PROLOGUE

大学の仲良しグループで、夏休みや春休みなどの長期休暇をどう過ごすか計画を立てるのって、とっても楽しいですよね!普通に海外旅行もいいんですが、就活とかいろいろ考えると、時間のある大学生のうちに語学留学にも行ってみたい……。でも仲良しメンバーで旅行もしたいし……!
それであれば、みんなで一緒に留学に行くというのはいかがでしょう?フィリピン・セブ島であれば、リゾート気分を楽しみながら、平日はみっちり語学学校で授業を受けられるので、長期休暇の思い出づくりにもピッタリ!今回は「グループ留学」の流れや気になるアレコレについてご紹介いたします!

今回グループ留学を体験したメンバーはこちら!

DMM留学アンバサダー

真白しおり/MAHO/親盛えみり/寺西麻帆

今回グループ留学を体験してもらったのは、DMM留学アンバサダーオーディションで選ばれた、グランプリの真白しおりさん、準グランプリの親盛えみりさん、そして特別賞で選ばれたMAHOさん、寺西麻帆さんの4名。

全員はじめてのセブ島留学に不安を抱きつつも、陽気なフィリピン人の暖かさやリゾート地ならではのアクティビティを体験し、満足いく留学経験になった様子。

続きを読む 閉じる

今回グループ留学をアテンドした方はこちら!

DMM留学アンバサダー

アテンド:吉田ももみ

前回、大学生留学を経験した吉田ももみさんもアテンドとして

参加してもらい、楽しいグループ留学となりました!

続きを読む 閉じる

FLOW

DMM留学で行く!「グループ留学 in フィリピンセブ島」の流れ

  • STEP 01カウンセリング&学校選び

    グループ留学といえど、遊びだけではありません。やはり真剣に英語を学びたい!という気持ちを叶えるべく、2人1組となって別々の学校を選ぶことに。初回のカウンセリングでは、真白さん&えみりさんペアは「多国籍の留学生と交流ができて、ビーチが近い学校」を、MAHOさん&寺西さんペアは「ある程度の自由度があって、ショッピングエリアに近い学校」という希望を伝え、最適な学校を教えてもらいました。
    他にも「ドライヤーはどうすればいい?」「宿泊先のアメニティは?」など、初めてのセブ島での生活に対しての不安をすべてカウンセラーに相談。みなさんも、気になることはカウンセリング時にすべてぶつけて、安心して留学に旅立ってください!

  • STEP 02留学準備&出発!

    平日は学校で授業中心の生活、週末はみんなでセブ島を満喫しよう!ということで、「水着の色はかぶらないようにしよう!」「英語、勉強してる?」などと、持ち物から英語の予習までLINEグループでの相談トークに盛り上がりました。アレもコレも日本から持っていこうとすると荷物になりますし、ドライヤーなどは電圧の違いで使えなかったりもするため、事前にカウンセラーの方に最低限日本から持っていくべきもの、現地で買うべきものを聞いておくのがベスト。ちなみに学校の多くはWi-Fi環境が整っていますが、生徒数が多かったりするとインターネット速度が遅くなったりすることもあるため、レンタルのポケットWi-Fiを持っていきました。ポケットWi-FiがあればいつでもSNSの更新ができるので、地味に大切なポイントかも!

  • STEP 03空港でピックアップ

    成田空港から約5時間、セブ島へ到着!空港へ着いて……「どうすればいいんだっけ?」と思われるかもしれませんが、ご安心を。空港では語学学校の担当者がお迎えにきてくれます。セブ島の空港は出口が1つしかないので、迷わずに担当者と出会うことができました。万が一のことがあっても、空港ではWi-Fiに接続できますので、心配無用。
    なお空港に両替所がありますが、到着翌日には学校担当者が空港よりもレートが安い市内の両替所に案内してくれますので、水やちょっとしたものを買う分に必要な金額だけ両替しておけばOKです!

  • STEP 04オリエンテーション

    学校到着の翌日、担当者よりオリエンテーションを受けます。両替所へ案内してもらったり、学校内を案内いただき、これから始まる留学生活に関しての説明を受けました。学校それぞれに門限や食事の提供時間、また英語だけしか話してはいけないEOP(English only policy)などといったルールがあり、厳しい学校ではペナルティ制度があったりするため、真剣に話を聞くと同時に、「いよいよ留学生活が始まるのだな」という実感がいっきに湧いてくる瞬間でした。また大抵の学校は生徒の受け入れが同一日のため、新入生仲間でさっそく仲良しに!ドキドキとワクワクが入り混じった留学生活のスタートです。

