PROLOGUE

大学生になると、留学を経験する同級生がどんどん増えてきませんか?皆さん、すごく成長して帰ってきますよね。
自分も行きたいけどどうやって実行に移していいか分からないし、大金は出せないし、不安も一杯あるし……そう思って踏み切れずにいる方は多いはず。
そんな女子大生を代表して、わたくし吉田ももみ(大学3年生)が、セブ島に留学体験をしてきました。刺激ばかりで本当に楽しかった約1か月間の留学ライフを、伝えさせてください。動画と合わせて見ていただくと、私のハシャギぷりがより伝わるかもしれません!(笑)。

今回大学生留学をされた方はこちら!

吉田ももみ

吉田ももみ

早稲田大学国際教養学部4年生の現役大学生。日本一の新入生を決める『FRESH CAMPUS CONTEST 2014』でファイナリストに選んで頂いてから、様々な活動をさせてもらうようになりました。

将来自分のファッションブランドを立ち上げるのが夢で、今は読者モデルとして雑誌『Ray』でも活動しています。でも実は、私は昔からアクティブだったわけではありません。私を変えたのは、アメリカとブルネイへの留学経験でした。ぜひ多くの方に留学のすばらしさを知ってほしい!の思いの元、頑張って体験してきました。

続きを読む 閉じる

FLOW

DMM留学で行く!「大学生留学 in フィリピンセブ島」の流れ

  • STEP 01カウンセリング&学校選び

    出発前にDMMのカウンセラーさんに伝えた希望は「息抜きもできる学校」。休む暇もなく授業をやる学校よりも、ゆとりのあるカリキュラムを持ち、カフェやレストランなどにも行ける、 “勉強と息抜きのメリハリをつくれる学校” を希望しました。
    もう一つ伝えた希望は、「日本人の少ない学校」。日本人がいた方が安心できるという側面も確かにありますが、日本人が少ない方が思い切って挑戦できるから私は好きです。
    一口に「セブの語学学校」と言っても、その特徴は千差万別だと今回私も初めて知りました。スパルタ教育の学校から自由な校風の学校と様々ありますし、 “リゾート地” で過ごすか “都市” で過ごすかでも生活は大きく変わってきます。ぜひみなさんもカウンセラーさんに余すところなく相談し、ピッタリな学校を見つけてくださいね!

  • STEP 02留学準備&出発!

    「いったい何を準備したらいいんだろう……」と分からなくなったとき、私は経験者のブログを検索します。そんな情報収集から今回特に持ってきて良かったのは、海外用のドライヤーと室内用サンダル! 日本で使っているドライヤーのほとんどがセブでは使えないので、どうか注意してくださいね。
    そして準備期間中に特に気を付けているのは、 “期待しすぎないこと” 。ネットでセブ島と検索すると、楽園のような景色が次から次へと出てきますよね。でももしかしたらそれって、加工によって実物よりきれいに写っちゃってるかもしれない。実際に見た時に「写真の方がきれいだった……」なんてことで凹みたくありません。だから、インスタで素人さんが撮ったりした現実に近い写真を見て、過小評価をしてから出発するのです(笑)。そうしたら、何もかもが楽しくなる秘訣!

  • STEP 03空港でピックアップ

    セブの空港に関しては一言、絶対に分かるから大丈夫!!
    入り口は一つしかないから間違うことはないので、事前に学校側から聞いていた場所に必ず向かえます。安心してくださいね。
    ちなみにセブの空港ではWi-Fiも繋がります。(機内モードは解除しないようにご注意を! お金がかかってしまいます!)また、到着翌日には両替所に連れて行ってくれる学校も多いため、空港内での換金は当日使いたい分だけでOK。日本の空港での両替はレートが高いので、セブに来てからでも両替は大丈夫ですよ!

  • STEP 04オリエンテーション

    到着した翌日はオリエンテーションでした。買い物をしたり、換金所で両替したりした後、学校生活に関しての説明を受けます。授業のことや生活のこと、留学生活に関わるすべてのことを教えてくれます。もし分からないことがあったらここで質問するのが良いと思います。
    そして何より私が嬉しかったのは、オリエンテーションで仲間ができたこと。同じ日に入学した人たちと一緒に回るので、いつの間にか仲間意識が芽生え、夜ご飯の時にはもう打ち解けてワイワイしていました。

  • STEP 05授業を受ける

    レベル分けのテストのあとには、とうとう授業がスタートします。
    いきなり始まる50分間もの “マンツーマン授業” は衝撃でした。ある程度英語が分かってるつもりだったのに、2人きりでのマシンガントークでは浮かんでこない単語や言えないことが次々に出てくるのです。そしてその度にすぐ目の前の先生が優しく教えてくれる。「これは絶対効果がある」と初日が終わって確信しました。
    朝から晩までの授業は、「ツラかった」というのが本心。でも数日頑張って続けると、いつの間にか勉強することが当たり前になるから不思議です。
    私なりのアドバイスとしては、「授業を少なめに組むこと」。私は詰め込み過ぎて少し疲れてしまい、予習や復習が間に合わなかったので、ぜひカリキュラム作りの参考にしてください。

