PROLOGUE

今回、親子留学体験をしてきたのは、私と4歳の年少の娘。普段の娘とのコミュニケーションは8〜9割が日本語の生活。通っている園も普通の幼稚園。
そして、娘にとっては「初海外」! 普段の生活と全く違う日々を過ごすことになる親子留学。娘の性格から楽しんで過ごす様子は想像に付くものの、親として色々と不安や気になる点もありました。ですが、そんなこちらの不安をよそに、子どもはセブ島での日々をとっても楽しみ、1日みっちりある授業も「受け足りない!」となる程に充実した日々を過ごせていたようです。日本で過ごす日常からかけ離れた生活は、お勉強時間がたっぷりあるにもかかわらず、親子共にリフレッシュでき、親子時間においてもとっても充実した楽しい時間ともなりました!
やや緊張から始まった親子留学が、どんどん笑顔たっぷりな日々に変わる瞬間を動画を通してもぜひご覧くださいね!

今回親子留学をされた方はこちら!

林智代乃

林智代乃

今回、セブ島親子留学体験をさせて頂いたのは、バイリンガルの育て方講師のわたし、林智代乃と4歳年少の娘。

娘は日本語メインのバイリンガル子育ての中、1歳半には言いたい事を独力で日英どちらでも文章立てて言えるバイリンガルに育つも、海外経験は本当に初めて!
好奇心たっぷりで意欲的な娘が今回の親子留学を通してどんな風に成長するのか楽しみな気持ちで参加してきました。
普段、英語を話す事がない私(娘は私が英語を話せないと思い込んでいます)と行く海外とあり、娘の男気もたっぷり見る事ができた体験でしたよ!

続きを読む 閉じる

FLOW

DMM留学で行く!「親子留学 in フィリピンセブ島」の流れ

  • STEP 01カウンセリング&学校選び

    海外旅行経験や留学経験がそれなりにある私。ですが、『子連れ海外』『親子留学』はまた全くの別物で、「親の私も初海外?!」な勢いで気になること・不安なことが出発前はたくさんありました。
    そこで、これらの不安を一気に解消すべくDMM留学のカウンセラーさんに相談!学校のこと・食事のこと・移動時に気を付けるべきこと・持って行くと安心なもの・ネット環境などなどをたっぷり相談させて頂きました!
    相談前は親子留学に関するイメージが全く湧かず、本当に色々と気になる点・不安な点が多く出てきてしまいソワソワしていた私。ですがカウンセリング後は、だいぶ親子留学のイメージ像がはっきりし、ソワソワがいつの間にかワクワクに変わっていました。
    カウンセラーさんには無料で相談ができるので、ここでバッチリ疑問や悩みを解決していかれると良いですよ!

  • STEP 02留学準備&出発!

    親子留学に際し、ありがたいことに特別買い揃える必要があるものはなかったので、より得てくるものが多い親子留学にしようと色々な角度で親子留学準備をした我が家。
    娘にとって初海外&初フライトなので、『飛行機』に関する英語絵本や英語で書かれた『世界図鑑』を用意し出発までの数日、毎日のように読んだりしていました。
    お陰で、親子留学先の学校だけが学びの場ではなく、出発の空港からが親子留学としての学びの場になっており、娘からの英語も沢山聞くことができました!
    また、予め絵本等を通して触れていたことで、親子留学へのワクワク度も子どもの中で高まっていたのは間違いなかったです!

  • STEP 03空港でピックアップ

    およそ5時間のフライトを終え、セブ島に到着!セブ島は、私にとっても初めての土地とあり、親子でやや緊張気味だったのですが、お迎えに来て下さった方が『日本人』の方でなんだかホッとした気持ちと安心感から、緊張がさっくりと解けた私たち親子です。
    学校に向かうまでの道中、「セブ島で今流行っているもの」「留学中の生徒さんのフリータイムの過ごし方」などの現地情報を日本人目線で教えて下さったので翌日からの滞在がなおさら楽しみになりました!

  • STEP 04オリエンテーション

    オリエンテーションや学校案内は、英語で全て行われるものだと思っていたのですが、学校には必ず日本人スタッフの方がいらっしゃるので、日本語で案内いただき、一安心。
    英語だと気になることがあっても、微妙なニュアンスを伝えることが難しかったりして困ることがあったりしますが、日本人のスタッフさんがいるため、学校に関して気になる細かい点などをしっかり伺うことができ、なんだか心強くも感じました。
    自分ひとりでなく、子どもを連れての親子留学では、「安心するポイント」があるのは本当に大きかったですね!