  • STEP 05授業を受ける

    そして、いよいよ授業開始!欧米などの語学学校はグループレッスンが中心ですが、フィリピンの語学学校はマンツーマンレッスンがメイン!そのため、先生と1対1での授業はとっても贅沢な機会でありながらも、日本で英語を使わない生活をしていただけに、頭がフル回転!1レッスン終わるたびにドッと疲れがでてきます。
    だけども、それは普段使ってない英語脳を使っている証拠。「あれ、これなんて言うんだっけ?」というシチュエーションばかりでしたが、わからないことがあれば先生が丁寧に説明してくれるので、確実に基礎的な英語力はアップすること間違いなし。気づけば先生とも仲良くなって、もっと話したい!という気持ちが芽生えてきますよ。一言アドバイスをするのであれば、「朝から晩までのレッスンは相当体力が必要なので覚悟するべき!」ということですね(笑)。

  • STEP 06学校提携の宿泊先に泊まる

    セブ島の学校のほとんどは、学校の敷地内に寮があるタイプ、もしくは学校近くのホテルに滞在するタイプです。「リゾート地だから、宿泊先も期待しちゃう!」という気持ちもわからなくはないですが、そこは海外。
    日本とまったく同じ住環境とはいきません。シャワーや冷暖房、トイレなどに最初は不便さを感じることもあるかもしれませんが、慣れない衣食住は海外生活そのもの。いま自分は日本にいないんだ!という自覚が芽生え、英語の勉強にも身が入った気がしました。そして学校によっては敷地内にプールがあったりジムがあったりするので、リフレッシュできる環境が整っているのは最高です!

  • STEP 07セブ島を満喫する

    1週間、朝から晩までみっちり英語の勉強……正直疲れます(めちゃくちゃ勉強になったんですけどね!)。そこで待ちに待った週末は、一緒にセブ島へ来ているみんなと合流し、セブ島ならではのアクティビティを満喫しましょう!セブ島といえば、やっぱりリゾート!白い砂浜、透き通る青い海と、思わず写真を撮りたくなっちゃうスポットがたくさん!後ほどご紹介するマーメイド体験や、ジンベイザメとのスイミング体験など、とっても思い出に残るアクティビティを満喫してきました!ちなみにセブ島での移動は基本タクシーなので、さっそく覚えた英語を使ってドライバーと交流したりと、英語力もちょっとは伸びたかな?と嬉しくなっちゃいますね。

  • STEP 08卒業式

    いよいよ学校最終日。卒業式が行われて、卒業証書をいただきました。仲良くなった先生へ折り紙をプレゼントしたら、先生からもお手紙をもらえて……感動。同じ日に入学したバッチメイト(同期生)とも「これからも連絡取り続けようね!」とお別れの挨拶を交わし、本当に留学生活が終わるんだなと実感しました。
    今回のグループ留学は大学の夏休みを利用した1ヶ月の留学でしたが、振り返ればあっという間の1ヶ月。留学前に感じた不安も、いま思えばまったく気にせず、充実した留学経験になりました!

グループ留学にご興味をお持ちの方はこちら

無料カウンセリング受付中

Q&A

グループ留学 in セブ島! あなたの不安、解消します!

  • フィリピン英語は気にならない?

    結論から言うと、英語初心者はむしろフィリピン留学がオススメだと実感しました。なぜなら、フィリピン人たちも英語を勉強してきたバックグラウンドがあるため、教えることが非常に上手だから。非ネイティブがつまづくポイントをしっかり押さえ、丁寧に説明してくれるのはとてもありがたかったです。
    さらにマンツーマンレッスンがメインなので、アウトプットする機会を非常に多く取れます。むしろ、自分が何か話さないと50分のレッスン何も会話がなくなってしまうので、発音を気にする前に、とにかく自分の言いたいことをどう英語で言うのか、という基礎英語力を身につけるのに最適な環境だと思いました!

  • 学校や宿泊先のまわりは安全?

    フィリピン・セブ島と聞いて、やはり多くの方が不安に思うのは「治安」についてだと思います。もちろん日本のように、夜道を一人で歩くことはオススメしません。ここは海外なんだ、という意識を持つことはとても重要です。しかし、海外生活における基本的なことを意識していれば、想像されるほどの治安の悪さではないことに逆に驚かれるかもしれません。
    まず、セブ島の学校やホテルにはガードマンがいるため、関係者以外は入れない環境になっています。さらにガードマンに伝えればタクシーを呼んでくれるので、どこかに出かけたいと思ったら、学校周辺を出歩くことなく、タクシー移動も可能です。行き先をうまく伝えられるか不安だなと思ったら、タクシー配車アプリ『Uber』を使うと、事前にアプリで行き先を設定できるので、とても便利でしたし、安心して移動することができましたよ!

  • インターネット環境は大丈夫?SNSはサクサク見れる?