  • STEP 06学校提携の宿泊先に泊まる

    はじめにお伝えしたいのは、高級リゾートをイメージしないこと!(笑)。
    私は正直、セブ留学のイメージからきらびやかな部屋を想像していました。なので、机とイスとベッドのみの、シンプルな部屋には最初ギョッとしました。当然とっても清潔で使いやすい空間なのですが、でもやはりホテルよりシンプルだったのです。でも生活する上で慣れてくるし、何よりも「勉強に適した場所だ」と痛感しました。第一、一日中学校に居るし週末は遊びに行くから、部屋にこもってる時間はほとんどありません。
    物足りないどころか帰る頃には、「物に溢れた日本の生活を見直したい」なんて気にさえなっていました。

  • STEP 07週末はセブ島を満喫する

    本当に帰りたくない!と帰国直前はそればかり言っていました。だってセブ島の魅力はもうなんといっても海と島!
    市内からもタクシーで約400円も走ればもう海だし、近くの島へも船で気軽に行くことができます。写真でしか見たことないような砂浜と豊かな自然に、心を奪われてしまいました。
    そして、実は遠出しないでただ生活しているだけでも楽しいのがセブ島です。学校の周りを歩いているだけでも日本と違う衝撃があって、まったく飽きません。小さなことにも興味を持って生活していれば、ステキな出会いに恵まれると思います。

  • STEP 08卒業式

    金曜日の夕方、卒業式が開催されます。卒業証書が1人ずつ渡され、1人一言ずつスピーチをします。私は滞在期間が短かったこともあって一言挨拶だけだったのですが、長く居た生徒はわざわざ小道具も用意してパフォーマンスをしたり。それぞれがそれぞれの形で、思いや感謝を口にしていく様子に、私もなんだか感動してしまいました。
    先生と有志生徒によるダンスパフォーマンスもあったりと、出発する方も送り出す方も思いのこもった暖かい空間です。「ああ、終わったんだなあ」と、しみじみジーンと来ていました。

大学生留学にご興味をお持ちの方はこちら

無料カウンセリング受付中

Q&A

留学Q&A: あなたの不安、解消します!

  • セブ島って安全なの?

    セブ島に留学すると決まって一番不安だったのは、正直安全かどうかのことでした。フィリピンは治安が悪い、と耳にしたこともあったので不安だったし両親も心配していました。でも来てみたら、思ってたよりずっと安全で本当に驚いたんです! 全然女性一人で歩けるし、夜も同級生たちと街に飲みに行ったりしました。
    それでも例えば、「一人で夜歩かない」とか「大金を持ち歩かない」とか基本的なことは必ず気をつけないといけません。そういう注意も、オリエンテーションの時にしてもらえると思います。また、流しのタクシーだと高いお金を言われてしまうこともあるので、『Uber』というアプリを使っての個人タクシーがオススメです。
    つくづく本当に、思っていたほど治安の悪さを感じることもなく、悪そうな人もそんなにいなかったです。これは一番のビックリでした。

  • フィリピン人に英語を習って大丈夫?

    フィリピンの方が英語を喋るイメージがあまりなかったので、発音や文法とか大丈夫なのかなって不安もありましたが、来てみて見事に解消されました。もちろん先生によって個人差はあるものの、ちゃんと教育を受けたきれいなアメリカ英語を話す先生が多いです。小さい頃から英語に親しんでいるセブの人々は、英語を教えるのがとっても上手な人たちばかりでした。

  • インターネット環境はどうなの?

    地味に気になってたのが、ネット事情!やっぱりSNSだってやりたいし、日本にネット電話もかけたい。実際来てみて思ったのは、“不便な部分もあるけど大丈夫” でした。例えば学校の中など多くの人が接続している場所では通信速度が遅かったりします。でも、Wi-FIのあるカフェがたくさんありますし、学校内で利用者が少ない時間帯にやるも良し。ほんの少しだけ工夫をすれば、問題はありませんでした。

大学生留学 in セブ島!
吉田ももみさんの体験記

1か月間の留学生活を終えて思うのは、「英語を話すことに対する自信がついた」ということです。毎日マンツーマン授業で話し続けた経験は、大きな大きな自信です。自分自身でも成長を感じる瞬間がたくさんありました。

