DMM留学ブログ

フィリピンではどんな服を着ればOK?ドレスコード事情をご紹介

中森りほ

中森りほ

温暖な気候で英語留学先としても人気が高いフィリピン。「Tシャツに短パン、ビーチサンダルがあればいいかな」と思っている人も多いかもしれませんが、実際現地の人はどのような服装をしているのでしょうか? また、場所によってドレスコードなどのルールはあるのでしょうか?

今回はDMM留学カウンセラーのお話と、実際にフィリピン留学を経験した筆者の体験を元に、フィリピンのドレスコード事情をご紹介します。

普段の生活を送る上での服装

フィリピンの年間平均気温は27℃前後。一年を通して大きな気温の変化はなく、温暖で過ごしやすい気候のため、服装はTシャツに短パンというスタイルの人が多く見られます。ただ紫外線や日差しが強いことや、学校の教室やショッピングモール、映画館などは冷房がガンガン効いていて寒いため、一枚羽織れる長袖を持っておくと安心です。

また、役所やオフィスビルを利用する場合は、短パンやビーチサンダルでは入れない場合があります。念のためそういった場所に行くときは、きちんと長ズボンやロングスカート、靴を着用するようにしましょう。


注意すべき服装、好まれる服装

先ほど服装は基本的にTシャツと短パン、ビーチサンダルで問題ないとお話ししましたが、過度な露出は好ましくありません。男性の場合は短すぎるズボンやタンクトップは避け、襟付きのワイシャツやポロシャツに、通気性の良い長ズボンが好ましいでしょう。

女性もチューブトップやマイクロミニスカートなど露出の多い服装は避け、日焼けや冷房対策にも便利なショールやストールを羽織って、清潔感のある服装が好ましいでしょう。女性の場合ヒール靴もあまりおすすめしません。フィリピンは道が舗装されていない場所も多くあるため、歩きやすいぺたんこな靴やサンダルが良いでしょう。

また、一目で高級だと分かる服や、ブランド物を身につけるのも危険。街中で犯罪者に狙われやすくなるため、避けた方が良いでしょう。多くの語学学校では洗濯を代行してくれるサービスがありますが、洗濯の質も保証されているわけではないため、色落ちしたりすることも。そういった意味でも高級な服装、傷んでは困るような衣服は持っていかない方が良いでしょう。

語学学校のドレスコード

これまで普段の生活をする上での服装についてご紹介しましたが、語学学校によってはドレスコードが設けられている場合もあるので注意が必要です。基本的に服装に関しては厳しくない学校の方が多いですが、ドレスコードのあるフィリピンの語学学校では、男性であればサンダル、短パン、タンクトップが禁止され、女性であれば露出の多いスカートやホットパンツ、キャミソールが禁止されていることも。そのため男性であれば長ズボンに靴、襟付きのシャツ、女性であれば袖のあるトップスに膝下のボトムスなどがドレスコードとして基本設定されているケースがあります。

特に、オフィスビルに併設されている学校などは、オフィスビルで設けているドレスコードがあって、ビーチサンダルで入ろうとしたらストップされてしまったケースもありますので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

ただし、形式上ドレスコードを設定しているけれども、そこまで厳しくない学校が多いのも事実。オフィスビル内に学校がある場合も、学校内では少し短めのスカートやホットパンツ、短パンはある程度許容される場合が多くあります。逆にドレスコードが特にない学校でも、併設されたスポーツクラブやスポーツジムでは、日本と同様にサンダルや裸足は禁止。利用する場合は、運動靴として室内履きを持参するようにしましょう。

レストランやバーなど高級飲食店のドレスコード

フィリピンにも近年高級レストランやおしゃれなバーが増えてきています。ドレスコードを設けていないところも多いですが、ビーチサンダルやタンクトップ、男性の短パンは避けるのがベター。可能であれば男性は襟付きのトップスに長ズボン、女性はワンピースにショールやカーディガンを持参しておくのがオススメです。

レストランによっては公式HPにドレスコードを記載している場合もあるので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

パーティーやクラブでのドレスコード


パーティが開催される場合は、基本的にドレスコードの通知があることがほとんど。多くの場合、男性ならスラックス(もしくはそれに準ずるもの)に襟付きのシャツ(ポロシャツもOK)、女性なら過度な露出を避けたドレスやワンピースというドレスコードが多いです。会場は冷房も強めに効いていることが多いので、女性はカーディガンやショールなど一枚羽織れるものを持っておくと便利です。

カジノのドレスコード

大人の社交場として紳士淑女が集うカジノは、ドレスコードがあるのが一般的。カジノの聖地であるラスベガスやマカオであれば、フォーマルな服装がドレスコードになっていることも多いですが、フィリピンのカジノの場合、スニーカーやジーンズでも問題ない場合が多いです。リゾートエリアに設けられたカジノなど、場所によってはビーチサンダルや短パンがOKな場合も。

ただし、利用するカジノによって異なるので、事前にドレスコードを確認するのがオススメです。男性は長ズボンでジャケットを羽織る、女性はワンピースなどが無難でしょう。中にはネクタイ着用がドレスコードになっている場合もあります。また、プレイ中は怪しまれないよう帽子やサングラスは外すようにしましょう。ちなみにフィリピンにあるカジノの年齢制限は男性21歳以上、女性18歳以上。語学学校ではカジノへ行くこと自体が禁止されている場合もあるので、きちんと確認しておきましょう。

この記事を書いた人

中森りほ

中森りほ

フリーライター&編集者。セブ留学を2度経験。現在『Hanako.tokyo』や『Dress』『Rettyグルメニュース』『SAKETIMES』『はたラボ』などのウェブメディア、エリアガイド本『吉祥寺本』『OZmagazine』などの雑誌にて記事を執筆中。

DMM留学ブログトップ