    YouTubeなどで動画を見ようと思うと、場所によってはなかなかサクサク……とはいかないかもしれません。しかしTwitterやFacebookなど動画以外のコンテンツであれば、ほとんど問題なく楽しめました!今回のグループ留学ではみんなでセルフィーしたり、お互いの写真を撮りあったりして、逐一SNSにアップしていましたが、ポケットWi-Fiがあったのでどこでもインターネットを使えたのはよかったです。
    ただ日本と違って、ほとんどのカフェやレストランにはWi-Fi環境があります!「Wi-Fiのパスワードを教えて」と聞けばパスワードを教えてくれるので、なんだかんだでインターネットには不自由しませんでした。SIMフリー携帯を持っていれば、現地で短期滞在用のSIMカードを買うのもオススメです!

グループ留学 in
セブ島!体験記

大学生の夏休みや春休みって長いですよね。貴重な学生時代の長期休暇だからこそ、有意義に過ごしたいもの。もしも友だちと「海外旅行」を考えているなら、ぜひ「グループ留学」も選択肢の1つとしてオススメですよ!

今回、私たちはフィリピン・セブ島へ1ヶ月の語学留学を体験してきました。まずセブ島について驚いたのは、空港から学校まで移動する道中の景色、現地の人々の笑顔など、目に入るものすべて日本と全然違うということ。

とにかく、みんな明るい(笑)!日本にいたら「もうすぐ就活だ〜」「満員電車イヤだ〜」なんて思っていたと思うんですが、セブ島に来てフィリピンの方々の笑顔を見ていると、なんだか今までの自分の悩みがどうでも良いことのように思えてきました。

そして学校生活は一生思い出に残るような、とても充実した毎日でした。今回はタイミング良く、私たちが通っている語学学校のGeniusで「Japanese Event」が開催されていて(Genius学生限定イベント)。私たちはお寿司やうどんなど日本食を提供させていただきました。

「Japanese Event」では真白しおりちゃん、親盛えみりちゃんは綺麗な歌声も披露!言葉はわからないかもしれないけど、音楽を通じて世界から集まっている留学生たち、そして学校の先生たちと交流できた経験は、本当に何ものにも代えがたい経験です。

日本にいたら、絶対にここまで海外の人と仲良くなれる機会はありません。こういった他国の留学生との出会いも、旅行ではなく、留学ならではの出会い。同じ英語を学びに来ている同士だからこそ、とても仲良くなれるのだと感じました。

もちろんグループ留学なので、お友だちと楽しく週末を過ごしたのも、学生時代の貴重な思い出!ホテルのプライベートビーチでまったりカクテルを楽しんだり、市内にあるショッピングモールでお買い物したりと、遊びだって思う存分楽しみましたよ!

セブ島はリゾート地だけあって、フォトジェニックな写真スポットがたくさん!大学生だし、思う存分遊びたい!だけど英語も勉強したい!そんな遊びも勉強もどちらも叶えられる、欲張りな時間の使い方――それがセブ島留学の醍醐味かもしれません。

いまはLCCで海外旅行も本当に手軽に行けるようになりました。その一方で「英語がもっと話せたら、絶対楽しいのに……!」と思った経験、ありませんか?本当にその通りで、英語が話せたら、海外での思い出が何十倍、何百倍にもなります。せっかくの長期休暇を海外で過ごすなら、英語を学びながら海外を満喫できる、「留学」という選択肢をぜひ選んでみてください!

EXPERIENCE

DMM留学アンバサダーの
セブ島のオススメ体験

  • マーメイド体験で自慢の1枚を!

    大学生留学として吉田ももみさんが体験していた「マーメイド体験」。私たちもマーメイドになってきました!こんな体験はもちろん初めてだから、もうみんなで大はしゃぎ!ホテルのプールを利用して撮影をしてもらったのですが、まわりのプールを利用しているお客さんたちも思わず笑顔で「Cute!」と言ってくれて、恥ずかしいような嬉しいような、とてもテンション上がる体験でした!

  • 触れるくらいの距離でジンベイザメと泳ぐ

    セブの中心地から車で約3時間、オスロブという場所まで足を運べば、なんと!体長10メートル以上はあるであろうジンベイザメと一緒に泳ぐことができます!朝早くに出発したので、寝ぼけ眼で海に到着。船に乗って少しだけ沖合まで行き海へ入ったのですが、もう衝撃的な光景でした。だってジンベイザメが目の前に普通に泳いでいるんですから!日本だったら水族館で見るような魚と一緒に泳げるのは、セブ島ならではのアクティビティです!

  • アイランドホッピング!セブ周辺の島巡り

    ご存知ですか?フィリピンはなんと7,000以上もの島々で形成されている国だということを!セブ島もその1つ。そしてセブ島周辺にもたくさんの島が存在します。そんなセブ島で人気No.1と言っても過言ではないアクティビティが、アイランドホッピング。セブ周辺の島を船で巡るのですが、どこも本当に海が綺麗!「どこからが海?」というくらいの透明度、そして白い砂浜の美しさは息を呑むほど。セブへ訪れる際は、ぜひこのシービューを体感してくださいね。日焼け対策も忘れずに!

グループ留学にご興味をお持ちの方はこちら

無料カウンセリング受付中

取材協力いただいた学校はこちら