  • STEP 05授業を受ける

    親子共にビッチリしっかり授業があるセブ島親子留学。もちろん、親と子は別々に授業です!
    初めての場所・初めましての先生たちに最初はとても緊張していた娘ですが、しっかりとした授業を進めていかれる合間合間に、絵本の読み聞かせをして下さったり、思いっきり一緒に遊んで下さったりするので、「最初の緊張はどこへ???」というくらい、満面の笑みで過ごしていた娘です。
    1日7コマ程の授業をし終えた後にもかかわらず、娘は「もっと授業したかったー!」と毎回言うほど、授業を楽しんでいました!

  • STEP 06学校提携の宿泊先に泊まる

    学校提携の宿泊先は「ホテルか?!」というほど、とっても広くて綺麗なお部屋!
    「子どもにとって慣れない場所でのお泊りは、大丈夫なのかな……」と当初は気になっていたのですが、蓋を開けてみれば娘はスグに宿泊先を気に入り、自分の部屋かのように過ごしていました(笑)。
    Wi-Fiも完備されているので、DMM英会話さんのオンラインレッスンを受けたり、日本にいる家族にSkypeで話すことができたりと、お部屋でも充実した時間を過ごすことができました!

  • STEP 07週末はセブ島を満喫する

    セブ島といえば、そう!リゾート地。
    綺麗なビーチを訪ずれることも、今回の親子留学の楽しみの1つだった私たち。白い砂浜に青い海でとっても綺麗なビーチでした!
    娘は綺麗な海に大喜び!そして日本では見られない貝殻などをたっくさん拾い、喜んでお土産の1つにしていた娘です。
    週末はこういったビーチでリゾートを満喫することができるので、メリハリある日々を送れ、ただの『お勉強』で終わる親子留学にならないのが、セブ島親子留学の魅力だなと感じました。

  • STEP 08卒業式

    学校最終日の授業後は、卒業式!卒業式では1人ひとりに卒業証書が渡され、1人30秒ほどのスピーチをする時間を設けられます。
    娘は、卒業式の雰囲気に「何事???」と言わんばかりに圧倒され緊張しきりだったため、スピーチをすることができず……。
    今回、親子留学をしていたのは私たちだけだったため、他のお子さんと一緒になることはなかったのですが、オフィスの方曰く、英語が喋れないで来たお子さんたちも卒業式ではスピーチをして帰っていっている程になっているとのことです!

親子留学にご興味をお持ちの方はこちら

無料カウンセリング受付中

Q&A

親子留学 in セブ島! こんなときどうする?

  • 子どもが急に熱になった!

    親子留学をすると出てくる心配はやっぱり「子どもにまつわること」ばかり。特に「急な発熱があったらどうしよう……」という不安は、小さな子どもを連れて行かれる方には多いですよね。
    学校によっては校内に医務室があり、何かあった際はそこで診て頂くことが可能なので、安心して学校滞在ができた私です。ただ、医務室に行けばいつも先生がいらっしゃる訳ではなく予め予約をしてからの受診になりますので要注意です。

  • 子どものやる気や集中力が持たなかったら?

    ワクワクで行く親子留学。
    しかし「慣れない場所な上に、授業コマ毎に先生が変わることでなかなか慣れず、授業にならなかったら……」「授業コマが多くて子どもの集中が持たなかったら……」などの「子ども」だからこそ出てくる不安。
    私も娘の「人見知り」と「集中力のなさ」が気になっていたのですが、先生方は子どもの興味あるものから上手にレッスン内容を膨らまし授業を進めていって下さるので、子どもの緊張は自然と解け、集中して取り組んでいました。私がこっそり覗きに行っても娘は全く気付いていなかったですしね。

  • 子どもを遊ばせるところはある?

