 → one o'clock
8時 → eight o'clock

会話の中では、「きっかり」という意味の "on the dot" (発音:オンザドット)という表現も使われます。

【使用例】
He came on the dot at ten o'clock.
「彼は10時ちょうどに来ました」

日常会話などでは "o'clock" はしばしば省略されます。例えば待ち合わせの時間を確認するときなどです。

【使用例】
I'll see you tomorrow at one.
「明日1時にね」

◯時◯分

「◯時◯分」を 英語で言う場合は、「時」と「分」を分けて、それぞれの数字を読み上げます。「分」が一桁の場合は「0」を "oh" と読みます。

【使用例】
1:05 → one oh five
3:10 → three ten
8:45 → eight forty-five

午前・午後

「午前」は "AM" 、「午後」は "PM" と言います。書く場合は "a.m." "p.m." のように小文字のあとにピリオドの書き方もあります。

"AM" はラテン語の "ante meridiem" の略で「正午より前」という意味。 "PM" は "post meridiem" の略で「正午より後」の意味。

時刻を24時間表示で表す場合は "AM/PM" は使いません。

【使用例】
午前3時 → 3:00 AM
午後5時 → five p.m.
午後10時(24時間表記) → 22:00

"AM/PM" 以外の言い方だと、 "morning" "afternoon" など時間帯を表す単語を使うことも可能です。

【使用例】
午前3時 → 3:00 in the morning
午後5時 → five in the afternoon
午後10時 → ten o'clock at night

正午・午前0時

昼の12時と夜の12時はそれぞれ "noon" "midnight" と言います。

【使用例】
I'll meet you at school at noon.
「昼の12時に学校で会おう」

I'm going to stay up past midnight.
「夜の12時まで起きていることにしたんだ」

先の "AM/PM" を使う場合は、 "12 AM" が「夜の12時」、 "12 PM" が「昼の12時」です。

past と to

英語で時刻を読むときにしばしば "past(過ぎた)" "to(まで)" が使われます。

「◯時」ちょうどから何分過ぎたか、もしくは「◯時」ちょうどまであと何分か、という表現の仕方です。「30分(半)」を区切りに "past" を使うか "to" を使うか判断することが多いです。

【使用例】
1:10 → ten past one
(10時から10分過ぎた時刻)

3:40 → twenty to four
(4時まであと20分の時刻)

8:55 → five to nine
(9時まであと5分の時刻)

「分」の特殊な表現

英語では、毎時間の「15分」「30分」「45分」は特殊な言い方をすることがあります。

先の "past" と "to" を使い、「15分」は "quarter past" 、「30分」は "half past" 、「45分」は "quarter to" と言います。

"quarter" は「四分の一」、 "half" は「半分」という意味です。

【使用例】
2:15 → quarter past two
(2時から四分の一が過ぎた時刻)

5:30 → half past five
(5時から半分が過ぎた時刻)

9:45 → quarter to ten
(10時まであと四分の一の時刻)

もちろん、通常通り "fifteen" "thirty" "forty-five" と言っても全く問題ありませんし、このように言う場合も多々あります。

どちらの方が自然ということはなく、このような言い方もあるということを知っておくと便利です。

時間に関するイディオム

時間に関するイディオム

最後におまけとして「時間」に関するイディオムをご紹介します。

ネイティブもよく使う表現ばかりですので、ぜひ会話に取り入れてみてはいかがでしょうか。

Time flies

直訳すると「時間は飛ぶ」で、時間が過ぎ去るのはとても早い、という意味の表現。日本語だと「光陰矢の如し」に近いですね。

【使用例】
Time flies when you're having fun.
「楽しい時間はあっという間に過ぎる」

もっと知りたい方はこちら:
時間が経つのは早いですねあっという間って英語でなんて言うの?

It’s high time

"high time" は「ころあい」や「潮時」という意味。 "It's high time" というと、「もういい加減◯◯してもいいころだ」「とっくに◯◯すべき時間だ」のようなニュアンスになります。

【使用例】
It's high time you got new shoes.
「もうとっくに新しい靴を買ってもよかったんじゃない」

もっと知りたい方はこちら:
そろそろ買い替えどきって英語でなんて言うの?

beat the clock

直訳は「時計に勝つ」で、決まった時間の中で何かを成し遂げることを意味します。

【使用例】
You'll be able to beat the clock much easier if you learn how to use Excel.
「エクセルを使いこなせるようになればもっと簡単に時間内に終われるよ」

at the eleventh hour

「ぎりぎりで」「土壇場で」という意味。直訳は「11時間目で」ですね。

ほぼ同じ意味の表現で "at the last minute" があります。こちらは直訳「最後の1分で」ですね。

【使用例】
He decided not to enter the tournament at the eleventh hour.
「ぎりぎりで大会に出ないと決めた」

He decided to withdraw from the tournament at the last minute.
「大会を棄権することを最後の最後で決断した」

もっと知りたい方はこちら:
出かけなければいけなくなりましたって英語でなんて言うの?

around the clock

直訳すると「時計を回る」で、その言葉のイメージ通り「24時間ぶっ通しで」「休みなく」といった意味になります。

【使用例】
I've been working around the clock to get this project finished.
「このプロジェクトを終わらせるために休まずにずっと働いてるよ」

もっと知りたい方はこちら:
24時間営業のスーパーって英語でなんて言うの?

in no time

「すぐに」「一瞬にして」という意味。ここでは "no time" は「ごく短時間」の意味。

【使用例】
I'll have it done in no time.
「一瞬で終わらせるよ」

まとめ

いかがでしたか?

今回は、意外ととっさに出てこない「時刻」を表す英語表現をおさらいしました。

誰かに "Do you have the time?" と聞かれたらこの記事を思い出して、サラッと教えてあげましょう!

「時間」に関連するイディオムも、どれもよく聞く表現ですのでぜひ活用してみてください。