世界とつながるオンライン英会話 DMM英会話

そこに(荷物を沢山抱えて)来る外国人の大半は、台湾人ですって英語でなんて言うの?

 自分が住んでいる、シェアハウスの説明をしていて「そこのシェアハウスに(荷物を沢山抱えて)来る外国人の大半は、台湾人です。」=The people coming from foreign country carrying a lot of baggages are usually Taiwanese.で可?(荷物を沢山抱えて)は分詞構文で、後から付け足す感じで良いと思いますが・・・。
male user icon
Ootchanさん
2019/06/23 22:31
date icon
good icon

6

pv icon

3029

回答
  • The people who come from foreign countries with lots of luggage are usually Taiwanese.

  • People who visit from abroad with so many bags and suitcases are usually from Taiwan.

Ootchanさんの文を直させてもらうと下のようになります。 The people who come from foreign countries with lots of luggage are usually Taiwanese. *関係代名詞(主格)と 「〜を持って」という意味の with を使って言うと良いでしょう。 *外国人は台湾人だけではないと思うので、foreign countries と複数にしてあげます。 *luggage は「旅行カバンや旅行の時の手荷物」baggage は「旅行の手荷物」  国によって異なるのかもしれませんが、私なら luggage と言います。 または2のようにも言えます。 2) People who visit from abroad with so many bags and suitcases are usually from Taiwan. 「海外からたくさんのカバンやスーツケースを持って訪れる人たちは、大抵台湾からです。」 *foreign countries の代わりに abroad を使っても言えます。 *luggage の代わりに bags and suitcases とも言えます。 *They are usually Taiwanese と言う代わりに they are usually form Taiwan とも言えます。 ご参考になれば幸いです!
回答
  • Most of the foreigners who go to that share house carrying a lot of baggage are Taiwanese.

名詞句を作るのは大変ですね。 ルールは、文章がある名詞を修飾しているなら、英語にすると関係代名詞を使わなければならないことです。 名詞句の後ろから順に訳していくから。。 「そこのシェアハウスに(荷物を沢山抱えて)来る外国人の大半」 〇〇の大半 = most of 〇〇 外国人= the foreigners 「来る」という動詞が次なので関係代名詞をつけます。人のことなので who になります。 who 「来る」= go 「そこに来る」は英語の感覚では「そこにいく」 「そこのシェアハウスに」= to that share house もう一つの文章(荷物をたくさん抱えて)は実は副詞です。「〜を抱えて(そのシェアハウスに)いく」なので 「抱えて」が carrying 〇〇という形容詞の筋になります。 「荷物をたくさん抱えて」= carrying lot of baggage 名詞句が完了です。そこのシェアハウスに(荷物を沢山抱えて)来る外国人の大半 = Most of the foreigners who go to that share house carrying a lot of baggage という文章の主語になります。 述語はただ「台湾人です」なので are Taiwanese と言います。 文章にまとめると、 Most of the foreigners who go to that share house carrying a lot of baggage are Taiwanese. です。
good icon

6

pv icon

3029

 
回答済み(2件)
  • good icon

    役に立った:6

  • pv icon

    PV:3029

anchor ranking icon
アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
menu icon
メニュー
無料会員登録はこちら