イケてるスラングも!「仲間」を意味する英語表現12選

友達

私たちの生活の中でかけがえのない存在である「仲間」

学校の友人、職場の同僚、同じ趣味のグループなど、この「仲間」という言葉には様々なニュアンスや意味が含まれています。

英語ではそれぞれのニュアンスを的確に表現しようと思えば、一つの表現では物足りなく感じることもあるかもしれません。

今回はスラングも含め、様々な「仲間」を意味する表現をご紹介します!

「仲間」を意味する英語表現

colleague

「同僚」

仕事等の仲間を表現するときによく使われる表現です。

She is highly trusted by her colleagues.
「彼女は同僚にとても信頼されている」

coworker

「同僚」「協力者」

こちらも同じく仕事等の同僚を意味する表現。 "co" は「共に」、 "work" は「働く」ですね。

I'm planning to get lunch with one of my coworkers today.
「今日は同僚の一人と一緒にランチに行く予定なんだ」

ally

「味方」「同盟者」

何かの戦いや争いの中での「味方」。「同盟国」や「同盟を結ぶ(動詞)」の意味も持ちます。

They were betrayed by an ally.
「彼らは味方に裏切られた」

fellow

「仲間」「同士」

名詞として「仲間」や「同士」以外に、形容詞として「仲間の」や「同僚の」といった使い方もできます。

She is a fellow group member.
「彼女は同じグループの仲間」

friend

「友人」「友達」

友達同士での「仲間」を表すのにはやはり "friend" がシンプルかつ適切。

They're best friends.
「彼らは親友だ」

buddy

「兄弟」「相棒」

カジュアルな言い方で「仲間」や「同士」を指します。

We're tennis buddies.
「僕らはテニス仲間なんだ」

comrade

「僚友」「仲間」

苦労を共にするような仲、というニュアンスがあります。

He's one of my comrades from college.
「彼は大学時代の仲間なんだ」

group

「集団」「グループ」

日本語でも「グループ」と言うように、英語でも仲間のグループをこの単語で表現できます。

I love my group of friends.
「私の友達(仲間)は最高」

もっと知りたい方はこちら:
仲間私たちの仲間同じ釜の飯を食った仲間同僚あなたの味方って英語でなんて言うの?
 

「仲間」を意味するスラング

crew

「仲間」「いつメン」

口語で「仲間」で、いつも一緒にいるメンバーを表します。日本語での「いつメン」に近い。

「乗組員」の意味があり、飛行機の「クルー」などに使います。

I went to a rad party with the crew!
「いつメンで最高のパーティーに行ってきた!」

squad

「いつメン」

こちらも「いつメン」を意味するスラング。もともとは軍隊の「分隊」という意味から来ています。

I'm getting some midnight snacks with the squad.
「いつメンと夜食」

homies

「仲間」

こちらもスラングの表現で「仲間」の意味。単数形は "homie" です。

Hey homie what's up!
「やあ俺の仲間、最近どうよ!」
These are my homies.
「彼ら・彼女たちは私の仲間」

peeps

「仲間」「人々」

"people" を省略したもの。友人や仲間を呼ぶときに使われる表現です。

Hey peeps, how's everything going?
「やあみんな、調子はどうだい?」

もっと知りたい方はこちら:
いつメンって英語でなんて言うの?
 

まとめ

いかがでしたか?

「仲間」を意味する様々な英語表現をご紹介しました。ぜひ使い分けてみてください!

今回ご紹介した以外にも、特定の場面でみなさんが伝えたい「仲間」があるかもしれません。

そんなときはぜひ「DMM英会話なんてuKnow?」で質問してみてください!

※「DMM英会話なんてuKnow?」は「これって英語でなんて言うの?」に特化した質問に、バイリンガル翻訳家、英会話講師など100名を超える英語のプロフェッショナルが回答する無料Q&Aサイト。