    授業後などに子どもを遊ばせる場所はあるのか気になるところ。「公園」という「公園」はないのですが、私はほぼ毎日、大きなショッピングモール内にある子ども広場に連れて行っていました!
    モールによっては、日本の企業グループの子ども向け遊具施設などがあったりするので、子どものストレス発散にもなったり、現地の子どもたちと混ざって遊ぶ事ができるスポットは結構ありましたよ!我が家の娘は日に日に現地の子どもたちと馴染んで遊んでました(笑)

親子留学がもたらした
子供の成長

「いつかはしてみたい!」とずっと思っていた親子留学。今回、たった1週間の体験でしたが、この体験が出来て本当に良かったです。

『うちに着くまでが遠足!』ではありませんが、留学先で滞在している時だけが『親子留学』ではなく、留学が決まったその日から、帰国後までが留学なんだと感じ楽しめた事がやはり一番の収穫でした。
というのも、親子留学をきっかけに興味の幅が本当に広がり、英語のみならず、たくさんの知識までも身に付けていってくれた経験になったから。

お陰で日々の家庭での英語の取り組みだけでなく知育にも繋がるほど、日々の関わりに良い刺激となっていったのは言うまでもありません。

そして今回の親子留学を通して何よりも1番に感じたことは、「初めての留学体験がセブ島でよかった!」ということ。

セブ島での授業はプライベートレッスンをしっかりしてくれるので、『英語の基礎』と『英語に対する自信』を同時にしっかり育ててくれるから。
お陰で、我が家は8〜9割は日本語メインの生活でしたが、帰国後は娘自ら進んで英語を使うようになった姿があったほど。セブ島親子留学は留学のファーストステップにとっても良いものだと感じました。
帰国後にしたDMM英会話さんのオンラインレッスンでも、いつもより長めのセンテンスを自信たっぷり話している姿がありましたよ。

たくさん遊びながら、たくさん学ぶことができた、今回の親子留学体験。
子どもは一皮も二皮も剥けて成長し、親子の絆もまた深くなった体験でした!

EXPERIENCE

林さん親子のオススメ体験 in セブ島

  • 国際交流で、子どもの興味の幅を広げる

    留学当初は、文化の違いや初めての場にやや戸惑いを隠せなかった娘でしたが、セブの人たちの温かく愛情たっぷりに関わって頂けたお陰で、大きな不安などを抱えることなく過ごせた1週間でした。
    また私たちが通った学校は、韓国・中国・台湾・ベトナム・ロシアなどなど色々な国から来ている学生さんもおり、みんなが小さな子どもを可愛がってくれるので、娘にとって学校の中で国際色豊かな関わりができた経験は、とっても楽しく、さらに興味の幅が広がった経験だったようです。
    現に帰国後すぐに娘に「地球儀が欲しい!」とおねだりされてしまったくらい、たった1週間で美味しい経験が出来た娘でした。

  • ママのリラックスタイムにもなるリゾート留学

    親子留学って、ワクワクで楽しい時間なのですが、同時に最初は親にとって「とても気を張る」体験。
    4歳の娘と2人で行く親子留学だったからでしょうか、2日目までは、子連れならではの緊張があり、結構疲れたのが実のところでした(笑)
    そんな緊張している自分にとってリラックスできる時間にもなったのが、スパで受けたマッサージ。セブ島は、『スパアイランド』とも言われている程に極上のスパ体験が、とてもリーズナブルな価格帯で受けることができる場所。送り迎え付き・託児付きのスパでは、「ママはリラックス・子どもは英語で触れ合える時間」と美味しい事づくめでした!

  • セブ島で大流行りのズンバ体験もぜひ!

    楽しいダンスエクササイズとして巷で人気の『ズンバ』。
    そのズンバがセブ島では今とっても熱く、ショッピングモールなどで、無料で参加できるカルチャースクールもいくつもあるようです。
    このズンバ熱は学校まで及び(笑)、放課後に自由に参加できる『ズンバの日』があるほど!学校の先生が前に出て見本を見せてくれるのですが、とっても上手でした!そして、私には難しい……!
    終始笑いが止まらないほど、楽しみながら汗をかいた時間でした。ダンス大好きな娘も参加したのですが、皆が必死に踊る姿に圧倒され、やや立ち尽くしていましたが……(笑)
    それ程までに皆が楽しむ時間とあり、このズンバ体験という共通の話題が友だちの輪を広げてくれる時間にもなっていました。

親子留学にご興味をお持ちの方はこちら

無料カウンセリング受付中