0120-03-6761

10:00〜20:00 ※土日祝11:00〜18:00

DMM留学ブログ

フィリピン留学したいけど虫はちょっと…。遭遇する虫の予防と対策について解説します

みなみなみ

みなみなみ

フィリピンは熱帯性気候で年間の平均気温は26~27度ほど。年中暖かく、寒い時期はありません。温暖なフィリピンでは、日本よりも多くの虫が生息しています。雨季には、虫を媒介しデング熱やマラリアが大流行することもあります。

これからフィリピンに留学予定の方は、フィリピンにどんな虫がいてどう対策をすればいいのか気になるでしょう。日本から殺虫剤を持参する、こまめに部屋の掃除をする、などで虫の発生予防になります。

この記事を読んでフィリピンにいる虫の発生や予防方法を知り、虫知らずの留学生活を送りましょう。

フィリピンにはどんな虫がいる?

フィリピンでは、蚊、ゴキブリ、アリ、ハエ、ダニ、ノミなどの虫が発生します。

遭遇する虫について

虫の発生と予防の対策方法について

高温多湿なフィリピンの気候は虫の発生しやすい環境です。虫に遭遇しないためには、その発生をなるべく抑え、刺されないように予防することが大切です。

外出時にも薬を持ち歩き、すぐに塗れるようにしておきましょう。殺虫スプレーを手の届きやすいところに置いておけば、すぐに退治できて安心です。

日本から薬やグッズを持参すれば安心

フィリピンでも一部の殺虫剤は購入ができます。しかし、成分表示や使い方が英語だと心配だという方や、成分自体が心配だという方も日本からの持参をおすすめします。

蚊とりボトルの作り方

フィリピンに手に入るものだけで、手軽に蚊とりボトルを作ることができます。フィリピンの地元企業マイニラッド社が市民に配布したところ、デング熱による死者が前年同月比55%も減少しました。

蚊にはデング熱、マラリアなどの伝染病の可能性もある

蚊に刺されるとかゆいだけでなく、マラリアやデング熱などの感染病にかかる可能性もあります。蚊は特に雨季に多いですが、それ以外の時期にもいるので注意が必要です。

デング熱とマラリアは、発症すると風邪のような症状が現れます。その後は一気に38度から40度くらいまで熱が上がります。他にも関節痛や頭痛、全身への倦怠感などの症状が現れます。診察は血液検査しかなく、自己判断は禁物です。早ければ数日の入院と投薬で完治しますが、重症化すると死に至ることもあります。

その他の虫、動物について

フィリピンには他にも虫や動物がいます。

虫に遭遇しないためにはどうすればいい?

できるだけ虫にあわないためには、なるべく新しい校舎や宿舎の学校、緑の少ない学校を選べば遭遇率は下がります。

もう一つは、セブやマニラと比較して涼しい場所を選ぶという方法があります。マニラからバスで5~6時間北上した、標高1500mの所にバギオというところがあります。セブやマニラと比較して、気候は年中を通して非常に涼しく気温は20度前後。肌寒い日も多いため、比較的虫が少ないです。

まとめ

常夏の国フィリピンには、日本と比較してたくさんの虫がいます。中には病気を媒介する虫も存在するため、軽く考えるわけにはいきません。出発する前から予防方法を知れば、現地到着後すぐに対策ができ発生を最低限に抑えることができます。前もって対策をし、虫の心配のない留学生活を送りましょう。

この記事を書いた人

みなみなみ

みなみなみ

DMM留学ブログトップ