英語を話せるって、本当にステキなことだなあと今思います。喋れなかった人と喋れるし、どこへ行くにも怖くなくなる。何より、堂々と生きられるようになり人と違うことをすることが恥ずかしくなくなりました。ただ英語を勉強しに来たはずなのに、なんだか人間的にも大きく変われた気がしています。

「どうしてセブ島なの?」とよく聞かれます。セブ島留学のメリットはたくさんあって、例えば安いこと、英語が上手な先生がたくさんいること、そして、みんなが英語ネイティブではないことではないかなと思っています。

先生も街の人たちも、ネイティブスピーカーではないので(先生たちはもうほぼネイティブだけど)、間違いを恐れず堂々と話すことができました。勇気をもって話してみることほど、上達することはありません。

そして最後に、留学するまで気づかなかった語学留学の魅力があります。それは、「いろんな人に出会える」ということです。学校には、様々な年齢の方、色んな思いを持って留学をしている方がたくさんいます。日本の大学とは全く違います。私もある38歳の日本人の方と仲良くなり、たくさんの話を伺い、すごくすごく考えさせられました。こんな出会いは、日本の大学ではありません。
英語の上達はもちろん、必死に勉強することを通して、たくさんの出会いと刺激に満ちた場所がセブ留学だと思います。

EXPERIENCE

吉田ももみさんの、
セブ島のオススメ体験

  • フィリピン人と交流を!

    セブに来たからには、地元の人とぜひ交流を深めてほしいです! 私はそれで、毎日が何倍も楽しくなりました。学校の先生とは恋バナや夢まで語る仲になり、常連になったカフェの店員さんには顔も覚えてもらって行くたびに言葉を交わしていました。タクシーの運転手さんも、色んな前職を持っている方も多くて新鮮な出会いでいっぱい。
    セブの人は、全員と言っていいくらい英語を喋れますし、なによりとってもフレンドリーです。出来るだけ現地の人と話すこと、少しでも挑戦してもらえたら嬉しいです。

  • 海から爆走車まで!ボホール体験

    とにかく簡単に島に行けるのが、セブの大きな魅力! 特に観光地として有名なボホール島は、なにもかもが揃っていてオススメです。きれいな自然と砂浜はもちろん、チョコレートヒルズと呼ばれる場所は今まで見たこともない景色が見れて(言葉じゃ表せられない!)、なんと世界一小さい猿・ターシャを間近で見れる施設も。
    そして何より私が気に入ったのは、バギーでの爆走(笑)! まさか自然の中を自分の運転で走り回れるとは思いませんでした! 友だちと行ってワイワイと一日中満喫できちゃいます!

  • 子供のころからの夢が叶う、マーメイド体験

    アリエルのような人魚姫に憧れたことありませんか? 私はあります。そんな願いを叶えてくれる体験があるなんてセブに来るまで知らなかった! 全女子にオススメしたい体験です。
    プールサイドでマーメイドの恰好をして撮ってもらう写真は、びっくりするくらいの可愛さ! 日本の友だちに見せたら、全員が「やりたーい!」と言ってくれました。日本にいたらちょっと恥ずかしいこんな体験も、勇気をもって体験できるのが留学の素晴らしさですよね。

  • ジンベエザメと泳ぐオススメツアー!

    セブでしか出来ないことって本当にたくさんあって。そのうちの一つがジンベエザメと泳ぐということなんじゃないかなと思います。世界でも珍しい野生のジンベエザメと泳げる場所は、セブ島にあります。想像の何倍もの近くでジンベエザメを見て、しかも一緒に泳ぐこともできました!
    せっかくジンベエザメが居るエリアまで行ったらぜひ、カワサン滝にも足を伸ばしてください。とってもきれいで、とても感動的な場所でしたよ!

  • ビルの谷間で絶叫体験!

    もしかしたら好き嫌いが大きく分かれるかもしれませんが……私がとってもオススメしたいのが、Crown Regency Hotel & Towersの絶叫体験!! ビルとビルの間を滑降するアトラクションやビルの屋上の縁を歩くアトラクションなど、冷や汗もののオモシロ体験が集まっています。しかもそのホテルがあるのは、セブシティの真ん中! 人や車が行き来するその真上の空で、絶叫体験してみませんか。私、これのためにまたセブに行きたいです(笑)。

  • マッサージは極上の気分転換!

    実は毎日のように行っていたマッサージ。授業と授業の合間に行ったりもしていました。400円もあれば60分のマッサージを受けられてしまうのが、本当にありがたい。勉強に疲れたときなど、短期間でリラックスをし気持ちを切り替えるには最高です。タイマッサージやオイルマッサージ、足つぼなど様々な種類のマッサージが受けられますよ!

大学生留学にご興味をお持ちの方はこちら

無料カウンセリング受付中

取材協力いただいた学校はこちら